越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

FIFAクラブワールドカップ

浦和レッズ VS ACミラン

前半戦は浦和が善戦しましたが、後半開始直後からミランの猛攻に中盤がディフェンスラインに吸収されてしまい、中盤でのプレスが効かず尚更ゲームを支配されてしまうという悪循環に陥った浦和。

AFCチャンピオンズリーグや、最悪だったJリーグ後半戦でも見られたいつもの悪いパターンを再発させた結果となりましたが、セパハン戦から中二日で動きの悪い選手も見受けられましたし、対戦した相手が相手なんで仕方ないですね。

予想していたとはいえ、一対一での奪い合いや個人での打開能力、ボールを引き出す動きとオフサイドラインを突き破る飛び出し技術、そして最も基本的なパス精度等々の埋めがたい差の数々・・・

でも一番の違いは何であったかと言えば、選手個人の力量差ではなく、大人と子供の違いとも思えるチームとしての完成度の差ではなかったか?

これはクラブチームである浦和だけの問題ではなく、世界各国の強豪チームと戦う日本代表にも言える事ですが、個人の圧倒的な力量差をチーム戦術でカバーするのがベストではあります。

ただし今日の試合を見ても判る通り、予定されたチーム戦術を常時保ち続けるのは至難の業。

個人の能力とチームバランスを維持し、あらゆる要素を満遍なく発揮させて世界と同等に渡り合えるベストなチームが日本に現れるのは、いつの日か。





あれ!?、いつものヤツは?


勿論ありますよ。
しかも、ちょっぴりグレードアップ


続きを読む

勝ったぞ浦和

次はミランだ

多分負けるぞ

でもガンバレ


午後から用事があって恒例の昼寝が出来なかったので、相当眠い
色々書きたいけんだけど、眠りたい願望が圧倒的に優勢で判定勝ちで無理模様

まあ取り敢えず闘莉王は、アテネ五輪で好いようにあしらわれたジラルディーノに借りを返せ。



Paolo 誰?

え! またですか・・・・今度は何?

続きを読む

【TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007】
サッカークラブチーム世界一決定戦、通称「トヨタカップ」が始まりました。

連日のトヨタ話ですが、私はトヨタの回し者では御座いませんので悪しからず


今日はオセアニア代表「ワイタケレ」と、開催国枠代替えチーム「セパハン」の試合がありましたが、結果はセパハンの順当勝ち。

プロではなく普段は様々な職で生計を立てている、アマチュアチームのワイタケレ。

去年のオセアニア代表「オークランドシティ」も同様でしたが、フィジカルやスピード等で個人能力の高さは感じられるのだが、プロとの差は組織としての試合の組み立て方であろうか。

試合終了までスタミナが切れず、豊富な運動量を利用したパワープレイは見応えがあったし、ポストプレイは素晴らしく上手い。
もう少し落ち着いてディフェンス出来て、早い段階から攻撃の有効策を見いだしていたらね… 惜しいな。

さて、アジア代表「浦和レッドダイヤモンズ」の相手は、またしてもセパハン。
嫌な相手だけど「ACミラン」が待ってるんだから、絶対勝たなきゃね



謎のオニツカタイガー


何ですか。コレ?

続きを読む

↑このページのトップヘ