『Windows エクスペリエンス インデックス』

VISTAを持っている人は確認できたかもしれませんが、それ以外のOSをお使いの方にはこの数字が持つ意味すら理解できないかと思います。

なので、ちょっとマニアックな方向へと路線転換しまして、パソコンでゲームをするための快適な環境作りには必須アイテムともいえる、パソコンゲーマー御用達のベンチマークソフト『3DMark』を使用し、各GPUの詳細なスコアを比較掲載しているサイトを見つけましたので、ここに紹介します。

Link:「GPU性能比較」
http://mizushima.ne.jp/topic/GPU-benchmark/index.php

それによりますと現モデル「Radeon HD 4670」は、前モデル「GeForce 7600 GS」と比較して、おおよそ5倍の性能を持っているとのこと。

もっと分かり易く説明すると、プレイステーション3に搭載されているGPUのベースモデル「GeForce 7800 GTX」と比較しても、約2倍の演算能力を有しているんですって。

この「Radeon HD 4670」。
現行販売されている製品でクラス分けすると“中の中”的な存在。
その正体は、お手頃価格な典型的ミドルクラスGPUだったりするのですが、実はコストパフォーマンスに優れる凄い実力の持ち主だったりするんですね

ただし、先程比較対象として取り上げたプレイステーション3に関しましては、グラフィック処理を専門のチップであるGPUのみならず、搭載されているCPU「Cell」と同調した画像処理も行えるという特異な性質を持ったハードとの情報もあり、パソコンとは単純に比較できないという事情もあるようなので、その点はご注意を。

そのプレイステーション3。
私も一年前に購入しました。

「“パソコンでゲームしない派”じゃないのなら、PS3でゲームやる派?」

どっからともなく、こんな質問が飛んできそうな気もしますが、確かにゲームは大好きで“ゲームは家庭用ゲーム機でやる派”なんですけど、一昨日からグラボ、グラボと連記し続けてると、無性にパソコンゲームでその性能を引き出したくなってくる

でも、買うのもプレイするのも気軽に手に取ることの出来るゲーム機の方が私の性に合っているので、そっちで遊びたいのは山々なんですけど…
実際のところ遊ぶ暇もないし、悲しいかなゲームソフトを買うお金すらないので、殆どゲーム機として使ってないのが実情だったりします

だから、たま〜に動かすのはDVDを観る時くらい。

DVDプレーヤーが¥3000位の値段で売っている昨今では、やけに値の張るDVD再生機という感じもがないでもないですが、あと、他に使っているというと、メディアサーバー機能を利用してネットワーク経由でPCに録画してあるテレビ番組を視聴するくらいでしょうか。

パソコンに関しては悩みの種が解消されはしましたが、どんなに遊びたくてもゲームソフトを調達する資金の方は一向に解消せず

このままプレイステーション3を遊ばせておくのももったいないし、やっとパソコンも快調に動き出したことでもあるし、1TBのハードディスクに録り貯めてあるテレビ番組をPS3で再生しまくりましょうかね


・・・と、思ったのもつかの間
今度は、その1TBハードディスクに一大事が