ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへNO!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック)
ブロードバンドの普及により、1億総チクリ時代に突入。従来はスルーされていた地方のテレビやラジオ番組の不祥事も、瞬く間にネットに乗って映像や音声が拡散して日本中に知れ渡り、著名人が謝罪や謹慎に追い込まれることも少なくない。この影でタレント達は恐怖しているのだろうか。 → ranking
先日、大阪のラジオ番組にゲスト出演した落語家の桂ざこば(61)が、タレント・北野誠(50)の無期限謹慎処分に関連して、大手芸能事務所を連想させる言葉を絶叫するという一幕があった。これまでなら大阪ローカルのラジオ番組での“放言”としてスルーされていたところだが、今回はそうはいかなかった。

番組を録音していたリスナーの1人が、すぐに動画投稿サイトに音声をアップ。アクセス数は数時間で10万を突破した。投稿された音声は、著作権者である放送局の申し立てでいったん削除されたが、すぐに再投稿→削除された。現在はロシアの投稿サイトにアップされており、ネット上から音声を完全に消すのは不可能に近い。

桂ざこば“北野誠”に禁句エール「バー○ング!」【音源有】 局アナも凍りつく・・・ ネット反響まとめ

倖田來未の「羊水発言」や、テレビ番組で殺人事件の被害者家族を犯人扱いしたみのもんた、バラエティー番組で局部を露出した笑福亭鶴瓶の失態なども、すべてネット上で確認できる。

【トレビアン】倖田來未がラジオで問題発言!? 「35歳になると羊水が腐ってくる」ranking

「35歳で羊水腐る」発言 倖田來未がTVで謝罪【動画】 → ranking
「35歳で羊水腐る」発言 倖田來未がTVで謝罪【動画】 → ranking
「35歳で羊水腐る」発言 倖田來未がTVで謝罪【動画】 → ranking

香川3人行方不明事件で、みのもんたがズバッと問題発言!?ranking

笑福亭鶴瓶の数々の失態ranking

著名人ではないが、東京・秋葉原の連続殺傷事件の際、現場リポートするキャスターの背後でハシャギまわる観衆の映像が繰り返し投稿され、その不謹慎な態度に批判が集中。一部の個人情報が特定される事態もあった。

著名人をおとしめる目的で、誤解を招くような発言部分だけを切り取って投稿されることもある。かつて、お笑いタレントの松本人志がラジオ番組で硫化水素自殺者を冒とくしたとする発言がネットに流れたが、これは前後の発言を意図的にカットしたもので、松本の発言趣旨はまったく逆のものだった。このときは、真相を確認しないまま安易に報じたネットメディアが、猛烈な“逆批判”にさらされるという結果を招いた。

松本人志が硫化水素自殺で「放言」 「アホが死んだら別に俺はええねん」ranking

松本人志「放送室」第345回(硫化水素発言は31分辺り) → ranking
松本人志「放送室」第345回(硫化水素発言は31分辺り) → ranking
松本人志「放送室」第345回(硫化水素発言は31分辺り) → ranking

ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「とくに芸能人の話題は、誰もが共有しやすいことからネット上で『祭り』のターゲットになりやすい。番組での発言を常に監視するネットユーザーもいるほど。桂ざこばさんがどういう意図で発言したのかは分からないが、反響の大きさはご自身の想像以上だったでしょう」と話す。

井上氏自身、ラジオ番組でのちょっとした発言がネットにさらされたことも少なくないという。同氏の場合は、これまでの経験から「無視するか釈明するか」が判断できるようになったというが、ほとんどの著名人は番組出演の際にネットのことなど意識しない。とくにラジオ番組はスタッフも少ないため、身内意識が高まり“放言”が飛び出すこともままある。DJとリスナーが和気あいあいとハガキをやり取りしていた昔とは、もう違うのだ。

(引用元:http://www.zakzak.co.jp/gei/200904/g2009041712_all.html)

ネットが身近になったことによる数え切れないほどの利点がありますが、逆に難しい部分もあります。
情報を共有できることは便利ですが、特に有名人にとっては厳しい時代ですね。


2ちゃんねる名言集 → hiroba



倖田來未のブログを読むなら → 芸能人ブログ全集
グラビアタレントの画像を探すなら → 芸能広場
ジャニーズのウワサは → 芸能界のう・わ・さ!!

【今日の気になるニュース】
押切もえと巨人・野間口貴彦投手の交際は順調!沖縄料理デート
芸能ランキング11位 レッツ芸能ニュースさん
貫地谷しほりとDAIGOが7月に結婚!?「週刊文春」が報じる
芸能ランキング17位 ワイド芸能ショーさん