年に一度ぐらいの頻度で、全くどうでもよいある疑問が浮かぶ。つい先日も

「そういえば光GENJIの紫色担当こと、大沢樹生は今もジャニーズに所属しているのだろうか?」

グループを解散するとジャニーズ事務所を退社するかといえばそうでもない。
佐藤寛之(水色)は退社しているが、佐藤敦啓(黄色)は現在もジャニーズ所属である。

光GENJIをもはや色でしか判別出来なくなってきた私だが、この果てしなく今後の人生に生きてこないこの疑問も、
何度か調べているうちにだいぶ詳しくなった。


そこでジャニーズ事務所退社年表を作成してみた。


1967年 あおい輝彦(ジャニーズ) 退社
※矢吹丈の声優でもあり、3代目助さんでもあり、スケキヨ(犬神家)でもある

1975年 郷ひろみ 退社
※薄い給料で有名でった当時、若手を引連れバーニングプロへ

1978年 フォーリーブス 退社
※02年に再結成

1983年 川崎麻世 退社
※劇団四季「キャッツ」合格を機にミュージカル俳優へ

1986年 ひかる一平 退社
※金八先生、必殺仕事人などで俳優業をこなすも退社後の活動は不明

1988年 シブガキ隊 
※ 本木 →布川 →薬丸の順に退社

1990年 野村義男 退社
※一身上の都合により

1991年 反町隆史(野口隆史) 退社
※素行不良のため

1993年 男闘呼組
※高橋のクビで→前田→成田と退社。現在は岡本のみ

1994年 田原俊彦 退社
※前年に「おれはビッグ」発言

1994年 忍者
※志賀(妻子がいる事がバレてクビ) 古川(太っていてダンスについていけない為退社)
四銃士メンバーも全員退社

1994年 光GENJI
※大沢、佐藤(寛)がグループ脱退と同時に事務所も退社
95年 諸星(「人間不信になった」と言い残し退社)
02年 山本 退社
07年 赤坂 (覚せい剤所持でクビ)


1996年 森且行 退社
※オートレーサー転向の為

(注)全てを網羅してません。またジャニーズJrとされる方については省いてます


このように多くの退社者が出た事により、最終的に近藤真彦が実質のトップとなった。
少年隊、SMAPに学ぶように、アイドル時期が過ぎた後も息が長く生き延びる戦術が功を奏したのか、
森且行以降、デビュー後に退社するものはほとんどいない。

この年表を頭に入れれば、冒頭のような疑問はもう解消されるはずである。
忘れそうになったら、解散組では岡本健一 、佐藤アツヒロ、内海光司だけはまだ所属していると逆手に覚えると
判断に迷う事はなさそうだ。