越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

ST31000333AS

【Seagate製HDDの一部でアクセス不能になる不具合】ITmedia News

あれま〜
これって、コレのこと?

って言うか、現在所有している2台ハードディスク、500GB(ST3500320AS)と1TB(ST31000333AS)のどちらもが該当製品だ〜

…と言うことで、先頃公開された新ファームウェアを早速あててみました。
これで去年11月に経験したような“謎のアクセス不能”が再び起こることもないでしょう

と、ホッと一安心してパソコンを使っていると、ちょっと今までと感覚が違う…
なんだか知らないけど、やけに速い

Windowsの起動時間が短くなり、ストレス無くサクサクと動くようになったのもさることながら、電源が落ちるまでの所要時間が約一分と、最近何故か遅くなったハイブリッドスリープ状態への移行時間が、新ファームウェア適用後には15秒前後へと格段に短縮されたのだ。

突如アクセス不能になる可能性があると伝えられる問題のファームウェアですが、私の体験を踏まえてこの問題を総括すると、購入当初から性能面での足かせともなっていたと考えられます。

言わば、Seagateの製品管理能力の欠如を如実に表しているとも言えるのでしょう。

更に、こんな問題も…
【CFD販売が販売するSeagate製HDDに不具合はなし】Impress Watch
【Seagate社製ハードディスクの不具合情報について】ニュースリリース  CFD販売株式会社

もしもそれが本当であるならば、「CFD販売」の該当製品で私が経験した突如アクセス不能になる謎の不具合は、これとは全く別の起因によるもの…
と、言うことになるのだが?

製造元のSeagateが何かを隠そうとしているとしか思えないのは、単なる思い過ごしなのであろうか。
mixiチェック

2008年11月15日・・・

昼間にグラボを交換し、夜、飲み会に行った日。

土曜の夜のお楽しみ、「めちゃイケ」が観られないのでパソコンに録画予約をして飲み会に出かけた。

楽しいひとときを過ごし、ほろ酔い気分で深夜に帰宅すると、パソコン内部に取り付けてある発光するLED付きファンから、クールな青い光が放たれていた。

それ即ち、録画予約が終了し、数時間前にスリープモードに移行しているはずのパソコンが、何故か起動状態のままだったのである。

スリープモードへの移行設定をしていなかったのかな?
と思い、設定項目を確かめてみても、しっかりと設定してある。

昼間、グラボを交換する際、ドライバのインストール作業などで数回、再起動を繰り返したせいだろうか・・・

と、ほろ酔い気分の影響もあってか、浅はかで安直な究明論に一応は納得してみたのだが、その考えが甘かった。

続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