寒〜い冬の間。
ウチの船ではズワイガニを捕っていますが、それよりも深い場所(水深400m以上)に生息する近種のベニズワイガニもたま〜に水揚げされます。

といってもその数はごく少量。
十数年前まではごく普通に捕れていたベニズワイガニですが、ウチの船が漁を行っている漁場ではあまり見かけなくなりました。

ちなみに、ベニズワイガニが良く捕れていた頃はズワイガニとの交雑種である「黄金蟹」と呼ばれる希少なカニもそれらに混じっていたものです。

北陸では「黄金蟹」として珍重されているそうですが、糸魚川ではただの「ハーフ蟹」。
市場では全く価値のないカニとして扱われています

それはさておき、つい先日。
そのベニズワイガニが久しぶりに捕れました。
DSC_3118
船長であるウチの父親は「交雑種」だと言い張りますが、“裏面が白っぽい”という交雑種の特徴が見受けられないため、私はコレをベニズワイガニだと断言します。

ベニズワイガニは基本的に競りに出さないため、折角なので家に持ち帰り同日捕れたズワイガニと食べ比べてみました。
DSC_3119

両方一緒に巨大な鍋で塩ゆですること20分。

ゆで上がった2種類のカニさんを並べて外観を比べてみます。
IMGP7722_R
IMGP7726_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色はやや薄く、全体が紅色
☆ズワイガニ:色がやや濃く、胴体と足の裏側は白っぽい
 
続けて足を剥いて脚身を比較。
IMGP7731_R
IMGP7735_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色は淡いピンク
☆ズワイガニ:色は濃いピンクで、縁にハッキリとした赤いまだら模様がある
そしていよいよ実食。
2種類のお味は?
☆ベニズワイガニ:繊維質でしっかりとした食感があり、カニ独特の味(甲羅の風味)が強い
☆ズワイガニ:身はしっとりとしていて瑞々しく、旨味が凝縮している
そんな印象を持ちました。

漁をしているからといってズワイガニをひいきするつもりはありませんが、「高級品」という世間一般の評価通りにズワイガニの方がワンランク上という感じです。

しかしながらベニズワイガニの美味しさは当初の思惑以上で、その違いはごく僅か

実際に食べ比べなければどちらがどうなのか解りません


ということで、
「北陸新幹線沿線地域の食べ物で味わってみたいもの」
で見事ナンバーワンに輝いた糸魚川のベニズワイガニを、皆さんぜひ食べに来て下さい

IMGP7678_R
IMGP7603
マリンドリーム能生の「かにや横町」は北陸新幹線開業と同日(3月14日)新店舗で営業スタート予定!
◆お買い求めはコチラ
日本海一のベニズワイガニ直売所「マリンドリーム能生
http://www.marine-dream.net/
◆冬の味覚!ズワイガニ漁は4月30日まで
関連記事「糸魚川のズワイガニはココがスゴい!!」
http://blog.livedoor.jp/kaisei0329/archives/52401758.html