今日は、この間切断したサイコミュ試験型の腕の切断部分を復元していきます。

IMG_0937
上腕のひじ部に、切断した丸いやつを接着します。
一応、関節は可動しておきますが、完全に接着して固定してもいいでしょう。
そして、その先端に1mmプラ板を貼り付けておきます。

前腕部は切断部に大穴が開いてしまっているので、切り口を金ヤスリで成形し、平らにしてから1mmプラ板を貼り付けておきます。

どちらも、プラ板を大きめにカットしておいて、接着が乾燥してから金やすりで修正するようにしておきます。

IMG_0939
もう片方の腕は、普通に挟み込み後接着です。

一応、上腕の方5mmプラパイプを取り付けて、前腕には5mmの穴をあけておき、見た目には合体できるようにしておきます。

サイコミュ試験型なので、はじめから分離できるようにしておいて欲しかったな・・・

つづく