マンガにて何気ないシーンながら、たった一言のセリフ
本編以上に人々の記憶に残ってしまう事がある


(例)





上記のものはネット上の有名なものを拾ってきました。
私の思うインパクトのあるセリフをいくつか紹介したいと思います。



<バキ>
 バキと花山の死闘が終わった時に、勇次郎が観戦にやってくる。

勇次郎
  「第1・第4・第5指基節骨及び中節骨並びに末節骨粉砕骨折……
  発音と輪郭から察するに上顎・下顎ともに永久犬歯から第2永久大臼歯まで欠損しているようだな……
  握撃によるヒジ関節周囲の筋肉の破損…
  口腔内に少々の裂傷………
  あとは両者とも打撲傷及び不完全骨折が十数ヶ所ずつってところか………」


  よかったぜ まにあって………


始まったばかりというところらしい


「なにを言ってるッだッッッ」
「死力を尽くしたこの闘いの決着が彼にしてみると
まだ序盤戦だというのかッッ」






<特攻の拓>


事故る奴は・・・ 
ハードラックダンスっちまったんだよ・・・
(不運)           (踊)


原作読んでない方に簡単に説明すると、この人高校生です(笑)
ありえないセリフですが、このマンガを読んでいると全く違和感がないのが不思議です。 
このシーンのパロディを作っているサイトがあって、ちょと笑ってしまいましたので紹介  (特攻のメイ)「トキめかない」様


後、2~3個考えていたのですが、ハードラックとダンス以上なものはなさそうなので、こここで終わりとさせてもらいます(笑)