越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

アメトーーク

やっぱり「アメトーーク」は深夜枠に限る

昨日の「ゴールデンSP」について、あれこれと酷評してしまったのが恥ずかしい位に面白かったです
でも何故、ゴールデンより深夜の方が面白いと感じるのだろうか?

深夜特有のテンションの異常さがそう思わせるのであろうか?
マイナーネタでも笑ってくれる、特定の年齢層に狙いを絞っているから?
それとも深夜だから許される、ケンコバお決まりの下ネタ!?

まあ、そんなどーでもいい話、考えるだけ時間の無駄ですが
でも放送時間帯によって“ノリ”が違うのは明らか。
次回、ゴールデン進出の際は、深夜の“ノリ”をお忘れ無いように願います。


と、何となく昨日の続き及び報告をしてしまいましたので、ついでに過去の事後報告を

続きを読む
mixiチェック

毎週楽しみにしている深夜番組『アメトーーク』のゴールデンSP
『アメトーーーーク』観ましたか?

相変わらずの面白さだったのですが、各“ゴーーーールデン企画”の尺が短すぎて、少々物足りなさを感じたのも確か。

個人的に超大好きな、私と同学年の芸人達による企画「華の昭和47年組・19&20歳編」を期待して観ていたのですが、どうもね・・・・

時事ネタとして湾岸戦争やバルセロナオリンピックがあり、『東京ラブストーリー』やら『101回目のプロポーズ』などのトレンディードラマ&主題歌が流行ったり、ベストジーニストが吉田栄作だったりと、確かに懐かしい話題が豊富だったのだが、余りにも内容がベタすぎる。
というより、「それってつい最近の出来事ではないの?」と突っ込みたくなるほどハッキリと記憶しているネタばかりだったような?

以前放送した少・中・高校生時代よりも近年であり、よって記憶が鮮明であるからして、それ程懐かしいと思わなかったのかもしれない。

19・20歳といえば感覚的にも実生活の面でも今とそれ程変わらない歴とした大人であって、該当年代から現在まで続く自分史を紐解いてみても、記憶の手がかりであり昔を懐かしむバロメーターである筈の年度別の区切りがどうもハッキリしない。

自分自身、何年に何が起きたのかは可成りの割合で覚えているのだが、世の中の様々な出来事と実生活とが中々リンクせず、それ以降に起きた出来事の記憶が年度の枠を超えて同列に扱われているよな気がする。
要するに、大人になってからの十数年の間には、少・中・高の様な明確な記憶の割り振りが頭の中で出来ておらず、それ故に年度毎に感じる思い入れも今一歩となるのであろう。

だからこの企画はこれ以上続けても無駄。

まだ続けるのであれば「ケンコバ・青木さやか」ら、初期にいなかったメンバーを加えて【幼少期〜】に先祖返りするべし。

というか是非やってくれ…
ではなく、是非やって下さい。テレ朝さまm(__)m
更にキムタク総理もお呼び頂ければバッチグーであります

この後には深夜の延長戦もオンエア
物足りなかった部分を補填する位、楽しめるのかな?

サンドウィッチマンが出演する、明日放送の『徹子の部屋』も楽しみ
予習の成果は如何ほどに?
mixiチェック

↑このページのトップヘ