ドイツ代表 1(PK4−2)1 アルゼンチン代表
正直言って、このカードは準々決勝では観たくなかったなー。という素晴らしいカード。

前半は、両者が両者の良さを消す展開。どちらも攻守の切り替えが早く、シュートシーンがほとんどない、濃密でレベルの高い展開。前半はスコアレスで終了。

後半、開始早々にCKからアジャラが決め、アルゼンチン先制。そこからドイツの猛攻。そんな中、アルゼンチンのGKアボンダンシエリが負傷交代というアクシデント。これは痛かった。

ペケルマンは、リケルメを下げカンビアッソを投入する。守備を考えた交代。逆にクリンスマンは、オドンコールとボロウスキーという攻撃的な選手を投入。

この采配が当たったのはドイツ。クロスからボロウスキーがヘッドで流し、クローゼが同点弾をゲット。その後も攻めあうが、得点は入らず延長戦へ。

延長戦はアルンゼンチンのペースだったけど、最後の所で決めきれずでした。PK戦は、レーマンが2本止め、ドイツが準決勝進出を決めた。

まさに死闘でしたね。後半以降は前半とはガラッと試合内容が変わりましたが、とても見応えがある、レベルの高い試合でした。アルゼンチンの敗退は残念ですが。ドイツはこのまま決勝に行きそうですね。

スペインとアルゼンチンが敗退してしまったので、今後はドイツを中心に観ていこうと思いますw ブンデスを見ていたので思い入れもありますし。特にブレーメンの選手に。

2006FIFAワールドカップオフィシャルサイト >>




タグ


シェアする