会計大学院では 会計大学院とは でも触れたように卒業すると公認会計士試験の一部科目の免除を受けられます。

そのせいもあってか授業の難易度は簡単とは 言えません。

入学案内のパンフレットやホームページなどには

初学者の方でも基礎からやるので…

それぞれのレベルに合わせた… 

などと書かれてることが多いですが本当の初学者にはかなり厳しいでしょう。

入学試験自体はどこの会計大学院もなかなか人が集まらない状況であり、簿記2級レベル(それ以下でも)で入学できるところがほとんどですが、

簿記2級レベルのままで入学すると最初は聞いたことも無いようなことを当然のように言う教授、それに応えられる同級生にびっくりしてしまいます。

入学して最初に多くの人が取るような授業は、公認会計士試験受験者を前提としているのでそれなりの内容になります。(簿記、監査など)

一方で、人数の少ない授業で誰も資格を目指している学生がいない場合や

資格には関係のない科目の授業の場合にはやさしめの内容とする教授もいます。

会計士試験の為にも難しい科目を取る方、

試験勉強は専門学校の方に任せて大学院の授業はできるだけ楽に取ろうとされる方、

資格試験は受けない方でも将来役立ちそうな内容を取る方、

就活に専念できるようできるだけ楽に取る方など色々います。

入学したらすぐに履修登録を行う前に授業について先輩に聞いてみるといいでしょう。

こちらもどうぞ→他の大学院と会計大学院の違い会計大学院にはどんな人が来ているのか