2009年02月17日

会計はなぜ分かりにくいのか?

今日は、会計についてちょっと書いてみます

「会計」って聞くと堅い、地味、面白くない、冷たい...とどちらかというとマイナスのイメージを持っている方多いんじゃないかなぁ〜と思います。(僕も会計を始めるまではマイナスばかりのイメージでしたから^^;)

まず、会計を面白いと思えるようになるためには最低限のルールを理解し覚える必要があります!ここを乗り切れると面白いと思えるようになります

私は、何を覚えて何を理解するのかさえ分からずに1年近く簿記の3級に悪戦苦闘していたのでその時は全然好きになれませんでしたまさに「何をやっているのか分からない」って感じでした...。

センスのある方なら独学で1週間頑張れば簿記の3級通る方もいるようです!私は、専門学校に通って1年間かかりましたが...一般的な方なら3か月間きっちり勉強すれば合格できるはずです...保証はできませんが

会計を知ることで会社の経理の仕組みが分かったり財務諸表が読めるようになったりします。財務諸表が読めるようになると会社の特徴や業績などが一目で理解できるようになり、ビジネスにも活用できます!株式投資にも使えます!

もし、社会に会計がなかったらどうなるでしょう...?

おそらく、経済が成り立たなくなります!たとえば、会社の規模一つ図るにしても売上高の大きさや、成長率が大きいなど...これらは全て会計の数値をもとにしているものですから。

会計は分かれば勉強するのが本当に楽しいです☆それは、私が経験したので間違いありません

会計の知識を身につけると、経済の景色が変わるかも...

kaikeishi123 at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 
会計のお話... 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
最新コメント
livedoor 天気
記事検索