2005年03月31日

契約不履行なら返金だろ?【朝日伝聞定期便】

先ほどのエントリーにさらに追記。

週刊朝日は2000年から2001年の間53回に渡って連載されたグラビア企画の編集協力費として5000万円を受け取り、連載終了後の写真展か写真集で武富士の協力があったと明らかにする「約束」だったらしい。

口約束だったんでしょうか。誰と誰の。
それとも朝日伝聞社は担当者が異動になれば契約に知らぬ存ぜぬを通す会社なのでしょうか。
朝日伝聞の記事によれば5千蔓延は「正規の手続きを経て出入金されている」とのことですが、何がどう「正規」なのかを説明いただきたい。
また、「両者は当初の約束だった写真集を出版する方向で話し合いを進めている」とのことだが、いつからどんな話し合いをしているんでしょうか。
連載終了後丸4年も話し合い?「世界の家族」連載当時から世界情勢は随分変わっていますが、ネタ腐ってしまってるんじゃないですか?
もしかして週刊文春に掲載されることが発覚してから打ち合わせし始めたとか?

本沢義雄朝日伝聞社取締役の言う通り「ウラ広告費」や「闇金」で無いとすれば、これまで4年間どんな風にこの金と契約書が取り扱われていたのかを説明いただきたい。

思い切っていっちゃえ。
そういうところがブラックジャーナリズムだって言われてるんだってば。  

Posted by kaim at 21:34Comments(8)TrackBack(6) マスコミ(新聞)について 

黒く塗れ!【朝日伝聞定期便】

すっかり出遅れてしまいましたがこのニュース。
kaimの行きつけではこんな感じで紹介されていました。
Birth of Bluesさん「朝日新聞 検閲アゲイン ブラックジャーナリズムは困ります
CNNさん「文春広告の一部を黒塗り 協力費報道で朝日新聞
猫手企画さん「塗っちゃダメだよ:朝日新聞

もうニュースそのものについては皆さんにコメントされているので敢えて違う視点で。
  続きを読む
Posted by kaim at 21:10Comments(13)TrackBack(19) マスコミ(新聞)について 

2005年03月30日

日本バスケットボール協会がプロ化の答申へ 。

昨日は遅くまで飲んでいたものでチェックし損ねていたニュース。
bj days」さんトラックバックありがとうございます。

07年にプロ化目指す=日本協会検討委の最終答申−バスケット男子(スポナビ:時事通信)

日本バスケットボール協会がプロ化の答申へ(朝日伝聞:livedoorスポーツ)

検討されるプロリーグでは、先行するbjとの合流も視野に入れている模様。
ただ、スーパーリーグ加盟各企業は企業名を外すことに難色をしめしているとのことで(このあたりはJリーグ発足の時と同じだ)協会がどうリーダーシップを取っていくかが問われる。
そんなリーダーシップあるわけもないが。

さて、次は代表監督問題か・・・。  
Posted by kaim at 12:07Comments(0)TrackBack(11) 国内バスケネタ 

2005年03月28日

読み換え奨励【朝日伝聞定期便】

まずはこちら一連のブログをお読みください。

不可視型探照灯さん「確かに「違法」ではないが、「暇があれば海賊版DVDを購入する」と公言する朝日新聞記者
同じく不可視型探照灯さん「プロフィールから消去された、「暇があれば海賊版DVDを購入する」という言葉
Ikaga?::MTさん「朝日新聞上海支局なら海賊版DVD買い放題
幻影随想さん(別館)「なんてネタに困らない新聞なんだろう
13Hzさん「海賊版のDVDを購入する朝日新聞記者
As Likeさん「朝日新聞塚本和人が海賊版DVD購入している件について
非学問的メディア放言さん「 違法行為?海賊版を購入する朝日新聞記者

「しがない記者」藤井満記者、「禁止はおかしい、裁判で争う」山田遣人記者、「元祖捏造」本田雅和記者ら綺羅星のごとく存在するタレント揃いの朝日伝聞の記者ラインナップにまた新人が登場しました。塚本和人記者、あなたのお名前は決して忘れません。

それにしても電突の内容が凄まじい。
白々しくサイト内容を改竄して後ろめたさを感じているのがアリアリながら、「犯罪の恐れ」は「恐れ」だから「問題ない」のだそうだ。

朝日伝聞の読者の皆さん、朝日伝聞の記事に「××の恐れがある」と書いてあった場合、「まったく問題ない」と読み換えてください。
これは朝日伝聞本社見解です。  続きを読む
Posted by kaim at 22:41Comments(0)TrackBack(6) マスコミ(新聞)について 

ライブドアとフジテレビの顛末を名作「白い巨塔」になぞらえて語る。

ライブドアとニッポン放送、フジテレビ、ソフトバンクなんかの話を、フジテレビ開局40周年記念ドラマで名作の呼び声も高い「白い巨塔」になぞらえて語ったら面白いのではないか…と思いついた。
昼間、営業先を車で巡回している時のことだ。
財前、鵜飼、里見、東、ヤナ…。
練り込む事ができず面白いエントリーに仕立て上げる自信無し。
誰かが先にやっちゃうと悔しいので思いつきだけエントリーw

