2009年  矢沢永吉 × 氷室京介 × 甲本ヒロト × 真島昌利
が同じステージ上で共演した事が大きな話題となった

05f9fb92.jpg

(2009年9月19日、矢沢永吉東京ドームLIVE)


このカリスマ達の奇跡のセッションは多くのメディアに取り上げられ、ご存知の方も多いだろう。

だが、奇しくもこのわずか3日後に行われたもう一人の80年代カリスマによるあるセッションがあった事を
皆さんはご存知だろうか?


さきほどの4人に共通している点は、メディア露出を抑える事によって発生するある種のカリスマ性である。
一方GACKTのように音楽活動以外のメディア露出を積極的に行い、音楽活動に弾みをつけるものもいる。
この男はロックミュージシャンながらナベプロ所属もあって、その分岐点で右往左往した経緯がある。


「クイズ番組なんかでチンポン!なんてやってる大人だけになりたくない」

そう言っていた彼は10年の時を経て、金スマにて無人島生活を行っっていた。
そして遂には40半ばにして仮面ライダーの配役を射止めていらした。

5e313a24.jpg



当時の氏の発言を1.21ジゴワットはこちらでなんとかしますので、デロリアンを使って
30代のどこかで大きな舵取りが行われることを当人同士でよく話しあってもらいたい。



そう、この日は、吉川晃司×氣志團という
共にNHK出禁同士の奇跡の対バンが一夜限り実現されていたのだ。

過去、2002年に行われた濃密すぎる対談をこのブログでも取り上げたが、時を経て遂に共演となったのだ。
綾小路 翔 X 吉川晃司 対談


対バン形式の為、相手側の曲を歌うのが許されるたった一曲。
そこで彼らが選んだ曲は、「モニカ」でも「BE MY BABY」でも「恋をとめないで」でもない
COMPLEX時代の「PRETTY DOLL」を選曲したのだ。
この選曲に思わず私は唸りと同時にニヤついてしまった。






免許取り立ての布袋がポルシェ911で高速を疾走している時に、COMPLEXの楽曲のほほとんどのメロディーが出来たと言っているように、非常に疾走感あふれる曲である。

まず言っておきたいが、今も昔も私はこの曲が名曲だとも駄作とも思わない。
だが、いくら脳がボケようとも脳裏からは一生消えない曲となっているのだ。


思い出してほいしい。
BOOWYという支柱をなくし、支持基盤を無くし溢れかえった多くの無党派層に
突如現れた超党派がCOMPLEXだったのだ。

実は同期デビューとなるB'zが、同じロックユニットであるCOMPLEXのライブを2人で観に行き
「圧倒されました・・。あのまま活動されていたら、俺たちは何もできなかったですよ」
と後に評している

その彼らのファーストアルバムの1曲目がこのPRETTY DOLLなのである。
会派の異なる違う2人による超党派が何をアピールするのか・・
多くの無党派層にとってこのPRETTY DOLLは彼らの向かうべき道を示す
まさにマニフェストであったのだ。


今のよう幾千もの楽曲を取り込み、好きな曲番だけをチョイスできた時代ではない。
カセットテープに録音とはまさに刺青。駄作であれ間違い漢字の刺青する外人同様、
一生をそれと共に過ごすこととなるのだ。

特に、A面1曲目の先頭打者の打席数は異常。
一時停止があるから結局聴く回数は同じでは?と思われそうだが、それは机上の空論。


A面先頭から再生中 → 寝落ち → 自動反転 →A面先頭から・・・
という無限ルーチン地獄を80年代を生きた人間は誰もが経験しているのである。

結論はこうである。

カセットテープ時代に録音したアルバムの一曲目は、
名曲駄作に関わらず未だ脳裏にこびりついている





近年、いろんな切り口のコンピレーションアルバム(複数のアーティストの楽曲を特定の方針に基づいて編集したアルバム)
が存在するがアルバム1曲目を集めた切り口は見た覚えがない。
この時代のジャンル問わずのアルバム聴き漁り度は尋常じゃないから、結構需要あると思うんですけどね。
こんなコンピ出たら買ってしまいますね。



1、ムーンライト・ストーリー / プリンセス・プリンセス(LOVERS)
2、Dreamin' /BOØWY( BOØWY)
3、未来は僕等の手の中/ THE BLUE HEARTS (THE BLUE HEARTS )
4,うれしい!たのしい!大好き! /ドリカム(LOVE GOES ON・・・)
5,リフレインが叫んでる/ 松任谷由実(Delight Slight Light KISS)
6,LITTLE WING / リンドバーグ(LINDBERG III)
7,PROLOGUE (〜WORLD ANTHEM)/ X JAPAN(BLUE BLOOD)
8,PRETTY DOLL /COMPLEX(COMPLEX)
9,僕はこの瞳で嘘をつく /CHAGE&ASKA(TREE)
10,Wonderful Opportunity /B'z(IN THE LIFE)