チカメキントキ
ウチの船では一年に一度見るか見ないかくらいの頻度で捕れる珍しい魚。

なので名前も生態も判らず、単純に目が金色に輝いているのでキンメダイの仲間なのかと思っていました。

ところが、特徴的な色や形を手がかりに調べてみると、比較的暖かい海に生息しているキントキダイという魚の仲間である『チカメキントキダイ』という魚らしいことが判明。

西日本や関東では割とお馴染みの魚らしく、食べても美味しい魚らしいのですが、恐らくは対馬海流に乗って西の方からやって来た、名前も知らないほど馴染みのない謎めいた魚。

ですので、ここ糸魚川において“我こそは!”と率先して食部ようとする人はかなりの少数派であると思われます。

従って、名称不明の珍妙な魚としか認識していなかった私も実際には食したことはありませんが、お刺身や唐揚げで頂くと相当美味とのこと。

今度捕れるのはいつ頃になるか見当も付きませんが、次こそは食べてみます