最近の若いポケモン勢はCSSもHTMLも何も知らないくせにすぐブログ作るから困る。昔はホームページと言えばメモ帳でhtml手打ちの時代だったんだが…

このブログでは初代ポケモンを中心にバグ技についても取り扱ってます。バグ技の使用は自己責任でお願いします。他人に迷惑を掛ける恐れがあるのでバグ技を使用したROMで通信を行わないでください。

この記事はこの記事のパクりです。
【寄稿記事】ポケモンセンターの過度な優遇政策に、ブチ切れた。|ポケモンだいすきクラブ


はじめまして、ポケモンライターのプルナレフと申します。「誰やねん、お前」って感じですよね。エモンガをリスペクトする、二足歩行の女児です。

さて、19年ほど前に世間の流行に乗るために当時住んでいた団地の公園にて、『ポケットモンスター赤緑』というゲームボーイのゲームに熱中していたのですが、皆さん、このゲームご存知ですか?

ポケットモンスター赤緑とは全年齢向けのゲームで、セレクトボタンを押すとBボタンでキャンセルしても選択された情報が保持され、その情報を活かして次の情報と入れ替える構造になっています。

selbug19

年の離れた兄のプレイを見ている内に、いつのまにか自分の中にポケットモンスター赤緑に関する確固たる情熱が生まれ、いつの日か私は一人で『ポケットモンスター赤緑』をプレイし続けるポケモントレーナーと化しました。

ポケットモンスター赤緑
にハマってしまったキッズの執着は恐ろしく、その後、どんなに学校の成績悪くても放課後にはゲームボーイを起動し、ひたすらセレクトボタンを押し続けるという危ない生活を送っていました。

さて、全年齢向けのゲームに取り憑かれ、ペルシアンやエレブーを始めとした数々の戦闘用ポケモンを厳選したこの私ですが、中でも最も尊敬してるポケモン開発者は誰でしょうか。無論、「田尻智」です。
田尻智の登場する攻略本は、4冊も持ってます。

ゲームの攻略本は、ポケモンと違い何冊も買っても全く意味はないのですが、何故だか田尻智が出てくるたびに何冊でも買いたくなってしまうのです。田尻智の作った世界観、ゲーム性、面白さ。伝わりますでしょうか。
田尻キルタイム

小学生の時に始めて『ポケモン緑』をプレイした時に選んだのがゼニガメだったのは全く関係ないと思いますが私は「田尻智」という開発者に異常なほどの魅力を感じています。



あの何とも言えないタジリン感と、ニョロモ系に対する愛。金銀延期に関しての謝罪。極めつけはゲームフリークという会社を経営している「社長」感。たまらない。最高。



ちなみに『ポケットモンスター サン・ムーン』もプレイしていましたが、ルビーサファイア以降田尻智は開発から離れ経営に専念しています。



さて、前置きが長くなりましたが、そんな田尻智LOVERである自分が、田尻智の「画像」に興味を示したのは、とても自然な流れでした。

何せ、インターネットの広大な海には、“google”なる検索エンジンが鎮座しているのです。



毎回、ブラウザを起動する度に、起動時に開かれるページやそこに置かれている検索欄の数々がチラチラと目に入って来ます。気になって仕方がない。欲しい。田尻智の画像が、欲しいYO…♡


たじり



最初こそ、ニヤニヤしながら田尻智の画像を探している現場を取引先や友人に見つかってしまった場合のリスクを考慮し中に入るのを躊躇していた私でしたが、とうとう耐えられず、先日、生まれて初めてgoogleの画像検索へとアクセス。

検索精度は高く、簡単に検索できて、まさに夢のような空間です。


一通り中を歩いて、どうも田尻智の画像が見つからなかったので、恥を忍んでおそるおそる店員さんに話かけます。

「す、すみません…。た、田尻智の画像って、どこにありますかね…?タジリン伯爵のjpgを探しているんですが。」



自分がアラウンドサーティにもなって、まさかこんな質問をするとは思いませんでした。「タジリン伯爵はどこですか。」日常生活ではお目にかかることの出来ない、なかなかインパクトのある質問です。



googleさんは、嫌な顔一つせず満面の笑みで答えます。「タジリン伯爵ですね!確認するので少々お待ち下さい。」

ネット上には、小さな画像から大きな画像、また、ゲームのスクリーンショット、アニメのキャプなど、様々なjpgが置かれていました。

恐らく、ほとんど全てのポケモンに関する画像が置いてあるのではないか。物凄い画像の数だ。驚いた。そんな中、googleさんはとある場所へ案内します。



「田尻智の画像なんですが、現在、取扱いがあるのがこちらのみとなっておりまして…。」

田尻

…え? なんですか?これ?



