越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

今、私が漁で捕っている太刀魚(タチウオ)

実のところ、この「タチウオ」という言葉がしっくりこない・・・

というより、こんな気取った呼び名よりも、物心付いた頃から慣れ親しんだ「カタナ」という呼称の方が断然ナチュラルに感じる。

「三つ子の魂百まで」
とは良く言ったものですね


さてさて、梅雨も中盤に差し掛かった今日この頃。
7月に入るとここ糸魚川では、各地で祇園祭が執り行われます。

どの地区も少子高齢化による人口の減少などの影響により昔ほどの華やかさはなくなりましたが、今もなお大切なお祭りであることには変わりありません。

そんな祇園祭に各家庭で振る舞われるごちそうが「笹ずし」。
糸魚川を代表する郷土料理の一つでもあります。

IMGP4784_R
私が住む浦本地区では7月の第一日曜日(昔は7月14日)に祇園祭が開催されますが、それを前に典型的な漁師家庭である我が家に伝わる「笹ずし」を作ってみました。

糸魚川市内では、各地毎にそれぞれ特色のある「笹ずし」が伝承されているようですが、漁師町である浦本の「笹ずし」は今が旬の「カタナ」が主役
IMGP4765
IMGP4753_R
醤油と砂糖で甘辛く味付けした『そぼろ』は勿論のこと、ひときわ色鮮やかな『桜でんぶ』も「カタナ」から作製。
我が家に嫁いで約半世紀の母親から昔ながらの製法を聴き、手取り足取り教わりながら作りました。

IMGP4772_R
IMGP4783_R
その「笹ずし」を綾取る具材は『カタナのそぼろ『カタナの桜でんぶ』の他に、『錦糸卵』『シイタケの煮染め』『紅生姜』を酢飯の上に乗せるのが我が家の定番。

時として「カタナ」が手に入らない際には、「サバの缶詰」などを代用して使う場合もあります。

お祭りのごちそうであるが故に作るにはそれ相応の手間はかかりますが、心が和むような純粋無垢な風味は実に懐かしく、そして美味しい
IMGP4798_R
しかしながらよくよく考えてみると、我が家で「笹ずし」を作ったのは二人の姉たちが嫁ぐよりも前のこと。

私も作るのを手伝った記憶はありますが、まさかあれから二十年有余年が経っているとは思いもよらず・・・

母親とも話しましたが、これを機会に県外で生まれ育った「笹ずし」未体験の姪っ子たちと一緒に「笹ずし」を作れたらいいなと考えています。

これで、お盆休みの楽しみがまた一つ増えました


お知らせ
7月6日に「糸魚川笹ずしグランプリ2014」が開催されるそうです。
糸魚川笹ずしグランプリ
糸魚川市内4地区の「笹ずし」が味わえるとのこと。
行ってみよ〜っと

mixiチェック

まもなく7月。
なんだかすっかり暑くなってしまいましたね

さて、私どもの船「海清丸」では夏になると、恒例の“カタナ”釣りを始めます。

蒸し暑いこれからの季節、脂がのってとても美味しいお魚。
そう、“カタナ”とは銀色に輝く「太刀魚(タチウオ)」のこと。

漁師町である浦本地区では、古くから太刀魚の事を“カタナ”と呼び慣れ親しんできました。
DSC_2141
太刀魚の詳細はコチラで
http://blog.livedoor.jp/kaisei0329/archives/50869000.html
煌びやかに光り輝く、今が旬の「太刀魚」。

その輝きは店頭に並んでもなお維持され続けているはずですが、それには太刀魚を捕るための漁法が深く関わってきます。

私たちが行っている漁法は「浮き延縄漁」。
長い幹縄から枝分かれした無数の釣り針で、太刀魚を一匹ずつ丁寧に釣り上げます。

そのため魚体に傷が付くことはほとんどなく、海から上がってきた美しい状態のまま消費者の皆様にお届けできるという訳なのです。
IMGP2154
しかしながらこの延縄漁。
大変な手間と“職人技”とも言える繊細な技量が必要とされるため、昔から比べると船の数は大幅に減少しており、今現在糸魚川市内で太刀魚の延縄漁を行っているのはわずか五隻(糸魚川漁港:二隻、浦本漁港:三隻)。

したがって、煌びやかな「釣りの太刀魚」は流通量も少なめで、お値段もその希少さを反映したやや高めの価格設定になっております。

今が旬とはいえ、ある意味貴重な存在になっている延縄で釣る「太刀魚」。

今年の太刀魚も文句なしの美味しさです

皆様、ぜひご賞味ください



mixiチェック

DSC00244
『ガザミ』
別名「ワタリガニ」とも呼ばれるカニです。


糸魚川では、産卵のために浅い海域に移動してくる夏〜秋にかけてが旬。

主に初夏のクルマエビ漁(刺し網)や、秋の鮭漁(刺し網)で水揚げされます。


このカニの特徴は、ボートのオールのような形状をした最下部に生えている水掻き状の足。

「ワタリガニ」という別名の通り、その足を使って器用に泳ぎ、海を渡ります。

太刀魚の延縄漁が最盛期となる夏の夜には、沖合の海面を必至に泳いでいる姿をよく見かけますが、泳いでいるとは言っても魚のようには速く泳ぐことはできず、かつ敏捷でもないためにタモで簡単にすくい取ることも可能です。



