ファミコン最大の問題作 
たけしの挑戦状

この伝説のゲームに携わった関係者の話を紹介(ゲームセンターCXより)
まず意外にもこのソフトの売り上げは80万
ドラクエⅠと同じぐらいの出荷台数で
少なくとも80万人の子供がもがき苦しんだ訳ですねw


<タイトー開発者>
・開発の人間が真面目な人でたけしの言うことを全てメモし、
酒が入った酔っ払った時の発言までメモを書きとめ
それをそのままゲームにしてしまった
d81ccd19.jpg


・開発者は開発より、開発後の電話の応対のほうが苦労した
・このゲームに携わった関係者は疲れ果て、その後全員会社を去った


<公式攻略本 出版社>
・出版直後に「オマエのとこの本を読んでもクリアできない」
と子供から毎日400件以上の苦情電話
8a2a8724.jpg



・あまりの苦情電話の多さに、担当者は死んだ と子供に説明www
fc4c3a2c.jpg


攻略本担当者曰く
「攻略本があっても解けない」そうですw

その後、行き場を無くした子供達は、矛先をたけしやたけし軍団へと向け、
どこで調べたのか軍団の家に泣きながら電話をかけてくる子供が殺到したみたいです。


開発者もが口々に言う、このゲームを一言で見事に表した言葉がある

難解を通り越して理不尽なゲームである

┐(´ー`)┌