ブラジル代表 0−1 フランス代表
一番の優勝候補のブラジルとジダンに有終の美を飾らせたいフランスとの対決。

ブラジルはアドリアーノを下げ、ロナウドの1トップって感じだったですかね。ロニーを前で使ってた。前半はそのシステム変更によって、ブラジルは全くリズムを作れず。逆にフランスのペースでした。本当に別のチームになってるなフランス。前半はスコアレスで終了。

後半、57分にジダンのFKからアンリが裏を抜け出して、先制点を決める。ブラジルの守備が集中切らしてましたね。

アドリアーノを投入してから、ブラジルはリズムを取り戻したんだけど、フランスの守備が阻み続ける。シシーニョ、ロビーニョを投入して、打開を図るも、最後まで敗れず。ブラジル敗退。

自分たちのサッカーを全くできなかったブラジル。結局最後までらしさが見れなかったな。この試合には関しては、采配ミスかなー。ロニーも最後まで輝けなかった。バロンドールを取った選手が活躍できないジンクスは続いてしまいましたね。

フランスは、輝きを取り戻した感がありますね。ジダンなんかまだまだやれるやんって感じですよw

2006FIFAワールドカップオフィシャルサイト >>




タグ


シェアする