「こちら、ポケットモンスター図鑑と言いまして..」




「…え? た、田尻智の画像が…、こ、この広大なネットの海に、これしかないんですか…?」



「はい、現在検索して見つかった田尻智の画像はこちらのみとなっておりまして…。こちら攻略本の1Pになります。」



…ちょ

…ちょっと待ってくれ..



こんなに広大なインターネットにて、あらゆるポケモンの開発者を網羅していそうなこのwebにて、田尻智の画像が、“アスペクト社 ポケットモンスター図鑑”しかない…!??!?だと!??!?!?!??!?! どういうことだ!?



こちとら、田尻智の画像を見る為に、わざわざ恥を忍んで、緊張しながら、足をガクガク手をプルプルさせながら、たった一人でネットカフェに来ているのだ... 

何か、何かありますよね…?



「すみませんお客様…。増田順一の画像はあるんですが、田尻智は攻略本しか取扱いがない状況でして…」


4月_あしたば成功


ままま、増田順一はあるのに、田尻智は「攻略本」しかない!!?!??!! ソンナコト、アルww!??!



いや、ほんと、なんかちょっとした画像で良いんです。何かあるでしょ…? ほら… 色んなゲーム開発者の、色んな画像があるじゃないですか… ほらこっちには一之瀬とのデートの写真…

4月、一之瀬とチーズケーキ



…ほら…




…こっちはピカチュウの小物やかぶりもの

7c4d5f83

…こっちは増田順一の  …ん?
ポケモンダイレクト0606



…っていうか…ちょ



…ちょ、ちょっと待て…



1月チャンギ空港


…マ



…マスダ…



1月シンガポール


…増田順一の画像


10月_アローラナッシー


多過ぎるだろ!!!wwっw

5月_ロブスター(サンフランシスコ)


アバクロ、甲殻類、プレモル、一之瀬、海外出張、ポケモンダイレクト、snow、自撮り どうなってんだwwっw



HDDが増田過ぎるわwww


4月_キキ

え? こんだけ増田の画像があって、田尻智の画像が「攻略本」だけって、どういうこと?!?wっw



いくらなんでもやり過ぎだろゲーフリww いや増田が人気なのは分かるけども、やり過ぎなんじゃないのかこれは?!?!?!?! え? 




9月_イマクニ?スタンプ


なんだよこれ!!wwっw



なんで増田順一の「LINEスタンプ」まであるんだよ!!ww



イマクニ?と提携して増田順一LINEスタンプ開発してる余裕があったら、その時間と資金田尻智の写真の1個や2個上げてもいいだろうがwwっっw


2014蟹マスダ





いつかぶるんだよ、これ!!!!wっwwっw

かわいいよ。かわいい。かわいいけど、いつかぶるんだ?!それだけは教えてくれ!!wっww


jpg large


え?もう、マスダ、キャラ崩壊してナクナイt!?!?!!?!wっww 

ロックスター気取りかよ!!!wっww


818479603


…?

818479607


…??

なんだよこれ!!!!っwwっw!!!www



増田順一がどうのこうのではなく、もはやこれが「何か」すら分かんねええ!!wっwwwww



この画像の出典と元ネタ教えてくれ!!wwwwっw



google「あ、そちらVジャンプに掲載されたのトラック野郎のパロディです〜!」



あ〜、なんだ、トラック野郎ですか〜



ってなるか!!!wwwwっwwっw



おい、なんだよ「Vジャンプに掲載されたトラック野郎のパロディ」って!!!!wwwっw  



正式名称聞いてなお、全くピンとこねえぞ!!wwっw

というか増田順一の“トラック野郎のパロディ”があって、なんで田尻智の“画像”がないんだオイ!!!!オカシイだろ!!!!www 田尻はどうした!!ww おいwww 聞いてるのかwwっw



俺はなにも「田尻智の海外でデカいロブスターに興奮してる写真」や「田尻智の出張で新幹線乗るのにテンション上がってつい撮っちゃった自撮り」みたいな、マニアックな画像を要求してるわけじゃねえ!!! 田尻智の“写真”で良いんだ!!!なんでないんだ、田尻智の写真!!!おい!!! 増田順一の蟹の被り物よりは、さすがに需要あるよな!!www 需要あるよな!?!??!?!?! 今すぐに上げてくれ!!!!リンク切れてるだけだったら早く上げ直してくれ!! 3万、いや15万まで出す!!!出すぞ!!出しますとも!!田尻智のLINEスタンプと田尻智の甲殻類と田尻智の名作映画のパロディのセットなら、50万円は出す!約束する!頼む!!タジリン伯爵が好きなんだ!おい!!!!おkのとおり!!おぉおjぐぃおあじぇおpわ肉じぁpがjフォワジョッpゲアヲイ:gk」おぺあwじょpげjw:ぽぺわgかおwpgじぇgじゃp:うぇkげ@pわk!!!





