越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

ベニズワイガニ

寒〜い冬の間。
ウチの船ではズワイガニを捕っていますが、それよりも深い場所(水深400m以上)に生息する近種のベニズワイガニもたま〜に水揚げされます。

といってもその数はごく少量。
十数年前まではごく普通に捕れていたベニズワイガニですが、ウチの船が漁を行っている漁場ではあまり見かけなくなりました。

ちなみに、ベニズワイガニが良く捕れていた頃はズワイガニとの交雑種である「黄金蟹」と呼ばれる希少なカニもそれらに混じっていたものです。

北陸では「黄金蟹」として珍重されているそうですが、糸魚川ではただの「ハーフ蟹」。
市場では全く価値のないカニとして扱われています

それはさておき、つい先日。
そのベニズワイガニが久しぶりに捕れました。
DSC_3118
船長であるウチの父親は「交雑種」だと言い張りますが、“裏面が白っぽい”という交雑種の特徴が見受けられないため、私はコレをベニズワイガニだと断言します。

ベニズワイガニは基本的に競りに出さないため、折角なので家に持ち帰り同日捕れたズワイガニと食べ比べてみました。
DSC_3119

両方一緒に巨大な鍋で塩ゆですること20分。

ゆで上がった2種類のカニさんを並べて外観を比べてみます。
IMGP7722_R
IMGP7726_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色はやや薄く、全体が紅色
☆ズワイガニ:色がやや濃く、胴体と足の裏側は白っぽい
 
続けて足を剥いて脚身を比較。
IMGP7731_R
IMGP7735_R
※上:ズワイガニ 下:ベニズワイガニ
☆ベニズワイガニ:色は淡いピンク
☆ズワイガニ:色は濃いピンクで、縁にハッキリとした赤いまだら模様がある
そしていよいよ実食。
2種類のお味は?
☆ベニズワイガニ:繊維質でしっかりとした食感があり、カニ独特の味(甲羅の風味)が強い
☆ズワイガニ:身はしっとりとしていて瑞々しく、旨味が凝縮している
そんな印象を持ちました。

漁をしているからといってズワイガニをひいきするつもりはありませんが、「高級品」という世間一般の評価通りにズワイガニの方がワンランク上という感じです。

しかしながらベニズワイガニの美味しさは当初の思惑以上で、その違いはごく僅か

実際に食べ比べなければどちらがどうなのか解りません


ということで、
「北陸新幹線沿線地域の食べ物で味わってみたいもの」
で見事ナンバーワンに輝いた糸魚川のベニズワイガニを、皆さんぜひ食べに来て下さい

IMGP7678_R
IMGP7603
マリンドリーム能生の「かにや横町」は北陸新幹線開業と同日(3月14日)新店舗で営業スタート予定!
◆お買い求めはコチラ
日本海一のベニズワイガニ直売所「マリンドリーム能生
http://www.marine-dream.net/
◆冬の味覚!ズワイガニ漁は4月30日まで
関連記事「糸魚川のズワイガニはココがスゴい!!」
http://blog.livedoor.jp/kaisei0329/archives/52401758.html

mixiチェック

北陸新幹線の開業も間近に迫る今日この頃。

停車駅でもある糸魚川市では、いよいよやってくる新幹線とそれに伴う観光客への歓迎ムードで一色ですが、よくよく考えると観光で糸魚川に来る目的って何なんでしょう?

そんな疑問に答えてくれるような記事が、朝日新聞 新潟版(2015/02/21朝刊)に掲載されていました。
IMG-2_R

この先、どのようにして観光客を呼び込むのか?
結論がハッキリしていて非常に理解しやすい記事です。

糸魚川には海も山もあり、糸魚川ならではのジオパークとヒスイもありますが、そんな大自然が育んだ美味しい食べものがこの地にはたくさんあります。

見知らぬ土地の文化や伝統に触れるのも旅の楽しみではありますが、その土地ならではの「食」を堪能するのも観光に訪れる動機の一つですよね

で、この記事で注目するのはコチラ↓
IMGP7524_R

「北陸新幹線沿線地域の食べ物で味わってみたいもの」
               (2014年
9月に新潟県が調査

1位 ベニズワイガニ〈糸魚川〉
2位 甘エビ(南蛮エビ)〈糸魚川〉
3位 ます寿司〈富山ほか〉
4位 氷見のブリ〈新高岡〉

5位 ほたるいか〈富山ほか〉


隣県の名だたる列強を抑えて、糸魚川が誇る海の幸が堂々のワンツー!

糸魚川の大自然が育んだ新鮮で豊富な魚介こそ、観光で
糸魚川に訪れる方々の明確なニーズ、動機なんですね。

富山や金沢も美味しいお魚で名を馳せていますが、糸魚川の魚介はそれ以上。

糸魚川の漁師なら身をもって感じているはずですが、魚種、鮮度、四季折々の魚介を味わえるという点では北陸新幹線沿線で随一です。

美味しいお魚を味わえる駅は「糸魚川」で決まりですね

 ◆糸魚川の美味しいお魚情報はコチラ【日本海の恵み】

{お問い合せ先}
 ・糸魚川市観光協会
  025-553-1785
  itoigawa-kanko@ae.wakwak.com 

mixiチェック

ベニズワイガニベニズワイガニ(腹側)

『ベニズワイガニ』

旧能生町の特産品で、道の駅『マリンドリーム能生』の名物であることから、糸魚川人には極めて馴染みの深いカニでしょう。

名前の通りに全身が紅色に染まっているカニで、昨日紹介したズワイガニとソックリな形をしていますが、腹面が白っぽいとズワイガニがに対して、こちらの面までもが紅色しているのが特徴といえます。

一般的にズワイガニより深い水深600〜1000蛋宛紊凌竺い棒限されるとされ、糸魚川で唯一ベニズワイガニ漁を行っている、能生小泊漁港に所属する専門の蟹籠(カニカゴ)漁船が、佐渡島と能登半島の中間ライン付近にまで遠征操業して水揚げされています。

そうして水揚げされたベニズワイガニは、昔から上越漁協で通常行われている競売を通さずに船主が自らの手で茹で上げ、『マリンドリーム能生』等の施設に開設した独自店舗で販売されており、車で立ち寄った県内外のお客さんに大好評なんだそうですよ

続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