HPのほうで2006年上半期のランキングを発表しましたが
ついでにこちらで「発売予定表」に掲載されているキャストから
抽出したランキングを発表しておきます。

1位:安玖深音(12本/23.5%)
2位:まきいづみ(8本/15.7%)
2位:一色ヒカル(8本/15.7%)
4位:草柳順子(7本/13.7%)
4位:北都南(7本/13.7%)
4位:みる(7本/13.7%)
7位:風音(6本/11.8%)
7位:榎津まお(6本/11.8%)
9位:青山ゆかり(5本/9.8%)
9位:榊原ゆい(5本/9.8%)
9位:かわしまりの(5本/9.8%)
9位:金田まひる(5本/9.8%)
13位:佐本二厘(3本/5.9%)
13位:緒田マリ(3本/5.9%)
13位:如月葵(3本/5.9%)
13位:涼森ちさと(3本/5.9%)
13位:深井晴花(3本/5.9%)
13位:成瀬未亜(3本/5.9%)
13位:民安ともえ(3本/5.9%)
13位:吉川華生(3本/5.9%)
13位:大波こなみ(3本/5.9%)
13位:野神奈々(3本/5.9%)
13位:平野響子(3本/5.9%)
13位:春日アン(3本/5.9%)

以上、上位13位(24人)のランキングです。
7/28の7本予定の異常さが数字でも裏付けられた格好です
(ちなみに私は『はぴねす!りらっくす』を購入予定)。
過去のランキングをみていただければ分かりますが
2位以下の出演率10%越えは決して低い数字ではありません。
つーか、十本に一本出ていれば多いに決まっている。
じゃあ1位の安玖深音さんの出演数がどれだけ凄いかと過去を
繙くと2003年下半期の北都南さんが40本/21.3%という数字を
叩きだしていて、これがおそらく過去最高記録だと思われます。
このまま20%のペースを維持し続ければ記録更新も夢ではありませんが
まあ無理だろうな(笑)。

あと上位常連陣では楠鈴音さん、茶谷やすらさんが姿を消しています。
西田こむぎさんのように休業宣言をしているわけではないので
ただ情報公開のスピードの問題だとは思いますが……。