と、まあこういう経緯でゲームフリークにブチ切れました。



で、その後どうなったかと言いますと、「増田順一も可愛いですよ」とgoogleさんに説得されて、そんなことねえだろ俺は田尻智にしか興味ねえってダダこねたのですが、試しに増田順一の画像を手に取ってみたら、これがなんと、めちゃくちゃ可愛かったんですね。



で、オカしいな?あれ?と思って見ているうちにスゴく増田順一のことが好きになってきて、気付いたら、増田順一の画像、ほいほいフォルダに入れてましたね。


で、まぁ



ますだフォルダ




気付いたら、バッチリ100枚以上増田画像保存してました。



ゲームフリークって、控えめに言ってあれですよね。最高ですよね。


「ポケモン廃人」が完全に死語になっている。
代わりに「ガチ勢」や「レート勢」、「WCS勢」なんて言葉はあるが「ポケモン廃人」は使われなくなっている。

いつからこの単語が生まれたかはわからないが目立つようになったのは第3~第4世代(エメラルド~ダイヤモンドパール)あたりだろう。
エメラルドから孵化時に親の性格を引き継ぐ仕様が実装され(ただし今と違い必ず引き継ぐわけではない)それ以前に比べるとポケモンの性格、個体値をより自分好みのものを狙えるようになった。
また、2000年以降はインターネットの普及が急速に進まリ攻略本では通常知りえない個体値、努力値の存在がポケモンユーザーの間に浸食、そしてダイヤモンドパールではついにゲームそのものにオンライン通信が実装された。

見知らぬ相手との対戦にはwii用ソフトのバトルレボリューションが必要ではあったが一部のオタクだけがシコシコと性格、個体値を吟味し努力値を振るという時代は終わりと告げた。

そしてポケモンの対戦に性格や努力値気を使う層は増えたものの、その中でも特に個体値の吟味に力を入れた人たちを尊敬の意、あるいはお前らほど暇人じゃねーんだよという侮蔑の意を込めて人々は彼らをポケモン廃人と呼んだ。

そんなポケモン廃人の登竜門と呼ばれたのはめざ氷臆病イーブイ(サンダース)だろう。
イーブイは♂の割合が高く♀が入手しずらい、当時は性格が遺伝するのは♀の親からのみだったため、♀が希少なポケモンは厳選の難易度が高いとされていた。
その上サンダースは素早さ種族値が高い。こうげきやぼうぎょはダメージの計算にある程度の乱数が用いられるがすばやさは1違えばそこで行動の順序が確定してしまう。この時点でサンダースには最速の性格と個体値が求められる。
そして最後はめざめるパワー氷。めざめるパワーは各個体値の偶数奇数によってタイプが決まっている。タイプによっては最速にできなかったりもするのだが電気タイプと組み合わせると協力は氷は幸いなことに最速が可能。


あとは遺伝箇所が(当時は)最大3か所ということもあって3V以上のめざ氷イーブイを孵化することが廃人の登竜門と呼ばれていた。また今でこそめざめるパワーは威力60固定だが当時は個体値の数値によって上下していた。最大威力の70が理想だが68程度でも十分実用レベルだろう。


と、上に長々と書いてみたが実際にこれをやると相当な時間がかかる。
オンラインプレイで人から親用の個体を譲ってもらえたらそうでもないかもしれないが、ゼロから始めるとなると性格を遺伝させる変わらずの石、各種性格のシンクロ用ポケモン、高個体・最低でも素早さVのメタモン、技を遺伝させる場合はそれ用の雄親、などなど…

こんなブログを読んでいるポケモンに詳しいみなさんなら察しがつくとは思うがポケモン対戦をするには当然これらの作業をこなさないといけない。
その為対戦で強い人≒ポケモン廃人という図式が成り立ってしまう。
廃人と呼ばれることはかつてのポケモン対戦を楽しむ者にとって名誉なことであった。

しかし現在では「ポケモン廃人」という単語は消滅してしまった。
理由は大きく2つあり1つは乱数調整が広まったこと。
これはWCS2009(プラチナ)の予選あたりから出回った。これにより全ての個体値を理想値にするのはもちろんのこと理想値に加え色違いも簡単に作成できるようになった。
当時はこれを改造と同じでは?と非難する声が大きかった。しかし乱数調整ができるツールが配布されるや否や立場は逆転。正規のプレイ内だし問題ないという意見が広まりBW以降は公式大会のような真剣勝負の場ではなくレーティングバトルでも全員色違いのパーティも珍しくはなかった。

