通常、バンド活動に終止符を打つ時マスメディアに対して 解散 という言葉でそれを伝える。
しかし中には独自の言い回しで終りを表現するバンドもいた。

『解散』という言葉の持つ哀愁を打ち消す表記が多く、そこにはバンド活動とリンクさせた言葉の美学が伺える。

その言い回しは学校のサークル活動の終了や社内でのプロジェクト解体などに今後使えるかもしれないので、
過去のバンドの解散の言い回しに学んでみる。

BOOWYkaisan



TM NETWORK   プロジェクト終了


SHAZNA     完結


CASCADE     終わり


WANDS      解体


シブがき隊    解隊


光GENJI    卒業


一世風靡セピア  卒団


筋肉少女帯    凍結


YMO        散開


PSY・S       終焉 


LUNA SEA     終幕


access       沈黙


野猿        撤収


仙台貨物      倒産


フェアチャイルド   喧嘩別れ


COMPLEX      活動急死

                 (※吉川氏の著書内談)