ズワイガニズワイガニ(腹側)

『ズワイガニ』

言わずと知れたカニの一種。
地域によっては「越前ガニ」、「松葉ガニ」、「間人ガニ(タイザガニ)」などのブランド名で販売されている、皆さんお馴染みのカニでございます。

ズワイガニの生息に適した水深については、季節により変異しますが一般的に300〜400蛋宛紊噺世錣譴討り、先のブランド名で知られる若狭湾沿岸や山陰地方で水揚げされるズワイガニの大半は、戦艦大和が発見しと言われる『大和堆(やまとたい)』に代表される、陸地から数十厠イ譴数か沖合に広がる、『堆(たい)』と呼ばれる大陸棚上の浅瀬にまで船を走らせて漁を行ってるようです。

所変わって、陸地から離れるほど水深が急激に深くなる事で知られるここ糸魚川。

それでは、糸魚川におけるズワイガニ漁の現状はどうなのか?

と申しますと、ズワイガニの生息に適した水深300〜400蛋宛紊粒ぐ茲、陸地から目と鼻の先に広がっているため、前述のように沖合数十劼泙蚤を伸ばして漁を行うことは無く、ほぼ100%地先での底引き網漁、刺し網漁によって漁獲されています。

しかしながら、急激に深くなっている海底が悪影響を及ぼす事もあり、なだらかな底部が少ないが故にズワイガニの生息に適した範囲が狭く、大量に漁獲するには適さない地でもあります。

そんな克服しがたい難点はあるものの、陸地からの漁場までの近さという点では日本屈指の漁場とであると言え、それだけ新鮮なズワイガニを食べられる証とも言えます。

さて、茹でても、蒸しても、お刺身にしても、どの様にしても美味しく頂けるこのズワイガニ。

ではありますが、身の詰まり方や美味しさに関しては個体によって千差万別。

そこで、一計。
一目で美味しいズワイガニを見分けられるコツをお教えいたしましょう。

そのコツは至って簡単。
カニの甲羅に付着している黒くてブツブツした『カニビル(※写真参考)』の卵が、より多く付着している物を選ぶだけ。(ヒルと言ってもカニに寄生しているわけでは無い)
カニビル

このカニビルの卵が多く付着している状態のカニは、最後に脱皮してから相当な月日が経過している証であり、殻が固く身の詰まりが良いという証明でもあります。

また、生きたズワイガニは極端に冷える環境が嫌いらしく、不用意に冷たい水や氷の中へ入れてしまうと、生命を維持する為の生理現象が機能する為か、自らの意志で足を切り離してしまう事が度々起こるのですが、しっかりと身の詰まったカニに関してはそのような事態に陥る割合も低いようです。

実際、市場ではカニの大きさに関係なく、黒いブツブツが付着した物の方がより高く競り落とされる傾向にあります。
ズワイガニ(比較)


糸魚川沖で水揚げされるズワイガニの市場価格は、最高級の物で1万円前後、平均的には3000円前後と、「越前ガニ」などのブランド品に比べるとかなり割安で、しかも漁場が近いので鮮度は抜群です

日本海側一帯では禁漁期間があるために、11月から翌年4月いっぱいまでの期間限定で漁が行われる、正真正銘、冬を代表する海の味覚であるズワイガニ。

市場価格の時点でそれなり値が付けられるますので、皆様のお口に入る頃には相当高価な品物に変わっているかと思いますが、どこかで巡り会う機会がありましたら是非ご所望頂けますよう、よろしくお願いいたします。