昨日で決勝トーナメントの1回戦が終了し、ベスト8が出揃いました。

準々決勝組み合わせ
●ドイツ−アルゼンチン(6月30日24時)
●イタリア−ウクライナ(6月30日28時)
●イングランド−ポルトガル(7月1日24時)
●ブラジル−フランス(7月1日28時)

という風になりました。なんというか順当すぎやしませんかw ただスペインが消えたのが残念でなりません。やはり上にいけない運命のチームなのかw スペインらしいと言えばらしいんだけど。まあフランスが1次リーグとは全く違うチームになってましたから、ブラジルとの対戦が面白くなりそうではあります。なんといってもジダンを観れる最後の大会ですから。

準々決勝屈指のカードは、ドイツ−アルゼンチンですな。どれをとっても良いカードなんですけど、これはめったに見れない好ゲームになりそうな予感がします。勢いがあるドイツと、完成度の高いアルゼンチンの対決。ワクワクしますな。

それにしてもようやく自分も休息が取れますよw

2006FIFAワールドカップオフィシャルサイト >>




タグ


シェアする