2005年08月25日

もう一度『ノロイ』を見てきました。

やはり小林さんは、真実を追い求めることの深みにはまってしまったのではないかと考えています。
2002年6月9日の日記に小林さんは

    常に「詩人の魂と科学者の目」を持って、
    ロマンに溺れることなく、常識にとらわれることなく、
    事実を積み重ねていくことで、真実を見つけ出したいと思っている。

と、書いていますが、最終的には「科学者のロマン」みたいなものに突き動かされてしまったのではないでしょうか。
冷静で客観的な取材を続けてきた小林さんのことですから、今回の取材の過程でも、どこかで「これ以上奥に踏み入るのはまずい」とは思っていたはずです。しかし、それでも先に進んでしまったのは、「真実を知りたい。たとえそれがおぞましいことであっても」という、根源にある欲求、衝動の強さゆえにほかなりません。

その結果、奥さんは亡くなり、小林さん本人も失踪せざるを得ないという状況になってしまいました(正直、小林さんの安否については、映画『ノロイ』を見るかぎり楽観的なことはいえません)が、でも、その小林さんの行動は無駄ではなかったはずです。こうして、今まで闇の中に潜んでいた「かぐたば」の存在を世間に投げかけることができたのですから。

それに比べてぼくは何をしているのでしょう。安全な場所から、簡単に手に入る情報をつまみ食いして、浅はかな考えを書き散らしている。そのくせ、いっぱしに小林さんの安否を心配したりして……。
前回の日記に書いた「いてもたってもいられないという焦り」には、そういう自分に対するもどかしさも含まれていたのかもしれません。

まあ、ぼくなんかにできることは限られていますが、映画『ノロイ』の中では説明しきれていなかった謎について少し調べてみようと思っています。解明のカギは、ダムがある山の中に隠れていると睨んでいるのですが、どうでしょうかね?
調べた結果については近日中にここで発表したいと思っていますので、しばらくお待ちください。内容的に映画『ノロイ』のネタバレを含むことにもなるかと思います。
  
Posted by kaikifan at 23:55映画『ノロイ』情報

2005年08月20日

混乱しています。

映画『ノロイ』を見てきました。いろいろ考えながらつとめて冷静に見ていたつもりだったのですが、最後の映像には打ちのめされました。見終わったあとは宙に放り投げられたような気分で、近くのマックに入ってもしばらく呆然としていました。頑張って考えようとするのですが、全然考えがまとまらないのです。

そのあと、冷静に考えようと思ってもう一度見たのですが、いまだに冷静になることができずにいます。考えれば考えるほど、忌まわしい光景が浮かび上がってきてしまい、考えつづけるのが怖くなってしまうのです。

とにかく、いてもたってもいられないという感じで、なんとかしなきゃという焦りばかりが募るのですが、でもいったい何をすればいいのかが、ぼくにはまったく分からないのです。
  
Posted by kaikifan at 23:59

2005年08月19日

ついに明日となりました。

とうとう映画『ノロイ』公開の前日となりました。いろいろな思いが頭を駆け巡り、少し興奮気味ですが、朝早く家を出ないと間に合わないので、今日はとっとと寝ます。
もう今さらいろいろ考えてもしょうがないですしね。考えるのは映画を見終わったあとにとっておきたいと思います。
  
Posted by kaikifan at 21:24映画『ノロイ』情報

2005年08月18日

映画『ノロイ』の最新情報を入手しました。

スターウォーズを見に行った友達から、劇場に置いてあった映画『ノロイ』の最新チラシ(というかスポーツ新聞の号外みたいなもの)をもらいました。そこに書かれている情報によると、TOKYO FMの番組でオンエアされないまま封印された幻のテープがあるそうです。そのテープには不気味な人の声が記録されていて、どうやらそれが『ノロイ』と同じように、「かぐたば」と言っているように聞こえるらしいのです。TOKYO FMでは、21日(日曜日)の深夜に、そのテープを検証する緊急番組を放送するそうですが、岡山でも聴けるようなら、是非チェックしたいと思います。

もしかしたら小林さんが追っていた「かぐたば」の呪いは、いろいろなところで災いを巻き起こしているのかもしれません。そして、それは我々が気づいていないだけで今も続いているのかも……。そういえばビデオ版『ノロイ』編集中の小林さんの日記にはこんなことが書かれていました。

=======================================
(2004年3月14日付け)
杉書房ビデオ製作部のスタッフに協力してもらって、資料を集めてもらう。「かぐたば」の呪いに関係ありそうな事例が、大量に集まってくる。あまりにも大きくて複雑な話だ。(後略)

(2004年3月26日付け)
関係ありそうな情報が多すぎて、作品の分数が制限時間内に収まりきらない。主要な情報以外は、続編およびこれから執筆する書籍でフォローしたい。
=======================================

