,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;     長髪はバトルにおいて不利になる・・・
    ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
     `Z;i   〈.,_..,.     ノ;;;;;;>
    ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     そんなふうに考えていた時期が
     ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!      俺にもありました



髪の毛は凶器になりうる!

そう、アレを使えば・・・



3c78e7f6.jpg


ダイエースプレー だ!

正式名称 エレーヌ ヘアスプレー スーパーハード
ダイエーのオリジナルブランド商品で、ダイエー系列(マルエツ、ローソンなど)でしか購入できず、
そこからダイエースプレーと呼ばれている。


尋常ではないセット力を持ち、当時バンドなどで髪を逆立てる人達は皆これを愛用していたという。
XやBUCK-TICKも愛用しており、彼らが雑誌でこのスプレーの事をを口走った事により、
日本中に口コミ経由で伝わっていった。当然口コミとは人から人への伝言ゲームなので、
私の地域には業界関係者が使う業務用のスプレーと伝わり(あながち間違いではないが)、
一本400円前後とお手ごろの値段も手伝って、ダイエーにはにつかないヘビメタ風の若者が何本も買い占めるていた。
私は独特の強烈な刺激臭がどうも合わなくて、微香生の緑缶か、同等の威力があったと思われるケープ スーパーハードへと逃げていました。


パンク・ヴィジュアル系のバンド、もしくはリーゼントを愛するロカビリー達にだけこの缶は使われていた訳ではない。
私の様に音楽もやっていないのに、髪型だけは氷室や布袋になりたいもの。
工藤静香の前髪の様に、ボディコンギャルや水商売のお姉さまと幅広く愛用されていたのです。
200608bucktick2.jpgsizuka_int.jpg



なんとこのダイエースプレーはプラモデルの接着剤としても使えるほどの威力があった様です。
最強伝説再び! 「ダイエースプレー」でプラモ製作(Excite Bit コネタ 様)

よくよく考えると接着剤を霧状にして頭に吹きかけているのと同じ事で、あの頃地肌に噴きかけて何本の毛根を殺していたであろうと考えると、夜も眠れません。



話を最初に戻しますが、
銃砲刀剣類所持等取締法(通称、銃刀法)では人を殺傷する可能性のある物の所持を禁じるというもので、
そこで定められる罰則の対象となる危険物の定義は、以下の様に刑法に定められている。


「銃砲」とは、拳銃、小銃、機関銃、砲、猟銃など

「刀剣類」とは・・

・刃渡り15cm以上の刀
・刃渡り15cm以上の剣
・刃渡り15cm以上のやり
・刃渡り15cm以上のなぎなた
・刃渡り15cm以上の鋭利な髪

0b5d69dc.jpg




結論!

ダイエースプレーは銃刀法違反指定物に認定しても良い!