大学在学中に就職先が決まらずに卒業してから就職活動をしたり、新卒採用に応募するためにわざと留年される方がいますが、そういう方にオススメなのが会計大学院です。


留年もせずに大学を卒業してから就活をしようとしている方

卒業してから就職活動をするのはなかなかリスクが大きいです。

すぐに採用されればいいのですが、卒業から時間が経てば経つほど厳しい状態になっていきます。

私の大学時代の先輩(2011年卒)も未だに就職(したいけど)できていない先輩が何人もいます。

彼らは今もアルバイトや期限付きの契約社員のままです。(脅かしてすみませんもちろん上手くいってる方もいます)

新卒としての募集でない場合、経歴が何もないままで経歴のある人と比べられる中で採用されなければなりません。

また、卒業後〇年間は新卒として扱うこととしている採用枠に応募するにしても突出した魅力を持っていないと同じ手程度の魅力であれば若い方に負けてしまいます。

お金がどうしてもない場合以外はわざと留年するか会計大学院に行くことお勧めします。

そして、留年するのであれば会計大学院をお勧めします。

留年して社会に出るのが遅れるのと大学院に行って社会に出るのが遅れるのであれば、後者の方が普通印象がよいでしょうし、同じ時間を過ごすにしても身に着くものが多いでしょう。

そして、他の大学院(文系)の場合、就職活動では年をとっている分不利な場合があると言われていますが、会計大学院ではそのようなことはありません。

また、卒論も書かなくていいので、他の大学院に比べると授業は多いですが、卒業は楽な方だと思います。(他の大学院と会計大学院の違い)

そして、学ぶ内容としても会計というどこの会社、団体にとっても役に 経つ知識です。


就職浪人される方には会計大学院はオススメです。

こちらも参考に→会計大学院と就職活動