越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

カニ

ベニズワイガニベニズワイガニ(腹側)

『ベニズワイガニ』

旧能生町の特産品で、道の駅『マリンドリーム能生』の名物であることから、糸魚川人には極めて馴染みの深いカニでしょう。

名前の通りに全身が紅色に染まっているカニで、昨日紹介したズワイガニとソックリな形をしていますが、腹面が白っぽいとズワイガニがに対して、こちらの面までもが紅色しているのが特徴といえます。

一般的にズワイガニより深い水深600〜1000蛋宛紊凌竺い棒限されるとされ、糸魚川で唯一ベニズワイガニ漁を行っている、能生小泊漁港に所属する専門の蟹籠(カニカゴ)漁船が、佐渡島と能登半島の中間ライン付近にまで遠征操業して水揚げされています。

そうして水揚げされたベニズワイガニは、昔から上越漁協で通常行われている競売を通さずに船主が自らの手で茹で上げ、『マリンドリーム能生』等の施設に開設した独自店舗で販売されており、車で立ち寄った県内外のお客さんに大好評なんだそうですよ

続きを読む
mixiチェック

ズワイガニズワイガニ(腹側)

『ズワイガニ』

言わずと知れたカニの一種。
地域によっては「越前ガニ」、「松葉ガニ」、「間人ガニ(タイザガニ)」などのブランド名で販売されている、皆さんお馴染みのカニでございます。

ズワイガニの生息に適した水深については、季節により変異しますが一般的に300〜400蛋宛紊噺世錣譴討り、先のブランド名で知られる若狭湾沿岸や山陰地方で水揚げされるズワイガニの大半は、戦艦大和が発見しと言われる『大和堆(やまとたい)』に代表される、陸地から数十厠イ譴数か沖合に広がる、『堆(たい)』と呼ばれる大陸棚上の浅瀬にまで船を走らせて漁を行ってるようです。

所変わって、陸地から離れるほど水深が急激に深くなる事で知られるここ糸魚川。

それでは、糸魚川におけるズワイガニ漁の現状はどうなのか?

と申しますと、ズワイガニの生息に適した水深300〜400蛋宛紊粒ぐ茲、陸地から目と鼻の先に広がっているため、前述のように沖合数十劼泙蚤を伸ばして漁を行うことは無く、ほぼ100%地先での底引き網漁、刺し網漁によって漁獲されています。

しかしながら、急激に深くなっている海底が悪影響を及ぼす事もあり、なだらかな底部が少ないが故にズワイガニの生息に適した範囲が狭く、大量に漁獲するには適さない地でもあります。

そんな克服しがたい難点はあるものの、陸地からの漁場までの近さという点では日本屈指の漁場とであると言え、それだけ新鮮なズワイガニを食べられる証とも言えます。

続きを読む
mixiチェック

毛ガニ
『毛ガニ=ケガニ・毛蟹』

“かに”と言えば何カニ?
糸魚川の人にそんな質問をしてみると、ほぼ十割方がズワイガニかベニズワイガニと答えるでしょう。
そして、なじみの薄い『毛ガニ』という単語を不意に聞いてしまうと、大多数は遙か北方に位置する北海道を思い浮かべてしまうでしょう。

確かに毛ガニと言えば北海道。
紛れもなく北海道を代表する海の名産品ですので、そう想われても仕方がありませんし、無理もありません。

その様な感じで一般的には、極寒の北海に生息していると思われがちな毛ガニでありますが、勿論ここ糸魚川の海にも普通に生息しています。

その生息域は水深130〜250辰粒つ譟
ズワイガニとほぼ同じか、それよりも若干浅めを生息域としている都合で、ズワイガニをメインとする底引き網・刺し網漁によって主に漁獲され、浅場に移動する春先にはヒラメやセイカイを捕るための刺し網でも漁獲されるようになります。

正し、糸魚川に於いて知名度で上回る『ズワイガニ・ベニズワイガニ』と水揚げ高を比較してみると、毛ガニのそれは両雄の足下にも及ばず極少量。
それ故に、余り小売店には出回らず、知名度も低いとの結果に至る訳です。

その知名度の低さは食べ方についても言えるようで、スルスルっと足の身が剥がれて難なく食べられてしまう茹でズワイガニ等と比べると、毛むくじゃらの足に詰まった極僅かな身をどうやって食べて良いのか分からない〜

と、苦悩しながら毛ガニを食べている糸魚川人は多いとか、多くないとか?

そんな、食べるのに一苦労してしまう毛ガニの正しい食べ方と云えば、とにかく包丁を入れて身を露出させること。
そして、毛ガニの最大の魅力である『かにみそ』を堪能すること。
更に!!・・・・

…と、申し上げたいのは山々なのですが、そもそも典型的糸魚川人である私には、これ以上の食し方解説をすること事態が土台無理な話。
でありますので、後は無心でしゃぶりつくなり、がっつくなりご自由にお召し上がりを

因みに、糸魚川の漁師風に呼ぶと『ムクガニ』。
“毛むくじゃら”が、由来なのかどうか分かりませんが、ポンキッキのムックと同類ということで覚えて下さい。
mixiチェック

↑このページのトップヘ