2006年05月24日

気持ちの切り替わり。

先日の練習試合&プライベートリーグを経てこどもたちに変化はあったのか!?

今日は平日練習日。
5時半過ぎに体育館に到着すると、3年生たちの練習が最終盤を迎えている。
中にはまたまた初めてみる顔もいたりしてww
保護者の方もたくさん「お迎え」にこられていた。
で。
ゲーム。
この頃のゲームが一番「遊び」チックでこどもらしいなw

低学年たちが帰った後は、上級生たちのゲーム。
メンバーをどんどん入れ替えながら何本か。
お。
なんか積極性が違うぞ。

日曜日から今日、水曜日の間に「上手く」なるハズなんてないわけで、落ち着いて局面判断するとか、積極的にプレイするとか、そういうところが改善されている気がする。

この間のゲームで消極性を指摘した5年生のひとりは、お母さんを「とっくん」したんだそうだw

うんうん、いい感じ。
この調子で6月の地区大会までいっしょに頑張ろう。



  generated by feedpath

  
Posted by kaim at 23:09Comments(1)TrackBack(0)

2006年05月16日

feedpathから

feedpathからのエントリーの実験。
さて。



  generated by feedpath

  
Posted by kaim at 21:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月14日

世代間闘争。

車で街を走っていると、やたらに目立つようになってきたのが「葬祭会館」という奴。10年ほど前、取引先の石屋さんが
「石屋は儲かる。みんな値切らないから。でも今から10年もしたら値段が安いのをウリにする石屋や葬儀屋がいっぱい出てくるよ。なんせ向こう30年のマーケットが保障されてるんだから。」
と言ってたが、見事的中した。その石屋さんもお寺と組んで霊園開発をして大儲けした。
ベビーブーマー、団塊世代がどんどん高齢化して亡くなるのが今から20年ほどの間。確かに結婚しない人はいても亡くならない人はいないからなぁ。
こんな様子を見ていると、世の中ってつくづく団塊世代中心にできているんだなぁ、と思う。
彼らは大学紛争と称し、左翼思想に雰囲気で傾倒し、騒ぐだけ騒いで何も残さないで「転向」した。
日本の政治や文化に残した傷跡は大きい。今の学生が「スーフリ」でやってるさまを笑えないくらいに大きい。
おかげでカイムたち30代後半の世代は「ゼロ・ジェネレイション」「ニューロストジェネレイション」と呼ばれた。
生まれた時点で為すべきことは何も残っていない世代。
まぁ、団塊たちは彼らの理解の範疇に無いという理由だけで「新人類」なんて呼びやがったけど。
でも日本の「IT社会」のド真ん中に座っているのがその「失われた世代」であることは痛快だ。
団塊にわからないことをいいことに、、団塊Jr.たちに追いつかれる前においしいニッチを占領した。
でも悲しいかな日本は団塊とその子達の国。何でも群れないと行動できない人たちの国。
いま、ネット上でこうして声を上げている人の声は多数決の原理で封殺される方向なのだ。
早く大きくなれ、新人類Jr.世代。  
Posted by kaim at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月28日

コメントスパム多すぎ。

コメントスパム多過ぎ。
しかも特定のエントリーに狙い撃ち。
何か隠しキーワードがあるのかな?

コメント表示を一旦預かりモードに設定しました。
といっても新しいエントリーする気も起きず。

過去ログどこかに移そうかな。  
Posted by kaim at 21:26Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月07日

この3ヵ月あまりの検索ワード。

あまりネタも浮かばないのでこの3ヵ月あまりの検索ワードをランキングしてみる。
更新してないからどんな結果になるのやら…。

1 宮崎勤
2 小林薫
3 白い巨塔
4 青木さやか
5 ライブドア
6 宮崎
7 バスケ
8 ブログ
9 勤
10 ダイナマイト四国
12 ファイブ
13 みんなの滋賀新聞
14 朝日新聞
15 ミニバス
16 宮崎被告
17 加藤千洋
18 球団職員
19 puruto
20 小林
21 卒団記念品
22 ブログタイプ
23 検索
24 若奥様の生下着
25 薫

まったくなんのことやらわからない結果になってしまっておりますw

宮崎勤については触れているサイトがだんだん減っているんでこんな結果になっているんでしょうねぇ。  
Posted by kaim at 21:13Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月05日

