一度でいいから年上のお姉さまに言われてみたいセリフがある。

ちょっと場末のシネマしてるね」 と。

たった一言ながらどれだけ非日常で、なおかつ刺激的なセリフなんだろう・・
私がいくらハードボイルドに生きてみたって、所詮はラビット。
「あなた売れないジゴロみたいね」とあしらわれるだけだろう。



日本がバブル経済への階段を上り初めていた1984年

アンルイスのヒット曲「六本木心中」はこの年に生まれた。

この年は
「六本木CRY」 シブがき隊
「雨の西麻布」 とんねるず
「六本木純情派」 荻野目洋子

など六本木を題材とした曲が数多くリリースされていた。

その中でもこの「六本木心中」は、今でもカラオケで歌われる定番ソングとなっている。

この曲の持つパワーって、本当にすごいものがあると思うんですよ。
作曲は、吉川晃司に「モニカ」、「ユー・ガッタ・チャンス」、ハウンド・ドッグ「浮気な、パレット・キャット」などを提供した事でも有名なロックバンドNOBODY
作詞は「恋におちて」(小林明子) 「センチメンタル・ジャーニー」(松本伊代)など独創的な歌詞を創る事で有名な湯川れい子
この黄金コンビは同じくアンルイスの「あヽ無情」でもタッグを組んでいる。

この曲は歌謡ロックという特殊なジャンルを生み出した曲でもあり、これ以上の曲は未だない。


たしか数年前に今の時代で考えれば適役であろう相川七瀬がこの曲をカバーしたが、
相川のワイルドさを持ってもいまいちしっくりこなかった。

やはりあの時代に、アンルイスが歌うからこそ、この曲は活きてくる。
そしてこの曲のポテンシャルをあますなとなく発揮した瞬間を今でもはっきりと覚えている。

それは夜ヒットでアンルイス+吉川晃司でコラボした時だ。

c233d49a.jpg



なぜこのコラボがこの曲のポテンシャルを最大限に出せるのかというと、いくつか理由がある。

吉川晃司といえばアン・ルイスの弟分とも言われ、彼が音楽事務所ではなく、芸能事務所であるナベプロに入った理由は「アン・ルイスとジュリーがいるから」と本人は言っている。

アンルイスは既婚だったが六本木に吉川を連れまわし、その姿をみて作詞家の湯川けい子がこの詩を書いたとされる。

その証拠に、この曲のイメージは女性に命がけになる年下を描いた歌である。この2人が歌った時点で、もはやこれはノンフィクションの歌なのだ。

吉川の担当は主にハモリ&コーラスとなるわけだが、以前「BE MY BABYの衝撃」で紹介した通り、彼がフリータイムをおとなしくしている訳もなく、生放送ギリギリの内容でアンルイスと濃密にカラミだす。

9c4c839c.jpg




この放送は後にダイジェスト版で幾度も放送され、この時の2人のエロパフォーマンスもあいまって、六本木、バブルなんて知らない当時の子供たちの脳裏にも焼きついており、大人になった現在、つまらない日常から刺激を求めて夜の街を彷徨うときに自然と「六本木心中」を唄いたくなるのです。
こうして23年経った今でもこの歌は夜の街で歌われ続け、愛され続けているのです。