いつものように刺し網を引き上げていると、見たこともない珍しい魚を発見
DSC_2840
温暖な太平洋沿岸に生息し、日本海側にはほとんどいないとされるムロアジ属の一種「オアカムロ(オアカムロアジ)」。

一見するとサバとよく似ており、サバと一緒に網に掛かっていたため半日くらいはサバだと思い込んでおりましたが、名前通りの「赤い尾」はかなり特徴的。

しかしそれは、生態どころか食べられるのかさえよく分からない謎めいた魚。

その真価をスマホで調べてみると、鮮度の落ちが激しい「足の速い魚」ではあるものの、お刺身にすると脂が乗って非常に美味しいとのこと。
DSC_2847
何はともあれ論より証拠。

実際にお刺身にして味わってみると、見た目や食感は「アジの刺身」その物ながら全く癖のない上質な脂が口の中に広がり、想像以上の品位と美味しさを持ち合わす魚であると感じました。

「足の速い魚」であるがため、本来の産地である太平洋沿岸でもなかなか食べられないというのがこの魚の一般的な評価らしいですが、珍しい日本海育ちのそんな魚を口にできたのはまさに千載一遇。

漁師冥利に尽きるとは、こういう機会に出会える事を言うのかもしれませんね