ちなみにかつて「愛と妄想の日々。」を一手に支えていた(笑)「白い巨塔」関連のエントリーはこちら。
「愛と妄想の日々。」『白い巨塔』カテゴリ
  
Posted by kaim at 21:35Comments(0)TrackBack(3) 日常雑感 

またJABBAか。

地方振興費支給を2年間見合わせ=バスケット協会
日本バスケットボール協会は27日、都内で理事会と評議員会を開き、来年の男子世界選手権(さいたま市など)の予算確保のため、協会からの地方振興費(年間総額5000万円)支給を2年間見合わせることを決めた。
 同選手権の予算確保に関しては、全国の登録者(個人とチーム)から登録料1年分相当の協力金を募る理事会案が、地方協会の反発で撤回を余儀なくされた。2年間で1億円を捻出(ねんしゅつ)する今回の措置は代替案の1つだった。
 また、本来3月に行う役員改選を6月の評議員会まで延ばすことを了承。決定が遅れている女子日本代表監督については進展がなかった。(時事通信:スポナビ)

今回の決定を行った役員の皆様方の名簿は次の通り。
平成15・16年度 財団法人日本バスケットボール協会役員名簿
よーく覚えておきましょう。

プロ化でも結論を出せていません。(bjは既にスタートを切ってしまいました)
世界選手権の予算においては協力金の供出を提案し、断念し、地方振興費のカットを代案として機関決定しました。(お金を外部から集める算段は、無しです)
全日本女子監督の件では、結論を出す、ビジョンを示す、といいながらどうやら何も考えていないようです。
しかも役員改選まで頭からすっ飛んでいたようです。(それとも???)


広報・強化といった企画力も必要な仕事が協会に無理なのは十二分に理解しました。
でもね、会議日程や懸案のタイムスケジュールくらいちゃんと守れよ。  続きを読む
Posted by kaim at 12:39Comments(0)TrackBack(5) 国内バスケネタ 

【続報】僕はこどものためだと信じている。

先週のエントリー「僕はこどものためだと信じている。」では、りんじぃさん、ジャッキーさん、カーティスさんから貴重なご意見・激励を賜りました。
ありがとうございました。
あと、身近なところで「名も無き…」さんからもご意見を賜りました。
ご心配ありがとうございました。

結果から言うと、まず「彼女」は元気で昨日の練習に参加していました。
いつも通りチャレンジし、いつも通り失敗し(笑)、いつも通り声を出し…。
トモダチや保護者の方からのお話の跡が伺えたのは、彼女がカイムの指示をきちんとこちらを向いて聞いてくれたことでした。

また、その指示内容にも積極的にチャレンジしていました。

他の選手や保護者の方からも色んな声を聞かせてもらえました。

カイムとしてはこれまで以上に選手と向き合い、また自分のスタンスをきちんと保護者の方に伝え、理解していただく努力をしたいと思います。

正直、昨日の練習に行く前は、「彼女」が練習に来てなかったらどうしよう…とかなりブルーだったのですが、その彼女の元気な姿にカイム自身が救われています。

さて、今週末は新入部員とその保護者の方とのミーティングが待っています。
今回の件から逃げず、しっかりお話してバスケを楽しんでもらえるよう、努めます。  
Posted by kaim at 12:25Comments(9)TrackBack(1) ミニバス 

2005年03月26日

【追加掲載】愛媛県松山市にもプロチーム発足の動き【bjリーグ】

先ほどのエントリーに追加。
愛媛新聞に掲載されていた記事を転載。

目指せプロバスケ加盟 松山にチーム運営会社 28日設立 07年目標選手発掘
  続きを読む
Posted by kaim at 16:00Comments(0)TrackBack(0) bjリーグ 

愛媛県松山市にもプロチーム発足の動き。

今朝の愛媛新聞によると、愛媛県松山市で2年後のbjリーグ加盟を目指してチーム運営会社が発足したようだ。
会社名は「ファイブスターズ」。
大分ヒートデビルズのHCに就任する元NBAプレイヤー、ジョワン・オールドハム氏も同社所属になるとか。

今後は2007年のプロチーム発足を目指し、松山市、熊本市、岐阜市などでイベントやヒートデビルズとの交流戦などを開催するとのこと。

kaimの地元でのこうした動き。
できることはなんでも協力していきたい。
  
Posted by kaim at 14:04Comments(9)TrackBack(3) bjリーグ 

2005年03月25日

萩原HC案は正式にお流れに。

もう何も言いますまい。
「バスケットボールの全日本女子監督問題」において正式に萩原HC案はお流れとなりました。
※スポナビに載ってます。リンク貼るのもめんどうだ…w

まずは女子強化部会全員辞職だろ。
しかも萩原氏の言葉によれば「(代表や強化の)システムや体制に関して、協会の方から具体的に示してもらえなかった」とのことで、ビジョンや方向性の違いなんてレベルの高いものではなかったこともはっきりと判明。
監督のタレントに任せてしまおうという、JABBAの甘い目論見は崩れ去ってしまったわけだ。

で、新たな人選には今日25日から入ったらしい。
悠長な仕事だこと。

さらに、新監督の条件は「専任で務められる」「女性指導者」なのだそうで。
記事によれば「当初条件として挙げた(挙げていた?)」という「女性指導者」ってのはごめんなさい、kaim初耳です。
ならその時点で内海は外れてるじゃん。
しかも「日本人が望ましい」とかいうのコメントし忘れてるし。(記事から漏れただけかもしれないが)

記事が全部本当だとして、Wリーグの日本人女性指導者で自チームを離れることができる人って誰がいるんだろう。
炭田さん?甲府辞めないよねぇ。

【誤読してました】午後9時半追記。
記事を誤読してました。女性や専任だという「条件」は、これまでの話でした。要は「萩原に断られたから条件なんてどうでもいいや」ってことみたいです(笑)。  
Posted by kaim at 20:54Comments(0)TrackBack(4) 国内バスケネタ 
   次のページへ
このページの上へ▲