越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

シャニン

2008/06/13 アラ

アラです。
この間の物と比べると少し小振りな感じですが、今日は食い逃げされませんでした
滅多に捕れる事のない幻の魚なのですが、こんな短い間隔で水揚げされるのは非常に珍しいことです。

2008/06/13 シャニン、クロムツ

お次はシャニン黒ムツ
シャニン…というかオニカサゴ…っていうか本当はイズカサゴ
それほど頻繁という訳ではないのですが、最近ちょくちょく見かけます。
アラといいシャニンといい、岩場に根付いて生息されると一般的に言われている魚が、どこにも隠れる場所のない平場にふらっと遊びに出てきてしまう…
今はそんなシーズンなんでしょうかね?

それからこの黒ムツ。
なんだか色が茶色みがかっていて、普通の黒ムツとはちょっと違うような気が
その色から判断すると、“黒”が付かない普通の『ムツ』である可能性もあるのですが、そもそも上越漁協の競りでは“ムツ”の名の付く魚であれば“黒”でも“赤”でも関係なく全て“ムツ”として扱われるので、たとえ“無印”であったとしても“ムツはムツ”という結果になるのでしょうね、きっと

2008/06/13 セイカイ

最後にセイカイ
例年、これから7月初旬くらいまでにかけて、ある程度まとまった数の大振りなセイカイが捕れる時期となります。
本日捕れた最大の物は全長約30造函∩蠹な大きさ。
ここまで大きいと、丸々一匹を一人前としてお皿に盛りつけるのも少し気が引けてしまうかもしれませんが、このくらい大振りなセイカイを塩焼きにすると最高に美味しいです

その白身は箸で摘むと大きくほぐれて、それを口一杯に頬張ると何ともいえない贅沢な食感が楽しめ、更に尚、噛みしめるほどに溢れ出す旨味成分と、香ばしく焼けた皮の風味とが合わさりあい、極上の味わいを醸し出します。

これはまさに魚の域を超えた美味しさで、まるで上質な牛肉を食べているかのよう。
いや、むしろそれより美味しいと断言してもいい程の絶品ぶりで、最初どんなに大きいと感じたとしても、必ずや一人でペロリと平らげてしまうことでしょう

この言葉に偽りは御座いません。
絶対に美味しいですから、是非食べてみてください。

mixiチェック

オニカサゴ

『オニカサゴ』
糸魚川では普通に“カサゴ”または“シャニン”とも呼ばれ、この地域で水揚げされるカサゴ類では最上級とされている魚です。

写真のオニカサゴは体長約40僉⊇鼎1.1圈
この辺りで水揚げされるものとしては、相当大きい部類には入ります。

基本的に通年して水揚げされ、漁獲方法としては底引き網漁や刺し網漁、または、アマダイやマゴチ狙いの浅めの底延縄漁(そこはえなわ漁)でも釣れることがあります。
水深70〜150辰粒つ貮婉瓩狙い目なのですが、問題があるとすれば岩場を好むカサゴ類の特有の生態。
そもそも、前述のような比較的規模の大きな仕掛けの場合には、漁具を壊してしまう可能性が高い岩礁地帯に仕掛けること自体が厳禁。
最悪の場合、漁具の回収は不可能となってしまいます。

ですので、より単純な方法である一本釣りで狙う方が、岩礁に根付く魚を捕る確率は高いかもしれません。
そのような理由もあって水揚げ量は極めて少なく、この魚が一般市場に流通する数も限られてくるようです。

と、オニカサゴについてあれこれと紹介してきましたが、実はこの魚、オニカサゴではありません。
この魚の正式な名は『イズカサゴ(伊豆笠子)』言い、正真正銘の『オニカサゴ(鬼笠子)』とは全くの別種です。
非常に紛らわしく感じるかとは存じますが、ここ以外でも日本中の広い範囲でそう呼ばれているらしいので、今回は『オニカサゴ』の名称で通させて頂きます。

さて、名前の真相はどうであれ、この魚の美味さが変わる訳ではありません。
刺身、煮付け、唐揚げ、しゃぶしゃぶ等、どのような料理でも美味しくいただける他、洋食や中華料理でもよく使われる食材です。

では、どんな味なのか? 
つたない文脈を駆使してその味を表現したいところなのですが、殆ど食べたことがないので正直判りません

ですが、世間の評判や高級魚として取り扱われることも併せて踏まえれば、その美味さに間違いはないはずです。

ただし、見るからに刺々しいこの魚のヒレには要注意
各ヒレの先端には非常に強い毒を有していますので、船釣り等で釣れた際には細心の注意を払って取り扱ってください。
無論、ご自分で魚を捌く(さばく)際も同様にご注意を。

さて、先にも書きましたが、漁獲量が少なければ当然それに比例して流通量も少なくなります。
この魚を含むカサゴ類全般にいえることですが、一般的に小売店の店頭には置いていない事が多い割には、飲食店では意外と取り扱っていてる不思議な魚なのですが、流石にオニカサゴ限定となるとやはり貴重品。

派手な飾り付けをした真っ赤な魚として覚えておけば、いつの日か評判の好味に有り付けることでしょう
mixiチェック

↑このページのトップヘ