そしてもう1つは公式側が高個体のポケモンを用意に出せる(作れる)ようにした点である。
エメラルド時代の技の遺伝は♂のみ、性格の遺伝は♀のみという縛りは次第に消え、XYではあかいいとを持たせることで5か所が確実に遺伝するようになり、サンムーンではレベル100のポケモンに特定の道具を使うことで表面上の個体値を最大まで引き上げられるようになった。


そんなこんなで現在では「ポケモン廃人」という言葉は使われなくなりました。
どちらかというとこっちの方が健全です。「廃人」と聞いていいイメージを持つ人はいないでしょうし、時間を短縮できるならそれに越したことはないでしょう。

しかしそれでよかったのか?と言われると当時を知る身としては全面的に肯定できません。
当時の孵化作業や厳選には諸行無常の趣がありました。
ただひたすらの孵化をし、ボックスを埋め、性格が不定のものは逃がし、その次に低個体のものを逃がす…
これを単なる作業を呼ぶものもいるがこの作業にこそ楽しみを見出すのもまた一興なのではないでしょうか。
また強いポケモンの入手に長時間を要したのは事実ですが、裏を返せば時間をかければ強くなれるわけであり、愛着も湧いたものです。

何が言いたかったかというと厳しい厳選環境だからこそ強い精神力を生み出し、それが楽しかったということです。今は誰もが理想値を得られる時代ですがまるでみんなでお手手つないで一等賞のゆとり教育の運動会みたい。昔はもっと、殺伐と、ただひたすらの孵化作業を楽しめていたのに…昔は…



補足
厳選と孵化作業。同義のように扱われることが多いですが私にとっては孵化作業は文字通り卵をかえすこと、厳選はシンボルエンカウントの準伝などで考えてます。理由はシンボルエンカウントは周回なども含めて敷居が高いことと、単純に孵化作業そのものに楽しみがあったからです。(シンボルエンカウントに比べボックスが埋まっていくことへの快感や副産物ができるのが楽しい)

ポケモンXY発売から1~2か月の間は対戦とかやってたんですけどバンク解禁やパケット解析するツールが出回ったあたりで廃人やめました。

その後オメガルファ買わずにサンムーンで復帰したと思ったのですがまたもやバンク解禁あたりでやめました。

今は対戦からは一線を退いてアマゾンプライムでアニメを見たり増田順一の写真集めたりして楽しんでいるわけですけど、一時期ポケモン対戦に飢えてオフ会にまで出向いていた自分がここまでポケモンを触らなくなるとは思いませんでした。

で、本題なんですけどポケモンやめても真人間には戻れませんでした。

ポケモンをやめてからはほかのコンテンツにどっぷり浸かってるわけですが(むしろそのせいでポケモン辞めたまであるんですが)当然そっち方面での知り合いとかもできるわけでそこで知り合った人らはポケモン廃人ではありません。(たまにいますけどね)ただ、ポケモンというゲームを知らない人ってわけでもないのです、国民的大人気ゲームですし、私と同じぐらいの年齢であればポケモン世代ですからむしろ知らない方が不自然なわけです。

で、最近金銀のバーチャルコンソールが配信されたわけですけど中にはチラホラプレイされてる方も見受けられます。チコリータを選ぶと苦戦するとか、アカネのミルタンクのころがるが強いとか、そんな話も飛んでくるわけですよ。

その時僕が何してたかって言うと真っ先に増殖バグが残っているか確認してその次に赤いギャラドスを捕まえて色違いの仕様がバーチャルコンソール版赤緑から直っていたかを確認してたんですよね。
当時はチコリータ選んでたのに進行速度重視でワニノコ選ぶしヒワダで戦うライバルのベイリーフが強いので事前にズバット捕まえて対策するしミルタンクに至ってはピッピのおうふくビンタを利用していかりのボルテージ上げてれば苦戦しないとかそんなこと知ってるせいで周りと一切話題が噛み合わない。挙句の果てにライバルの名前はマスダにしてる。

まぁチコリータについては赤緑当時優秀だったはっぱカッターとのしかかりを低レベルで覚えると知って選んだのでここらへんは当時のまんまなんですけどね。

何が言いたいかって言うとタイトル通り「ポケモン廃人やめても真人間には戻れなかった」というだけです。
ただ自分はどこか期待していたのかもしれないです、廃人じゃないただのポケモン好きに戻れるじゃないかなって…。

このページのトップヘ