越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

ズワイガニ

寒〜い冬の間。
ウチの船ではズワイガニを捕っていますが、それよりも深い場所(水深400m以上)に生息する近種のベニズワイガニもたま〜に水揚げされます。

といってもその数はごく少量。
十数年前まではごく普通に捕れていたベニズワイガニですが、ウチの船が漁を行っている漁場ではあまり見かけなくなりました。

ちなみに、ベニズワイガニが良く捕れていた頃はズワイガニとの交雑種である「黄金蟹」と呼ばれる希少なカニもそれらに混じっていたものです。

北陸では「黄金蟹」として珍重されているそうですが、糸魚川ではただの「ハーフ蟹」。
市場では全く価値のないカニとして扱われています

それはさておき、つい先日。
そのベニズワイガニが久しぶりに捕れました。
DSC_3118
船長であるウチの父親は「交雑種」だと言い張りますが、“裏面が白っぽい”という交雑種の特徴が見受けられないため、私はコレをベニズワイガニだと断言します。

ベニズワイガニは基本的に競りに出さないため、折角なので家に持ち帰り同日捕れたズワイガニと食べ比べてみました。
DSC_3119

両方一緒に巨大な鍋で塩ゆですること20分。

ゆで上がった2種類のカニさんを並べて外観を比べてみます。
IMGP7722_R
IMGP7726_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色はやや薄く、全体が紅色
☆ズワイガニ:色がやや濃く、胴体と足の裏側は白っぽい
 
続けて足を剥いて脚身を比較。
IMGP7731_R
IMGP7735_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色は淡いピンク
☆ズワイガニ:色は濃いピンクで、縁にハッキリとした赤いまだら模様がある
そしていよいよ実食。
2種類のお味は?
☆ベニズワイガニ:繊維質でしっかりとした食感があり、カニ独特の味(甲羅の風味)が強い
☆ズワイガニ:身はしっとりとしていて瑞々しく、旨味が凝縮している
そんな印象を持ちました。

漁をしているからといってズワイガニをひいきするつもりはありませんが、「高級品」という世間一般の評価通りにズワイガニの方がワンランク上という感じです。

しかしながらベニズワイガニの美味しさは当初の思惑以上で、その違いはごく僅か

実際に食べ比べなければどちらがどうなのか解りません


ということで、
「北陸新幹線沿線地域の食べ物で味わってみたいもの」
で見事ナンバーワンに輝いた糸魚川のベニズワイガニを、皆さんぜひ食べに来て下さい

IMGP7678_R
IMGP7603
マリンドリーム能生の「かにや横町」は北陸新幹線開業と同日(3月14日)新店舗で営業スタート予定!
◆お買い求めはコチラ
日本海一のベニズワイガニ直売所「マリンドリーム能生
http://www.marine-dream.net/
◆冬の味覚!ズワイガニ漁は4月30日まで
関連記事「糸魚川のズワイガニはココがスゴい!!」
http://blog.livedoor.jp/kaisei0329/archives/52401758.html

mixiチェック

甘くて濃厚な味わいが楽しめるズワイガニは、年末年始の今が旬!

ズワイガニはここ新潟県糸魚川市の沖でもごく当たり前のように水揚げされていますが、
実は糸魚川のズワイガニって、色々とスゴいんです!!
参照記事:

スゴい!ポイント その一
とにかく漁場が近い!!
「世界ジオパーク」で有名な糸魚川の海は、沖合に行けば行くほど急激に深くなっているのが特徴。
北陸や山陰で水揚げされるズワイガニの多くは、港から1〜2時かかる遠洋の漁場で漁獲されていますが、糸魚川ではズワイガニが生息する水深300〜400mまでの海域まで陸上から4〜6辧港から船でおおよそ10分!
場所によっては10分以内で到達できる、とても良い漁場を有しています。
「漁場の近さ日本一!」と言っても過言ではない、天恵の海で育まれた糸魚川のズワイガニはどこよりも新鮮です!
DSC_2628
関連リンク:糸魚川ジオパーク

スゴい!ポイント その二
どこにも負けないお値打ち品!!
「松葉ガニ」や「越前ガニ」など高値が付くブランド化されたズワイガニと違い、糸魚川のズワイガニはノンブランドのいわば無印良品。
大きさや身の詰まり具合などは先のブランドガニに引けをとらないにも関わらず、なんとお値段はその半分ほど。
新鮮かつ最高のズワイガニがお手頃価格でお求めいただけます!
DSC_2460

スゴい!ポイント その三
荒海が育む幻のカニ!!
雪が舞い降る冬の日本海はとにかくよく荒れます。
特に12月と1月は海が大荒れとなる日が多く、我々漁師が出漁できる日もわずか。
それはズワイガニの水揚げ量にも直結し、安定して供給できないという悩ましい問題にも繋がるのです。
しかし少し視点を変えて見るとると、厳冬のズワイガニはある意味かなりの希少品。
この季節でしか味わえない糸魚川のズワイガニは、荒海が育んだ幻の一品なのです!
DSC_2525

スゴい!ポイント その四
東京から最も近い!!
明くる2015年(平成27年)3月14日。
待ちに待った北陸新幹線が開業し、「日本海に一番近い新幹線駅」となる糸魚川駅にも新幹線が停車するようになります。
東京から糸魚川までは約2時間。
最も漁場が近く、最も新鮮なズワイガニが食べられる場所は、東京に最も近いズワイガニの産地でもあるのです!
北陸新幹線&カニ

恵まれた地形の恩恵により抜群の鮮度を誇りながらも、比較的に安価で提供されている糸魚川のズワイガニ。

新幹線開業でますます身近になるスゴい!ズワイガニを味わいに、糸魚川へぜひお越しください

{お問い合せ先}
 ・糸魚川市観光協会
  025-553-1785
  itoigawa-kanko@ae.wakwak.com 
 
上越漁業協同組合 本所
  025-566-5155

mixiチェック

ズワイガニズワイガニ(腹側)

『ズワイガニ』

言わずと知れたカニの一種。
地域によっては「越前ガニ」、「松葉ガニ」、「間人ガニ(タイザガニ)」などのブランド名で販売されている、皆さんお馴染みのカニでございます。

ズワイガニの生息に適した水深については、季節により変異しますが一般的に300〜400蛋宛紊噺世錣譴討り、先のブランド名で知られる若狭湾沿岸や山陰地方で水揚げされるズワイガニの大半は、戦艦大和が発見しと言われる『大和堆(やまとたい)』に代表される、陸地から数十厠イ譴数か沖合に広がる、『堆(たい)』と呼ばれる大陸棚上の浅瀬にまで船を走らせて漁を行ってるようです。

所変わって、陸地から離れるほど水深が急激に深くなる事で知られるここ糸魚川。

それでは、糸魚川におけるズワイガニ漁の現状はどうなのか?

と申しますと、ズワイガニの生息に適した水深300〜400蛋宛紊粒ぐ茲、陸地から目と鼻の先に広がっているため、前述のように沖合数十劼泙蚤を伸ばして漁を行うことは無く、ほぼ100%地先での底引き網漁、刺し網漁によって漁獲されています。

しかしながら、急激に深くなっている海底が悪影響を及ぼす事もあり、なだらかな底部が少ないが故にズワイガニの生息に適した範囲が狭く、大量に漁獲するには適さない地でもあります。

そんな克服しがたい難点はあるものの、陸地からの漁場までの近さという点では日本屈指の漁場とであると言え、それだけ新鮮なズワイガニを食べられる証とも言えます。

続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