氣志團 綾小路 翔 X 吉川晃司 対談 (綾小路 翔のオールナイトニッポンより (02.06.28))

このブログにも参考文献として幾度となく取り上げてきた。

広島の暴君こと吉川氏にCOMPLEXに関してメディアで過去一番踏み込んだのが、藤井フミヤ氏で
「布袋はバンドを長続きさせれるタイプじゃないよね」の問いにテレビなのに黙り込むというのが
私の知る限り最も踏み込んだ瞬間でした。

この対談はラジオという事もあり、探り探りではあるが過去誰も立ち入りを許さなかった
危険領域に大きく踏み込んでいる貴重な資料となっています。

今回はこの貴重な文献を後世に残すため、
目ぼしいところを文字起こししてみる事としました。





綾小路「レッドシューズ(当時のミュージシャンが集った伝説のBAR)にはたくさんの伝説がありますものね?」

吉川 「スゴイよね 朝方行くと必ずどっかのミュージシャン同士がケンカしてたもん」

綾小路「吉川さんもやはりケンカされていた・・?」(空気をよみつつジャブをいれる)

吉川 「その話はホント勘弁してくれ・・
    背の高いおっちゃんとバンドしてた時、俺はヤツに一回も手を出した事はないんだよ」
8e7f7563.jpg



綾小路「そうなんですか?」

吉川 「自分でどっかにぶつかるんだから!
    これは声を大にして言いたい!
    彼はよく暴れていました! 」



綾小路「それにしても吉川伝説は僕が中学生の時から有名でしたから・・」(嫌疑は晴れない様子)

吉川 「ないって! だってオレ体細いじゃん!
    でもヒムロックはヤバいけどね・・・   
    あの人は路上のプロだからね・・・。」
4fb55cc7.jpg



綾小路 「(・・・・絶句)

     ウワサはよく聞いてましたが、やはりそうでしたか?」


吉川  「あなた方(氣志團)も路上のプロだったらしいじゃない?」

綾小路 「いやいやいや・・」


吉川  「彼(ヒムロック)は群馬では相当、プロだったらしいよ」

綾小路 「僕もいろんな書物をひも解くと、やはりヒムロック氏の伝説が描かれていて。
     やっぱ自分は彼の事をスゴイ人って思っていたんですが、
      吉川さんから聞くと真実味が増しますね




(中略)


綾小路 「吉川さんって僕らの心のアイドルである岡村靖幸さんとも親交が深いとお聞きしましたが・・・」
6dd57ffe.jpg



吉川 「この間もメールしたばっかりだよ。アイツレコーディングしててね、そろそろ出すみたいよ」

綾小路「それは楽しみですね
       もともとは、どういったところから親交が始まったんですか?」

吉川  「 岡村と尾崎と3人でよく飲んでいたの」

綾小路 「そうなんですかー。これまたすごい面子ですね」


吉川  「そこに大沢誉志幸さんが入って、ひとり先輩風ふかしていてさ」

綾小路 「そこで殴り合いはあったんですか? 」

吉川  「ないっちゅうの!
      だいたいさ、そんなウワサ出たのはCOMPLEX以降だよ
  
      ってことはどこからこのウサワが広まったか考えてみてくれよ!
       相棒の方がやってたんだっちゅうの! 」





どの話題も興味津々すぎます(笑)