本日発売のテレビブロス(2008年9月27日号) 「ネット探偵団」のコーナーでこのブログに関する私のインタビューが掲載されました。

テレビ雑誌という枠にとらわれない前衛的な姿勢で、コアな読者を多く抱えると伝え聞いております。
「全国の駅弁を撮り歩く!」みたいな方向性の定まったブログとは違い、非常にメディアでは紹介しにくいであろう着地点なく乱反射を繰り返す当ブログを取り上げてくださるぐらいですから、そのアンテナの受信感度の鋭さがうかがえますね。

人生初のインタビューされる側という経験!徐々にまるでサブカルの巨匠のごとく大風呂敷を広げ答えだす自分がいたことに驚きました。
書店、コンビニなどで見かけましたら、覗いてみてください。


久々更新なんでもう少し書きます^^A

質問の中でこのブログのキッカケというか原点を問う内容があったのですが、そこを自問自答していくと   


11d10a2a.jpg

エリマキトカゲ



caf4ca63.jpg

BUCK-TICK現象
(インディーズ時代に、ライブ会場と日付だけをプリントしたステッカーを、街の至るところに貼りまくってプロモーションをしていったことの総称。これらのムーブメント全体を示す)

の違いという結論になりました。


昔のものを思い返した時に懐かしむ気持ちで終わるものと、懐かしさと一緒にいろんな感情を引連れてやってくるものが必ずあるという事です。
そしてその対象物は必ずしも思い入れの強さに比例しないという事です!

ウーパールーパーやエリマキトカゲは誰もが知る象徴的なものですが、多面式ふでばこや匂い消しゴムといった文具の方が少年の気持ちを思い返させてくれるものなのです。
認知度が高かったり強い思い入れがあるほど思い返しても感情の吹きあがりは小さく、中途半端にハマったり追いかけ途中で諦めたものほど、反動の吹きあがりは大きかったりします。

その当時が最後でそのまま大人になるまで一度も見聞きしてないものはたくさんある訳で、大人になって街中でみかけた「BUCK-TICK現象」のフレーズは、懐かしさとともに天使だ・・悪魔だ・・月が狂った・・だと呟き親を心配させていた当時の自分とその時の何事にも熱狂的にハマりこむ事が出来た気持ちそのまま連れて帰ってくれたのです
そういった源泉はキッカケがなければ一生思い出せない訳で、エリマキトカゲを繰り返し流す事しかできないメディアまかせでは、これらのお宝は埋蔵したままで眠ってしまうと思います。

その噴き出す源泉の場所は人それぞれなので、さすがに他人の源泉はわからないので私の源泉をひたすら掘って、近い場所にツボがある人がこのブログの読者となってくれるのだと思っています。



閉鎖的な人間が閉鎖的な環境でやっているもので(笑)、更新が空いたりすると押し入れにしまった3日坊主で終わった日記帳のように自分以外の人が読む事がある事をふと忘れてしまうのですが、
今回のようにこのスタイルに注目して取り上げてもらったり、このブログがきっかけでblogを書き始めたと言ってくれる方を見かけると、自分だけの日記帳ではない事を思い返させてくれます。
ありがたいことですね。