ズワイガニベニズワイガニの様に足が太く長くないため、足の身を味わうことはあまり期待できませんが、足の付け根部分の身と甲羅の中に詰まったカニ味噌は、どちらも濃厚で味わい深く非常に美味

茹でてガブリとかぶりつくのもお勧めですが、濃厚な旨味を堪能できる味噌汁や茶碗蒸しなどにしても美味しいと思います。

DSC00243
お値段は先述した高級カニと比較しても随分とリーズナブル。

本格的な暑さが訪れるこれからの季節にはぴったりの、ブルーを基調とした清涼感溢れる糸魚川の『ガザミ』。

是非お召し上がり下さい
mixiチェック

GW突入記念!!

ということで、まずは今月上旬に撮影したイルカの動画をどうぞ



糸魚川市の沖では例年1月下旬頃からイルカ、或いは小型のクジラがエサとなる小魚を追って回遊(おそらく日本海を北上)してきます。
イルカの詳細はコチラで
http://blog.livedoor.jp/kaisei0329/archives/51505393.html
主に小振りなサバやアジ、そしてイワシ類などの回遊魚を主食としているようですが、過去の漁におけるそれらの捕れ具合とイルカの出没事例を照らし合わせてみると、カタクチイワシが大漁に捕れた際に最もイルカが現れるように感じます。

きっとカタクチイワシが大好物なんでしょうね。
DSC_1823
糸魚川沖でのカタクチイワシの回遊は今はやや途切れている印象で、イルカも一時ほど頻繁に見かけなくなりましたが、カタクチイワシのピークは6月上旬まで続きます。

運が良ければ海岸からでもイルカの群れをハッキリと視認できますよ。(特に午前中がお勧め)

このGWに、のんびりとイルカウォッチングを楽しむなんてのもいいかもしれませんね

mixiチェック

前回で書いたとおり、多くのユーザーから長年に渡り愛用され続けたWindowsXPのサポートが終了しました。

でも、サポートが終わったからといってすぐに新しいPCに買い換えるのは大きな出費が伴います。

かといって、危険を承知でXPを使い続けるのも気が引ける・・・

そんな悩みを解決する方法はこれ!
XPから最新のOSであるWindows 8.1にアップグレードしちゃいましょう! 

やり方はいたって簡単。

大手の家電量販店等でで販売されているWindows8.1(32bit、64bitの両方を同梱)のパッケージ品を購入。

或いは、写真のようなWindows 8.1のDSP版(インストールしたハードのみ使用可能な製品。32bitか64bitのどちらかを一方を選択)を購入し、新規でインストールするだけです。
※XPでインストールしていたアプリケーションやOSの設定は、8.1へは引継ぎできません。
IMGP4377_R

Microsoft Windows 8.1 最新版 [Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ]
マイクロソフト
2014-05-16

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語 Windows8.1アップデート適用済み
マイクロソフト(DSP)
2013-10-18


Windows 8.1にはノーマルバージョン(無印)と高機能なProの2種類が存在しますが、XPからのアップグレードの場合は最新の物よりもハードの性能が劣るため、オーソドックスなノーマルの32bit版を選択するのが無難です。

私も友達のPCを使って実際にアップグレードをいたしましたが、インストールディスクをセットしてPCの電源を入れ、画面に表示される指示に従って進むだけでアップグレードは完了しました。

IMGP4382_R
実際には起動時のブート優先順位の最上位をDVDにする変更や、Cドライブに保存れている個人データ等のバックアップまたは安全な場所に待避(OSを新規インストールする際にCドライブを上書き消去するため)などを行う必要が出てくるかもしれませんが、マイクロソフトのチュートリアルや、パソコンのマニュアル等を確認すれば作業的にはそれ程難しくはないはずです。

その他にも、デバイスドライバが自動インストールされないなど、ちょっとした困難にも見舞われるかもしれませんが、それさえ乗り越えてしまえば最小限の予算で最新のWindows 8.1へと変身させることができます。
IMGP4391_R

なお、ちょっと古めのXP機ではハードウェア性能の低さが足かせとなり、最新のデジカメで撮影した大きな画像の表示やHD画質の動画編集など、CPUやメモリに大きな負荷を掛ける重めの作業はまず快適には行えないと思います。

文章作成や表計算などは比較的問題ないかと思いますが、上記のような作業をお望みの場合は最新のPCへの買い換えを素直にお勧めいたしますので悪しからず

mixiチェック

↑このページのトップヘ