お礼。

皆さん、お祝いコメントありがとうございます。
現在別ハンドルで展開中のmixiに熱中しておりまして、チカラの抜けたエントリーが続くかと思いますが(w お暇な時にでもお立ち寄りいただけたらと。
もしmixiでも交流してやってもいいぞ!という方がおられましたらブログTOPに貼っておりますメアド宛てにメッセージください。  
Posted by kaim at 01:03Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月04日

bjリーグ、大詰めです(笑)

日本初のプロバスケットボールリーグとして発足したbjリーグ。
kaimがこちらをお休みしている間にレギュラーシーズンは淡々と進み…

すっかり山場ですw

結局大分にも一度も行けず。
来シーズンこそ観戦しに行こう。

ていうか…
プレーオフは是非ホーム&アウェーで開催してほしい!

  
Posted by kaim at 22:26Comments(0)TrackBack(0)bjリーグ 

2006年04月01日

半年間のご無沙汰です。

みなさま、半年間のご無沙汰でした。
お口の恋人、ロッテがお伝えする「愛と妄想の日々。」
司会のkaimと申します。

いや、生きております。
生きておりますとも。

なんとなく気乗りがせず、半年間も放置しておりましたが、新年度を機会にまた更新を再開したいと存じます。

どちらさまも、以前に変わらぬごひいきをお願いいたしたく…というのはあまりにも厚かましいので、お暇な時に覗いていただける程度にご贔屓にいただけたらと。

まずは生存表明から、「愛と妄想の日々。」再開のご報告です。  
Posted by kaim at 19:41Comments(10)TrackBack(0)

2005年10月01日

月例のアレ。9月は結構動いたYO!

月例の月間検索ワード一覧です。
今回は大きく変動がありました。
それだけアクセスが減ってるってのもあるんだろうなぁ。

1位 朝日新聞
2位 みんなの滋賀新聞
3位 ダイナマイト四国
4位 捏造
5位 青木さやか
6位 宮崎勤
7位 ブログタイプ
8位 プルートウ
9位 郵政民営化法案
10位 加藤千洋
11位 虚偽報道
12位 検索
13位 G'zOne
14位 新聞協会賞
15位 バスケ
16位 ハーレムグローブトロッターズ
17位 菅野美穂
18位 株式会社IBLJ
19位 田臥勇太
20位 白い巨塔
次点 井上雄彦

なんだかやっとログのラインナップに対応した検索ワードになってきた気がするw
ちなみに…当ブログは2001年2月のアタマにスタート以来、今回のエントリーで1402本目。グダグダになりながら5年近くやってます。
カテゴリーとしては国内外問わずバスケ関係、ミニバス関係、マスコミウォッチ(主に朝日)およびジャーナリズムそのもののお話、白い巨塔ネタ、芸人さんや本やマンガのレビュー、その他妄想ネタなどで構成されております。
ちょっとmixiにハマっておりましてこちらの更新はややおろそかになるかと思いますが、今後ともダラダラ続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。
  
Posted by kaim at 21:07Comments(5)TrackBack(14)日常雑感 

2005年09月23日

国民投票法にメディア規制条項はあってはならない!

憲法改正を前提にした国民投票法にまつわる議論が賑やかになってきた。
その中でとってもとっても気になる話が。
毎日新聞の記事によれば、与党の昨年末まとめた法案では、現行の公職選挙法に準拠しながら偏った報道をなどを罰するメディア規制条項を盛り込むとか。
当該記事では「メディア規制」とありますが、条文案では「何人も」虚偽の論評や何やらを禁ずる、とあるそうで。
つまりはその気になればブロガーさんだろうがお手紙だろうが摘発することは理論上可能、だと。「メディア規制」と言いながら実質言論規制。

ダメです。絶対にダメです。

普段左翼系ブロガーさんをお花畑だと揶揄したり、朝日新聞を朝日伝聞と呼び捨てたりするkaimですが、この部分だけは譲れません。

彼らのようにウソや伝聞、デマゴーグを垂れ流し続ける存在も、民主主義の社会にとっては「必要悪」です。
そういう部分こそ「民間でできることは民間に」ですよ、首相。
巷間で奇聞がバッシングされたり、お花畑ブログが炎上するのとは訳が違います。

