中央工学校 模型同好会

中央工学校 模型同好会 略して「ガンプラ倶楽部」 の活動を報告、と言ってもガンプラ以外のものも多いんだけどね。

切り口を復元していきます

今日は、この間切断したサイコミュ試験型の腕の切断部分を復元していきます。

IMG_0937
上腕のひじ部に、切断した丸いやつを接着します。
一応、関節は可動しておきますが、完全に接着して固定してもいいでしょう。
そして、その先端に1mmプラ板を貼り付けておきます。

前腕部は切断部に大穴が開いてしまっているので、切り口を金ヤスリで成形し、平らにしてから1mmプラ板を貼り付けておきます。

どちらも、プラ板を大きめにカットしておいて、接着が乾燥してから金やすりで修正するようにしておきます。

IMG_0939
もう片方の腕は、普通に挟み込み後接着です。

一応、上腕の方5mmプラパイプを取り付けて、前腕には5mmの穴をあけておき、見た目には合体できるようにしておきます。

サイコミュ試験型なので、はじめから分離できるようにしておいて欲しかったな・・・

つづく

サイコミュ試験型なんだから

今日はサイコミュ試験型の腕の修正です。

IMG_0934
腕のパーツです。
見ての通り、ひじ関節と前腕部分ですが、一体成形でくっついています。
普通ならこれでOKですが、こいつはサイコミュ試験型、ジオングと同じように前腕から先は分離して飛ばさなければ!

IMG_0935
ということで、エッジングのノコを駆使して切り離します。
切断した半分を捨ててしまうなら楽なのですが、切断した部品を両側とも使用するので、なるべく丁寧に切り離します。

IMG_0936
そして、ひじ関節の部分を復元していきますが、今日は裏側に1mmプラ板を貼り付けて終了です。

腕は元に戻るのだろうか?

つづく

ウエストをダイエットしましょう

久しぶりにサイコミュ試験型に帰ってきました。

旧キットは、けっこう横幅が太いものが多く、このザクもそんなキットの一つです。そこで、少しでも削れるところは削っていきたいと思います。
詰めます。
IMG_0930
まずは、一番厄介な腰のスカート部分です。
お尻の部分は、中央部分を幅で4亠佑瓩泙后切断した後は幅が分からなくなるので、あらかじめケガキを入れておきます。

IMG_0929
前の部分は、中央に平らな面があるので、その部分を残して、ふんどし部分の左右各2个鮑錣衢遒箸靴泙后
これでウエストは幅4亠佑瓩蕕譴泙后

IMG_0931
切断後にマスキングテープで仮止めして立たせるとこんな感じです。
元の写真が無いので分かりにくいですが、だいぶスリムになってます。

もう少し細くしたいところもあるのですが、これ以上は中に入る太ももから細くしなければならないので、今回はこの辺にしておきます。

IMG_0933
そして、スカートが4个盧戮なったので、胴体部分との合わせ目にズレが出てしまうので、脇腹部分も幅を詰めていきます。

あとは、どこをダイエットするかな。

つづく

下書きに沿ってめくっていきます

今日は、前回書いた下書きに沿って、カッターの刃を入れていきます。

IMG_0907
丸く下書きがあったら、内側から外側へ0.5〜1mmくらいめくり上げるように切り込んでいきます。

IMG_0908
あんまり強く切り込むと、そのまま切り落としてしまうので、切り落とさないように丁寧に進めていきます。

IMG_0911
それを全身に施していきますが、結構地味に時間のかかる作業です。
切込みを入れた後は、タミヤパテをうすめ液で溶いて、めっくた部分の内側に塗っていきます。

