越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

ハードディスク

2008年11月15日・・・

昼間にグラボを交換し、夜、飲み会に行った日。

土曜の夜のお楽しみ、「めちゃイケ」が観られないのでパソコンに録画予約をして飲み会に出かけた。

楽しいひとときを過ごし、ほろ酔い気分で深夜に帰宅すると、パソコン内部に取り付けてある発光するLED付きファンから、クールな青い光が放たれていた。

それ即ち、録画予約が終了し、数時間前にスリープモードに移行しているはずのパソコンが、何故か起動状態のままだったのである。

スリープモードへの移行設定をしていなかったのかな?
と思い、設定項目を確かめてみても、しっかりと設定してある。

昼間、グラボを交換する際、ドライバのインストール作業などで数回、再起動を繰り返したせいだろうか・・・

と、ほろ酔い気分の影響もあってか、浅はかで安直な究明論に一応は納得してみたのだが、その考えが甘かった。

続きを読む
mixiチェック

ちょっと前の出来事。

ハードディスク{HDD}の相性が原因による不調であったパソコンが、ようやく本調子を取り戻した。

…のですが、その問題の要因である2台のHDD、
春に購入したSeagate社製500GB
去年購入したWESTERN DIGITAL社製500GB
の内、どちらかを外さなくてはいけない羽目に

そもそも春にHDDを増設した理由は、その時点で搭載していたHDD(500GB+320GB)の空き容量がカツカツになってきたから。
それなのに、500GBHDD同士の相性が悪いからと言ってどちらかを外してしまえば、カツカツだった春の時点に戻ってしまうだけなのだ。

無論、それでは困る。

そんな訳で、泣く泣くWESTERN DIGITAL社製HDDのを外す代わりに、最近非常に手頃な価格で買えるようになったSeagate社製の1テラバイトHDD(1TB=1000GB)ST31000340ASを購入することと相成りました。

Seagate ST31000340AS


この1TBハードディスク。
つい2週間ほど前に\12,980で購入したのですが、現在はもう少し安くなっていて、お店によっては\11,000台の価格で販売されています。
この位の価格帯であれば非常に手頃感があり、完全に普及価格帯に乗ったといっても過言ではないでしょう。

それにしても、1ドライブで1テラバイトって凄いですよね。
これは要するに“テラドライブ”という事なのでしょうが、この“テラドライブ”という言葉を聞いて、SEGAが世に送り出した伝説のゲーム機『メガドライブ』と、PC/AT互換パソコンとを合体させた珍品ハード?『テラドライブ』を本能的に思い出してしまうのは、おそらく自称“SEGAマニア”の私だけでしょうね

さてさて、10年前のWindows98マシンに搭載されていたHDDが、現在ではOSさえもインストール不可能な4GB前後であったことを考えると、なんと凄まじいテクノロジーの進化なのだろうかと思わずにはいられない

その凄まじさは、増設前後の空き容量を照らし合わせてみれば一目瞭然
《増設前》
増設前

《増設後》
増設後


…というか、今のままじゃあ、どうやったって使い切れそうもないな
mixiチェック

ちょっと前にお話ししましたハードディスク(以後HDD)交換の件ですが、今週初めに初期不良対応の交換品が届き増設作業を行いました。

購入したのはSeagate(シーゲイト)製『Barracuda7200.11 ST3500320AS』。
ST3500320AS

記憶容量500GBのシリアルATA饗弍3.5インチHDDで、データ読み込みの早い32MBキャッシュのモデルです。

増設前の構成は320GB+500GB=720GB。
普通に使用する分には、それ位の総容量があれば必要十分だと自分でも思うのですが、現実には録り溜めすぎたTV番組がHDDを圧迫し、更には、Windows Update経由でインストールした『Vista SP1』が異様なまでに容量を食ってしまう事態となったため、仕方なしに購入したというのが実情です。

その『Vista SP1』に関しては、Windowsに搭載されている“システムの復元”が作動し、その時点での復元ポイントを自動的に作成した為の影響で一時的に使用容量が増したとも考えられますが、やっぱりHDDの空き容量が減っていく様を傍観するだけなのは忍びないですし、実際にパソコンの動作が不安定になってしまうので、その対応は早いほうがよいと考え新規購入を決意した次第です。

購入価格は¥8,780。去年、約¥12,000で購入した500GBのHDDから比べると、随分購入しやすい値段になりましたね。

続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