紋切り型のフレーズで申し訳ないですが人権擁護法の時以上の「言論の自由」の危機です。

*****************************************************************
いちおう表明しておきますが。
kaimは憲法改正そのものには全く異議は唱えません。
健全に議論が行われ、現憲法の定めるルールにのっとって改正が必要と認められたのであれば、今回総選挙で与党が圧勝したような結果になったとしても「アリ」だと思っています。
ポピュリズムで悪い?衆愚政治で仕方ないじゃん、って発想なもので。
ノンポリで済みません。

でもね。
「言論の自由」だけはダメ。
どんなバカな発言だろうが、電波だろうが発する自由はあるべき。
(もちろん発言者はそれ相応の責任を負うべき)
何度も言いますが、言論規制は絶対にダメです。  
Posted by kaim at 22:49Comments(6)TrackBack(15)NEWS 

JAL対シャンソン。

JAL対シャンソンをテレビ観戦。
両チームターンオーバーとイージーシュートミスの応酬。
ミニバスみたいな試合だったw
時折見せる鋭いオフェンスが一層寂しさをつのらせる。
日本最高峰のチームの対戦がこれでいいのか?
オフシーズンできっちり準備する、なんて発想が無いのかも。
まぁリーグ戦序盤も序盤、これからレベルの高いゲームを見せてくれるでしょう。きっと。  
Posted by kaim at 19:52Comments(6)TrackBack(0)国内バスケネタ 

2005年09月21日

なんとか脳をリラックスさせたい。

いや。
今日のは完全に愚痴です。
読んでいただく価値ないです。

結構仕事でストレス溜まっています。
家帰ってmixiでマイミクさんのマイミク辿ったり、コミュ管理人さんのコミュ辿ったりあんまり意味の無いことに時間を割いてしまいます。

参加コミュ138件だって。
mixi上級者の方からみればまだまだ下っ端なんだろうけど、本人は若干何やってるんだ俺状態です。

mixiやブログ関連でお花畑鑑賞ツアーもよくやります。
彼の方々のテキストに多く見られる言葉をひとつ発見しました。

「真実」

彼らはいとも簡単に「真実」という言葉を使います。
「真実」を伝えましょう、「真実」を広めましょう、「真実」を見つめましょう。

沙羅双樹の木の下で寝そべっていた彼ならともかく、凡人にそんなに簡単に真実が見えてたまるか。

うむ。
疲れてるみたいです。
寝ます。  
Posted by kaim at 00:12Comments(2)TrackBack(1)日常雑感 

2005年09月19日

タバコさえなければ世の中丸くおさまるのに。

潜在意識とタバコ」というブログがありまして。
息子さんが家出しちゃってもう大変なご家庭のお話をお母様が切々と書きとめていらっしゃるブログなんですが、これがもう…。
9月8日付けの「やはり問題はタバコ」というエントリーでも家出した息子がお金が無いのをタバコで遣っちゃうせい、と断言。

不謹慎な言い方だがこの母親はこういう偏狭なモノの見方が息子さんをグレさせたり家出させたりしちゃうのかも、ってところに考えが及んでいない。

「タバコさえなければ世の中バラ色!」ってなお花畑な人がここにもいましたよ、ってことで。  
Posted by kaim at 21:36Comments(9)TrackBack(2)日常雑感 

2005年09月16日

田臥勇太、2度目のチャレンジ。

田臥勇太がNBAに2度目のチャレンジ。
つい最近、トロントのトレーニングキャンプに参加、との報道もあったが、今日のニュースではクリッパーズと契約した模様。
火星人ことサム・キャセールなど、バックコート陣の充実した現在のクリッパーズではまだまだ開幕ロスターは難しいものの、また日本人があのフロアに立つ可能性が出てきた。

皆さん、地味に、控えめに、なおかつ熱い応援を彼に!  
Posted by kaim at 19:30Comments(0)TrackBack(7)NBAネタ 

2005年09月14日

「みんなの滋賀新聞」休刊へ。

以前のエントリーで:「新聞という媒体」に現代的価値が残っているのかどうかのひとつの試金石にもなり得る「事件」だとkaimは思う。注目しています。:と述べたけど、残念ながら無期限休刊に追い込まれた模様。

中日新聞:「みんなの滋賀新聞」休刊へ
京都新聞:「みんなの滋賀新聞」休刊へ
asahi.com:「みんなの滋賀新聞」が17日付で休刊へ


3、4ヵ月後の再発行を目指す、とのことだけど、難しいんだろうなぁ。
販売力の問題などもあるだろうけど、単純に捉えると新聞業界のひとつの可能性が潰えたのは事実だと思う。  
Posted by kaim at 21:39Comments(0)TrackBack(1)マスコミ(新聞)について 

