ベニズワイガニベニズワイガニ(腹側)

『ベニズワイガニ』

旧能生町の特産品で、道の駅『マリンドリーム能生』の名物であることから、糸魚川人には極めて馴染みの深いカニでしょう。

名前の通りに全身が紅色に染まっているカニで、昨日紹介したズワイガニとソックリな形をしていますが、腹面が白っぽいとズワイガニがに対して、こちらの面までもが紅色しているのが特徴といえます。

一般的にズワイガニより深い水深600〜1000蛋宛紊凌竺い棒限されるとされ、糸魚川で唯一ベニズワイガニ漁を行っている、能生小泊漁港に所属する専門の蟹籠(カニカゴ)漁船が、佐渡島と能登半島の中間ライン付近にまで遠征操業して水揚げされています。

そうして水揚げされたベニズワイガニは、昔から上越漁協で通常行われている競売を通さずに船主が自らの手で茹で上げ、『マリンドリーム能生』等の施設に開設した独自店舗で販売されており、車で立ち寄った県内外のお客さんに大好評なんだそうですよ

と、一通り糸魚川のベニズワイガニ事情を説明したところで、少し内輪話を。

真っ先に紹介したベニズワイガニの写真ですが、家の船が水深400檀婉瓩竜場に仕掛けている、アカガレイの刺し網で捕れたものです。

写真では、氷を詰めた発泡スチロールの箱に入れてあるので、あたかも出荷間際の様に感じるかも知れませんが、あくまで撮影する為の一時的な措置でして、実際には売ったりしません。

それは何故かと申しますと、残念ながらその状態では買い手が付かないから。

率直に申し上げますと、茹でガニでない状態では仲買人から見向きもされない…
というのが真相なのですが、写真のように生きたままのベニズワイガニの姿というのも、結構珍しいのではないでしょうか?

まあ、茹でた後の姿と、さほど変わらないような気もしますけどね

話を戻しまして、ズワイガニよりも相当深い所に生息していると想われがちなベニズワイガニですが、実のところ水深400〜600檀婉瓩粒ぐ茲砲眄限していて、ここ浦本漁港でも上越漁協に合併する以前にはベニズワイガニ漁が行われていました。

底引き網漁が禁漁となる夏場限定の漁で、普通の魚と同じに通常の競りで荷が捌かれていましたが、沖合7〜8劼乃獲される近海のベニズワイガニの足にはギッシリと身が詰まっており、港に水揚げされた後、即座に茹でられるその味は格別でした。

高級品のズワイガニよりも安く、カニ独自の風味も若干落ちるベニズワイガニですが、捕れ立て・茹で立ては最高です。

糸魚川近辺では生きた状態(茹でてない状態)で売っている事は滅多に無いようですが、もしも手に入ったのでしたら是が非でもご自分で茹でてみてください。

今まで想っていたベニズワイガニの概念が一変すると思いますよ。