あの日・・

いつも以上に声を張り上げるボーカル
いつもよりふし目がちなギターリスト


「フォークのバンドじゃねえんだから、ジメッとするのは似合わねえと思うから
最後にビシッと決めるぜ!ドリーミン!!」



そう言ってBOOWYの解散が噂じゃなかった事を知るとことなった



あの日・・・

全国紙の朝刊で大々的に解散の発表したドラマー
その朝刊で解散する事を知ったボーカル


「今日(解散)会見が開かれることは僕も新聞広告ではじめて知りました。ショックです・・」

ボーカルが会見に呼ばれないことでもう修復の効かないものだと悟ったXJAPANの解散劇



あの日・・

ライブ途中に突然ギターを叩きつけてステージから消えるギターリスト
「ちょっと休憩!」と言い残しそのメンバーを説得に向かうボーカル



直後に「もう言うわ。ここでこんな醜態されけ出しといてみんな騙し続けてられないから。
次のツアーで俺ら解散します(中略)ほんとはまだ言ったらまわりの大人たちから言わせればまずいんだろうけどさ、
俺は我慢できない。暴れて帰れ!」


学校に提出されるぞうきんの気持ちを歌い上げた彼らも、この時もう21歳になっていた

0dc20b09.jpg




解散の報告はネットが主に使われる昨今、無機質に言葉でその事実を伝えられるよりも
人間憎悪の入り混じった醜態の姿をみせる方がロックらしくて良いと思う。