特に資格を目指すというわけではないのであれば大丈夫なのですが、


入ってから勉強しながら会計士か税理士をとろうと思っている方は注意してください!


会計大学院に入るとすぐに税理士の論文を書くかどうかを決めなければなりません。


なので入ってから考えよう!…ではなく、資格を目指すのであれば、

入学前からどちらを目指すのか考えておいた方が良いでしょう。
(論文を書くと税理士試験科目免除があります→会計大学院とは)


とりあえず書いておいて気分が変わったら会計士に…なんて簡単に決めないでください。


論文は一度書くと決めてしまうと 、書くことが卒業の要件となり、書かないと卒業できません。


元々書かない人と同じ単位数を取ったとしても卒業できません。


実際にそれが理由で退学してしまった方もいます。


また、論文を書きながら会計士の試験を目指すのはただでさえ難しいのに余計な時間をかけることになってしまいます。

とりあえず会計大学院に…と思っている方でも資格を目指すのであれば注意しましょう。

こちらもどうぞ→公認会計士を目指す人にとっての会計大学院税理士志望にとっての会計大学院