もう、大体察しが付いているかと思いますが、出来上がってのお楽しみです。

つづく



下書き

今日は、MGのザクに下書きを入れます。

IMG_0682
鉛筆で模様を入れていきます。

IMG_0685
外装の角部を中心に、ランダムに描きます。
足部には多めに、

IMG_0684
頭部などは少なめに、

何をやっているかは、バレバレのような気もしますが、あとは完成してのお楽しみ。

つづく

クラブ説明会開催

毎年恒例、新入生対象クラブ説明会がありました。

IMG_1315
学校全体としては20近いクラブがあり、あるものはステージでスクリーンに写真や動画を見せながら、あるものはテーブルで説明を実施します。

IMG_1313
説明を聞きに来た新入生です。
ホールは学生さんでいっぱいです。

IMG_1319
我が、模型同好会のブースで、座っているのは部長です。
かなり閑散として寂しい感じもしますが、これは会が始まる前の準備のときの写真です。

最終的には4名の学生さんが説明を聞きに来てくれました。
今年の進入部員は少ないかな?

つづく

地面を作ります

やっと構想が煮詰まってきたので、MGザクに戻ります。
どんな構想かはお楽しみというところで、

IMG_0672
まずは、立てひざをついたザクを中心に、スタイロンフォームを配置していきます。
廃材のスタイロンフォームがいっぱいあったので、スタイロンフォームを使っていますが、発泡スチロールでもOKです。

IMG_0673
ザクが谷間に入るような感じにレイアウトします。

IMG_0674
レイアウトが決まったら、木工用ボンドで固定しておきます。
ジオラマは、150×200mm のサイズまでOKですが、大きすぎると間延びするので、今回は 150×150mmくらいの、少し小さめのべニアを使ってます。

IMG_0675
そしてセメントを入れます。
セメントは、水を入れすぎると盛りにくくなるので、少しづつ水を入れて、なるべく硬めに溶いてます。
べニア板外周5mmくらいには盛らないようにしますが、型枠までは組んでません。まあ、だいたいで。

IMG_0678
セメントを盛り付けたら、いつものように再びザクを乗せます。
足型を付けて、ジオラマにフィットさせるのが目的です。

IMG_0679
10分くらいで外すとこんな感じです。
外すタイミングを間違えるとめんどくさいので気を付けてください。中には完全に固まるまで、1日おいてしまう人もいますが、完全に固まると取れなくなるので、せっかく作った地面が割れたりするので要注意です。

この段階で、どんな作品か卒業生にはバレバレだった!

つづく

サイコミュ試験型ザクです

いろいろなキットが作りかけの状態ではありますが、今日はこれ、

IMG_0661
旧キットの 1/144 サイコミュ試験型ザク です。
もちろん、オラザク用です。

IMG_0662
うわー、感動的!
腰に入るロケットノズルは、真ん中から二つ割りだ!
今どきのキットではお目にかかれない、大胆な設計です。

IMG_0664
とりあえず、接着するものは接着していきます。
とにかく、継ぎ目を消す部品はどんどん接着していこう。

IMG_0665
そうでないものは、切り離すだけ切り離します。
旧キットは部品数が少なくていいね。

こいつのプロポーションはどう直していくかな?

つづく

オリジン版はカッコいいね

今日もオリジン版のシャアザクです。

IMG_0650
とりあえず、仮組みが完成しました。
オリジン版のザクは、重量感あるプロポーションでカッコいいですが、値段もそれなりです。

でも、こっちも構想が決まってないので、しばらく考えます。

つづく

もう1つ、ザク

MGのザクの構想が決まらないので、今日はもう1つ、

IMG_0647
ジ・オリジン版のMS-06S シャア専用ザクを組んでいきます。

IMG_0649
こっちも、ゲート処理をしながら組んでいくと、1日では仮組みすら終わらない・・・

何気に、シャアザクを組むのは小学校以来だな。

つづく
ランキング
人気ブログランキング
クリックしてランキング
  アップに協力ください。
中央工学校 のblog
mdk_banner
卒業生のblog
img9c4308f1zik9zj
yuru-banner
bb_banner
tcs_banner
bana-


中央工学校 同窓会
工友会200
Categories
Archives
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