甘くて濃厚な味わいが楽しめるズワイガニは、年末年始の今が旬!

ズワイガニはここ新潟県糸魚川市の沖でもごく当たり前のように水揚げされていますが、
実は糸魚川のズワイガニって、色々とスゴいんです!!
参照記事:

スゴい!ポイント その一
とにかく漁場が近い!!
「世界ジオパーク」で有名な糸魚川の海は、沖合に行けば行くほど急激に深くなっているのが特徴。
北陸や山陰で水揚げされるズワイガニの多くは、港から1〜2時かかる遠洋の漁場で漁獲されていますが、糸魚川ではズワイガニが生息する水深300〜400mまでの海域まで陸上から4〜6辧港から船でおおよそ10分!
場所によっては10分以内で到達できる、とても良い漁場を有しています。
「漁場の近さ日本一!」と言っても過言ではない、天恵の海で育まれた糸魚川のズワイガニはどこよりも新鮮です!
DSC_2628
関連リンク:糸魚川ジオパーク

スゴい!ポイント その二
どこにも負けないお値打ち品!!
「松葉ガニ」や「越前ガニ」など高値が付くブランド化されたズワイガニと違い、糸魚川のズワイガニはノンブランドのいわば無印良品。
大きさや身の詰まり具合などは先のブランドガニに引けをとらないにも関わらず、なんとお値段はその半分ほど。
新鮮かつ最高のズワイガニがお手頃価格でお求めいただけます!
DSC_2460

スゴい!ポイント その三
荒海が育む幻のカニ!!
雪が舞い降る冬の日本海はとにかくよく荒れます。
特に12月と1月は海が大荒れとなる日が多く、我々漁師が出漁できる日もわずか。
それはズワイガニの水揚げ量にも直結し、安定して供給できないという悩ましい問題にも繋がるのです。
しかし少し視点を変えて見るとると、厳冬のズワイガニはある意味かなりの希少品。
この季節でしか味わえない糸魚川のズワイガニは、荒海が育んだ幻の一品なのです!
DSC_2525

スゴい!ポイント その四
東京から最も近い!!
明くる2015年(平成27年)3月14日。
待ちに待った北陸新幹線が開業し、「日本海に一番近い新幹線駅」となる糸魚川駅にも新幹線が停車するようになります。
東京から糸魚川までは約2時間。
最も漁場が近く、最も新鮮なズワイガニが食べられる場所は、東京に最も近いズワイガニの産地でもあるのです!
北陸新幹線&カニ

恵まれた地形の恩恵により抜群の鮮度を誇りながらも、比較的に安価で提供されている糸魚川のズワイガニ。

新幹線開業でますます身近になるスゴい!ズワイガニを味わいに、糸魚川へぜひお越しください

{お問い合せ先}
 ・糸魚川市観光協会
  025-553-1785
  itoigawa-kanko@ae.wakwak.com 
 
上越漁業協同組合 本所
  025-566-5155