ユニコーンといえば、バンド全盛期のその時代でも少し異色な存在で、「ヒゲとボイン」「大迷惑」に代表されるように
そのくだけた歌詞と、少し脱力系とも思えるメロディーが特徴だったと思う。

代表曲である「雪が降る町」「すばらしい日々」などは、今でも街中で聴く機会も多い。
ユニコーンをカヴァーするアーティストも数多く存在し、彼らの代表曲はあらゆる方法で後世に残っていく。

ただ時代が過ぎるといろんなものが削げ落ちていき、その代表曲といわれるもののみが伝わっていくのが宿命だ。

そこでこのブログの存在意義が問われるところだ。
当ブログとしてはあえて、一番ユニコーンらしくない一曲を選曲し、
ユニコーンを知らない世代のために、後世に残しておきたい。


それはシングルカットすらされていない初期の時代の作品
Maybe Blue (メイビー・ブルー)」である。

613b04e5.jpg


Maybe Blue(You Tube)  


「めちゃくちゃメジャー(代表曲)だろ!!」と即座にツッコミを入れたであろう30代以降の皆さん。少し黙っておいてください(笑)あとで「元祖EBIちゃん」や「服部さんの今」について好きなだけ語ろうじゃないですか!付き合いますからw
そう、この曲が出た時に生まれた子供は既に成人しているのですから・・


話戻してこの曲は、まだキーボードの女性メンバーも在籍していたユニコーンの一番初期の作品で、中期以降のユニコーンや今の民生では想像できないほど、速いテンポと激しいリズムを主体とした作品ばかりだった。バンド全盛期で育った少年少女にとって、この曲の持つメロディーは一度聴けば決して忘れられない完成度の高いものであった。これほど色気が帯びて、かつ切ないメロディーをあの民生が唄っていたのだ。後にこの初期の頃の曲はLiveでもほぼ封印され、ベスト盤「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン」の一曲目に収録された訳だが、これは会社側とファンの強い要望で民生がしぶしぶ了承したという経緯がある。

パーカーをダラシなく着こなす起源はこの頃の民生とされており、後にTHE FUSE 、KusuKusu へと進化を続けて今のラッパー達へ受け継がれたとされる。それはさておき、数少ない「Maybe Blue」を聴いてからユニコーンを知った世代としてはこれを伝えていかなければならないという脅迫概念にかられるのです。