政権交代は部屋の模様替えじゃないんだ。

[民主党]岡田代表が最後の会見 「次こそ政権交代を」

民主党・岡田党首の「お別れ会見」でのせりふ。
「次こそ政権交代を」だそうで。

政権交代は単なる部屋の模様替えなどではない。
「ちょっと、ちょっと貸してみて」では自民党は政権譲らないだろ、って話。
例えば純血主義とかいわないで、選挙前から野党連合とかもっと柔軟に対応すればよかったのに。
そうすれば新党・日本の彼とか、国民新党の彼とか、もうすこしダイナミズムを持った動きが出たかもしれないのにね。

一回死なないと民主党は生まれ変われません。
自民党だって副作用で死ぬかもしれない抗がん剤使ったんだから。
できるかもよ。民主党にも。  
Posted by kaim at 09:53Comments(2)TrackBack(7)NEWS 

2005年09月13日

膝痛い。

朝から膝が痛くて武藤敬司みたいな歩き方になってる。
あんまり痛みが治まらないので久しぶりに針治療に行くことに。
それにしてもまるで魔法だね。あれ。
10本くらいの針を痛む右膝の周囲から腰周りまで手早く刺して、電気流して10分強。
ウソみたいに痛みが取れるもの。

…と思って少々重い荷物を持とうと腰を屈めると…。
あっという間に今朝までのあの感覚が再び。

金属疲労みたいなもんで治らない故障。
あと30年くらいは働いてもらわないといけないので、せいぜい節制に努めます。

明日もまた針行こうかな  
Posted by kaim at 13:01Comments(0)TrackBack(0)日常雑感 

2005年09月12日

自民圧勝。

自民圧勝。
多分彼、ゲッペルスの霊が憑いてるな。

それはさておき。
亀井静香。
「かつての仲間に『刺客』を送るなんてひどいわ」
とか女々しいことを言っていたが、政党は仲良しクラブじゃないんだから。
お互いの譲れない部分で折り合えないならそうなるだけ。
あなたは「仲間」じゃなくて「獅子身中の虫」だったわけだ。
あなただって害虫駆除はするでしょうよ。


で、選挙トータル。
投票率がこれだけ上がって、なおかつそれらが自由民主党に流れたとのことだが。
これってはっきり言って政権を担う能力もビジョンも無い民主党が「政権交代」をマジになって叫んだことによって「万一本当に政権交代したらそれこそ日本をあきらめなきゃいけなくなるじゃん」と危機感を抱いた「サイレントマジョリティ」が動いたということなんでしょうね。

アンチに徹して「自民党はダメだ、小泉はダメだ、俺たちはお花畑の住民だ!俺たちには郷土を愛する心なんて不要だぜ!センソーハンタイ!」って叫んでいた方が姿勢がはっきりしてよかったのに。

マトモな野党の無い国の、なんと不幸なことか。
自由民主党の責任じゃないんだよ。
民主、共産、社民の方々。
あなたたちのせいなんだって。この国の行方。  
Posted by kaim at 12:36Comments(4)TrackBack(14)NEWS 

2005年09月11日

前回4位、今回5位。

地区予選最終日。第5シードのチームと対戦して完敗。
そもそもチーム力的には互角以上の相手だったので、きっちりゲームを捌かれるとこうなる。致し方ないか。
順位決定戦にまわり、第8シードを3点差で辛くも逃げ切り。
5位6位決定戦では第6シードと対戦してダブルスコアで勝利。
はっきりいってウチのチーム、強いんか弱いんかようわからんw  
Posted by kaim at 21:35Comments(0)TrackBack(0)ミニバス 

2005年09月09日

チームの一員であるプライド。

pride
昨年は選手の卒業記念品に使ったケータイストラップ。
チームのユニフォームに自分の背番号が入ったオリジナル。
最後の大会へ向けてチーム一丸でゲームに挑む気持ちを込めて、早めにプレゼントすることにした。
今年は奮発して保護者の方にもこどもさんの背番号が入ったものをそれぞれプレゼント。
応援してくれるお父さん、お母さんも一緒にゲームを楽しむチームの一員だもの。  
Posted by kaim at 00:15Comments(2)TrackBack(1)ミニバス