ビデオ版『ノロイ』に入りきらなかった大量の情報も気になるところです。
  
Posted by kaikifan at 23:13映画『ノロイ』情報

2005年08月17日

映画『ノロイ』公開まであと3日です。

テレビのCMやネットの情報などで、多くの人が『ノロイ』や小林さんのことを知ったとは思いますが、映画の公開をきっかけに、さらに多くの人に注目してもらえることを期待しています。そうすれば、小林さんの行方や「かぐたば」に関する考察も、より進むでしょうし、たとえば有能な霊能力者が小林さんの捜索に乗り出してくれるというようなことにもなるかもしれないし。

思い出してみれば去年の今ごろは、ビデオ版『ノロイ』の発売予定が延期になっていたし、小林さんの失踪も話題にならないし、小林ファンとしては本当にお先真っ暗な状況でした。それに比べれば、今は小林さんが戻ってくることに対して希望が持てます。

小林さんが自らの言葉で、『ノロイ』について語ってくれる日が来ることを、ぼくは信じています。そのためにも、映画『ノロイ』を、一人でも多くの人に見てもらえることを願っています。
  
Posted by kaikifan at 22:08映画『ノロイ』情報

2005年08月16日

いよいよ今週末に迫ってきました。

あと4日で『ノロイ』を見ることができます。鑑賞に備え、小林さんの公式サイト、映画『ノロイ』の公式サイト、角川ホラー文庫版『ノロイ』などに、改めて目を通しました。

あくまでも個人的なものですが、映画『ノロイ』を見るときには、

1.下鹿毛村が沈んだダムの近くで小林さんはいったい何を見たのか? 
  それは映像に記録されているのか?
2.結局のところ「かぐたば」とは何なのか? その呪いは今も続いているのか?
3.ビデオ版『ノロイ』完成後、小林さんの身に何が起こったのか? 
  小林さんはなぜ失踪してしまって、今どこにいるのか?

の3点を、重要なポイントとしてチェックしたいと思います。
  
Posted by kaikifan at 22:58映画『ノロイ』情報

2005年08月06日

映画『ノロイ』公開まであと2週間となりました。

なんだかちょっとずつ緊張してきました。ぼくが緊張してもしょうがないんですが、小林さんのことを多くの人に知ってもらえる喜びと、小林さんの身に何が起こったのかを目の当たりにすることへの不安も入り混じって、とにかく落ち着かない毎日です。バイトの最中にもつい考え事をしてしまい、ちょくちょく怒られたりしています。公開までには、ここまでのことを自分の頭の中できちんと整理して、万全の状態で作品に接したいと思っています。
  
Posted by kaikifan at 22:55映画『ノロイ』情報

2005年07月28日

映画『ノロイ』公式サイトの劇場情報が更新されていました。

映画『ノロイ』公式サイトの劇場情報が更新されていました。
公式サイトにはこれまで新宿と池袋の劇場しか載ってなくて少し不安だったのですが、一気に全国の映画館が掲載されて安心しました。小林さんに関する作品が全国で上映され、多くの人に見てもらえることを、一ファンとしてうれしく思っています。
個人的には、上映館の中に倉敷のMOVIXが入っていたことを喜んでいます。遠征を覚悟していたので、県内で上映されるのはうれしいかぎりです。なんとしても初日に駆けつけたいと思います。

当初は、公開初日に東京でオフ会を開こうかとも考えていたのですが、とりあえずその件は保留にしたいと思います。まず一人で映画『ノロイ』を見て、その内容をじっくりと吟味したいと思っているのです。
  
Posted by kaikifan at 17:42映画『ノロイ』情報

2005年07月19日

『ノロイ 小林雅文の取材ノート』を読み返しています。

小林さんのビデオ作品『ノロイ』完成後に書かれたらしき部分(最後の4ページ)が非常に気になります。小林さんの失踪直前に何が起こったのかは、取材ノートにも断片的な記述しか残っていないようなのです。映画『ノロイ』を見ると、それが分かるのでしょうか? 今は、それを知りたいような、知るのが怖いような、複雑な気持ちでいます。

取材ノートのはじめのほうには、「真実を知りたい。たとえそれがおぞましいことであっても」という小林さんの言葉が記されています。小林さんらしい言葉だと思います。でも、その一途な思いゆえに、小林さんは、失踪せざるをえないところまで追いつめられてしまったような気がしてならないのです。
  
Posted by kaikifan at 17:23映画『ノロイ』情報

2005年07月12日

『ノロイ 小林雅文の取材ノート』を読んで

小林さんの取材ノートを元に書き起こされた『ノロイ 小林雅文の取材ノート』(林巧・角川ホラー文庫)を読み終えました。
小林さんが何を追っていたのか、そのとき何を考えていたのか、そして小林さんの周りで何が起こっていたのか。小林さんのサイトの日記では間接的にぼかして書かれていたことが、取材ノートには克明かつ具体的に記録されていたようです。知りたくても知ることができなかったことがやっと分かって、モヤモヤした気持ちが解消されたのは確かですが、その一方で、新たなモヤモヤを抱えることになってしまいました。それは、不安と言い換えてもいいかもしれません。小林さんは踏み込んではいけないところに足を踏み入れてしまったのではないだろうかという不安です。こんなことを書いては不謹慎なのかもしれませんが、これが読後の正直な感想です。
  
Posted by kaikifan at 22:22映画『ノロイ』情報