アマダイ

『アマダイ』
漢字で書くと『甘鯛』。

写真は、アマダイの中で最もポピュラーな種類である『アカアマダイ』です。
アマダイの仲間はその他2〜3種類存在するようですが、新潟県及び糸魚川市沖で漁獲されるアマダイは、ほぼこの『アカアマダイ』に限られており、基本的にこの種のみをを総じてアマダイと呼んでします。

ここ糸魚川沖にはほぼ通年して生息しているようですが、最も漁獲されるのは冬から初夏あたりまで。
水深50〜100辰粒つ譴棒限しており、それを捕る方法として底引き網や刺し網漁、またはアマダイを主対象とした延縄漁(ハエナワ漁)によって漁獲されています。

写真のアマダイは体長約40僉⊇鼎1圈
糸魚川沖で捕れる極一般的なサイズか、やや大きめなサイズです。
ただし、基本的にそれ程多く生息している魚では無いのでその漁獲量非常に少なく、よって競売でもそれ相応の値段がつけられる高級魚です。

でありますので、地元の小売店は元より、飲食店向けにも卸されることは滅多に無く、もっぱら『グジ』と呼ばれ珍重されている石川県金沢市以西の市場へと運ばれて行きます。
特に関西方面の市場へと送られると、地元の数倍の値で商いが行われてしまう超高級魚へと格上げされ、その価値感が一変してしまうようです。

せっかく糸魚川の海で捕れるのですから、地元で消費して欲しいなとも思うのですが、仲買人もそれが仕事ですから致し方ないですね。

それだけ、舌の肥えた関西の人々が大枚叩いてまで買い求めるということは、その値段相応に美味しい魚である証拠。
身が水っぽい感じがする鮮魚をそのまま頂くのではなく、干物や薄塩締め、または昆布締めにするとより一層美味しくなるそうですが、程よい甘味と旨味を併せ持つ上品な味わいの白身は、そのまま塩焼きにしても言われているほど水っぽくもなく、結構美味しいと感じたのですが?

といっても、家の船で捕ってきた物を二、三度食べただけの記憶しかありませんので、誠に勝手ながら、これ以上その味を評価するのは控えさせて頂きます

ただ、この魚は鱗(ウロコ)が食べられることども有名なのですが、それに関しては好みの問題だと思います。
鱗付きのまま焼き物にして、パリパリとした食感を楽しむのも好いですが、逆にそれが苦になると思う人もいるでしょう。
それに関しては「その場の雰囲気でどうぞ」としか申し上げられませんので悪しからず

さて、前述の通り、数が少ない上に地元での流通量が非常に少ないこのアマダイ。
何時ものように「是非お召し上がりください」なんて安易に言ってもいられないのが本音でありますが、町で偶然にでも見かける機会がありましたら、その味が本当に甘いのかどうか確かめてみては如何でしょうか。