2006年11月26日

バンキシャでも紹介のさんま寿司と生さば寿司

今日、日テレの「バンキシャ」で、福井の「さんま寿司」が紹介されます。

さんまの寿司ってめずらしいですよね。

この「さんま寿司」を作っているのは、福井にある「四季食彩 萩」という懐石料理のお店です。

このお店は生さば寿司でものすごく有名なお店で、この鯖寿司は、ヤフーショッピングのランキングでも常に上位にランクされているお店です。

海王もよくお店に行きますが、福井の旬の素材を使って、素材の持つ味を素直に引き出した料理にいつも満足しています。

「さんま寿司」についてもっと知りたい方はこちら

限定商品ですので、興味のある方は早めにチェックしてくださいね。



2006年08月09日

キス釣り好調!

キスの投げ釣りが依然好調です!

bouhatei

 

 

 

 

 

 

この間の日曜日、また投げてきました。

この日は6時起床、7時釣り場着と、少し寝坊してしまい、朝の時合を逃したこともあって、釣果はそれほど伸びませんでした。

が、型はなぜか結構良く、このぐらいのサイズが結構釣れました。

kisu

 

 

 

 

 

 

暑くなって、あたりも遠のいたお昼ごろ納竿。今回は約20匹くらいの釣果でした。

kisu2

 

 

 

 

 

 

で、いつものようにてんぷらにして食べるわけですが、今回は、前から欲しかった出刃包丁を購入!

刃物の産地として有名な、地元福井の旧武生市(現越前市)産の出刃包丁です。

deba

 

 

 

 

 

 

いざ魚をおろしてみると、これが切れる切れる!

あまりに切れるので、魚の身を切りすぎちゃいました。(笑)

 

というわけで、今回のてんぷらはちょっと薄身。

 

包丁は料理の基本ですが、やっぱり、魚をおろすときは出刃がいいですね!

切れ味はもちろん、料理してるっていう気持ちになります。

 

武生は、関などとならぶ刃物の産地なのですが、地元でつくっている刃物っていうのはやはりイイものです。

 

近くに海があって、キスが釣れて、よく切れる刃物も手に入る。

うーん、福井って最高!



kaiou7 at 04:13|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!キス 

2006年08月02日

キス30匹をてんぷらで食べました!

bouhateiこんばんは。海王です。

この間の日曜に、再度キスに挑戦すべく、福井新港に行ってきました。

4時におきて、5時には現地到着。

えさは石ゴカイ。天秤は海藻天秤の10号。仕掛けは、6号の3本針です。

 

ワクワクしながらキャストすると、すぐに1匹目が釣れました。

kisu

 

 

 

 

 

 

その後、3投に1匹くらいのペースで釣れてきて、昼近くには全部で30匹くらい釣りました。

kisu2

ただ、この場所は、ちょっとサイズが小さいのが難点ですが・・・。

 

 

 

 

 

家族4人分の食材は十分確保できたので、昼過ぎに納竿。

家に帰って、30匹のキスを捌きます。

我が家には、3徳包丁しかなく、しかも、砥石がなくて、最近は研いでいないため、中骨を取るのに結構苦労しました。

こんなとき、よく切れる出刃包丁があったらいいなと思いながら、キスと格闘の末、やっと全部捌き終わりました。

次に、小麦粉に卵をまぜ、氷水で冷やしておいたものに、おろしたキスをつけて、てんぷら油で揚げました。

tenpura

 

 

 

 

 

 

これを、てんつゆではなく、粗塩で食べると、最高にうまかった。

キスの上品な味を満喫できました。

キスの調達の方は問題なくなってきたので、次回はてんぷらの揚げ方と、塩にこだわってみたいと思っています。

地元でとれた魚を味わう。子供だけでなく、大人にとっても最高の食育だと思いました。

人気blogランキングへ←参加しています。



kaiou7 at 21:21|PerlmalinkComments(4)TrackBack(0)clip!キス 

2006年07月27日

きすの「てんぷら」ではなく「フライ」

rod海王です。

先週の日曜に防波堤に釣りに行きました。

今の時期の狙いはもちろん「キス」。

当日は、家族連れもきていて、防波堤はかなりにぎわっていました。

 

 

実は、キスってほとんど釣ったことがないのですが、どうしてもてんぷらにして食べたかったのです。

「てんぷら。てんぷら」

と心の中で叫びながら、しかけをなげていると、「ブルルン」というあたりが。

わくわくしながら巻き上げると。

 

aji

キスちゃんにご対面。

まあまあのサイズです。

 

その後もっと釣ろうと、何回も投げるのですが、あたりはあるものの、ハリにかからない。

 

 

このままでは、こんばんのおかずがさみしいので、急遽アジ狙いに。

 

サビキにアミかごをつけ、アミえびをいれてしゃくると、食ってきました。

20センチくらいのやつです。

kisu

 

 

 

 

 

 

これを20匹ほど釣って、家族4人分の晩御飯は確保したので、再度キスを狙いました。

が、今度はあたりも遠のいたので、昼過ぎに納竿。

釣果は、キス 3匹 アジ 20匹

でした。

で、今日の食材を家に持って帰って調理。

さすがに3匹でてんぷらはできないので、キスもアジといっしょにフライにして食べました。

感想ですが、キスはやっぱり淡白なので、てんつゆにつけて食べるてんぷらのほうがおいしいですね。

とはいえ、アジのほかにキスも制覇したので、次は、刺身で食べられる魚を狙いたいと思っています。

ヒラメかイカなんかを。

それにしても、釣りたてを自分で料理するとやっぱりおいしいですね。

子供達も「おさかなのコロッケ!」なんていいながら、全部たいらげ、海王の分も食べるくらいの勢いでした。

 

今回の釣行&料理も大満足の海王でした。



kaiou7 at 02:01|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!キス 

2006年07月25日

「食」にこだわりを

「ほんとうにおいしいものを食べていますか?」

 

はじめまして。海釣り大好き「海王」と申します。

海王が海釣りにはまった理由は、「釣った魚を自分で料理して食べたい」と思ったからです。

 

初めて食べたのは、釣った「アジ」のフライでした。

これが、めっぽううまかった。

 

2人の子供と妻も「おいしい!おいしい!」といって、嬉しそうに食べてくれました。

 

「アジってこんなにおいしかったんだ。」

 

海王は感動しました。

 

「魚を釣るのも楽しいけど、釣った魚を食べるともっと楽しい!」

「自分がつくった料理をおいしく食べてもらえるとうれしい!」

「新鮮な食材は、特別に調理しなくても、素材そのものが充分においしい!」

 

このことに気づいた海王は、一人でも多くの人に、ほんとうの「食」の楽しさを体験して欲しいと思いました。

 

なんでもかんでも「安いもの」を選ぶようになってしまった今の時代、人が生きるうえで一番の基本となる「食べること」をもっと見直してみませんか?



カウンター
福井の新名物「生さば寿司」
食材の注文は楽天カードで
参加してます

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
livedoor 天気