子供の頃に「21世紀」と聞けば、それはもう車が飛んでロボに紅茶を注いでもらっていると思い描いていたが、
気づけばはや10年経過してる訳で、残り90年しかない。

どうも20世紀に描かれた近未来をモチーフにした未来設定は見通しが甘い気がする

20世紀に描かれた未来設定が今ではだいぶ近づいた訳で、過去のアニメ/映画/ゲームの作品にて
何年後の未来をどのように思い描いていたのかを検証してみた。




1998年   機動警察パトレイバー (1988年 →10年後
5e593a23.jpg

・ロボットテクノロジーの発達により、あらゆる分野に汎用人型作業機械が進出


1999年  超時空要塞マクロス (1982年 →15年後)

・マクロスが宇宙より墜落したのがこの年

           百獣王ゴライオン (1981年 →20年後)

・第三次世界大戦が勃発、地球は壊滅状態


2000年  北斗の拳 (1984年 →15年後)
・第一話での時代設定は2000年~2005年とのこと


2001年  2001年宇宙の旅 (1968年 →40年後)
1d8201f4.jpg


・冷凍睡眠と木星までの有人宇宙飛行を実現


2003年  鉄腕アトム誕生 (1952年 →50年後
・手塚先生の夢描いた50年後の未来



2006年  日本沈没 (1973年 →30年後)  


2008年  ドラえもん (1969年 →40年後)
・タイムマシンが発明される






2010年  現在

            ロボコップ (1987年 →20年後)
be1bf2db.jpg

・オムニ社が警察官サイボーグ、ロボコップの開発に成功 MS-DOSで動いている模様






2011年
2012年  ゼビウス (1983年 →20年後)
33dbc37e.jpg


・戦闘機ソルバルウが南アメリカのゼビウス軍拠点にむけて出撃


2013年 
2014年   エヴァンゲリオン(1996年 →20年後)
・零号機用エントリープラグ開発 


2015年   バックトゥーザフューチャーpart2 (1989年 →25年後)
19fd7ef1.jpg

・空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突き抜け星になる


2016年
2017年
2018年

2019年   AKIRA (1982年 →40年後
230780b6.jpg

・東京湾に浮かぶ人工都市ネオ東京が舞台
    
            ブレードランナー (1982年 →40年後
・人類の大半は宇宙に移住し、過酷な労働は人間ソックリな「レプリカント」と呼ばれる人造人間が行っていた。


2020年   ウルトラQ ケムール人(1964年 →55年後
6704b47a.jpg

・未来(2020年)からやってきた誘拐怪人 この時代の思い描く50年後の人類の姿だったのか・・
(*)名前に間違いありました。ご丁寧に指摘頂きましてありがとうございます

2021~2028年
2029年   ターミネーター (1983年 →45年後)
・ 機械と人間が戦争 サラ・コナー暗殺のため1984年にターミネーターを送りこむ


2030年   攻殻機動隊(1995年 →35年後)
・第三次核大戦と第四次非核大戦を経て荒廃した


2031年~
2050年   機動戦士ガンダム(1979年 →70年後
・地球の人口が90億人を突破。宇宙への移民が開始され翌年が 宇宙世紀元年となる


ここからは生きている内に検証は不可能ゾーン 


2112年   ドラえもん誕生 (1969年 →140年後)
・製造過程の中で、不良品と判定される


2199年   宇宙戦艦ヤマト  (1974年 →220年後)


2221年    銀河鉄道999(1977年 →250年後)
1d220a83.jpg


・各惑星が銀河鉄道と呼ばれる宇宙空間を走る列車で結ばれた未来世界


参照資料:21世紀 - Wikipedia、作品毎のWikipedia記載の時代設定  
      北斗の拳 究極解説書2(集英社)、他 




2010年の今年、ピーポー君はよく見かけるが、ロボコップは未だ見かけない。
だが先の20年後には人造人間じゃないにせよこれぐらいの武装警官がいることを勝手に想像してしまう訳で、
いつの時代も果てぬ人の想像力を技術が追い越すことはないのだろうか?

まさか2年後に鉄板一枚のパキュラ(ゼビウス)が空を舞うような飛行技術に届く訳も無く、こうやってみるとどれも叶わぬ未来予想図となりそうですが、5年後となるバックトゥーザフューチャーpart2で見せたママの豊胸技術だけは実現されてそうですね( ´ー`)y-~~