越後の海鮮問屋

日本一新鮮なお魚がとれる糸魚川!! 四十路漁師の四方山話

iTunesミュージックダウンロードキャンペーン

この間紹介したコレ(Coca-Cola zero+iTunes)ですが、なんと8回挑戦して5回当選しました
「こんなに超高確率で当選しちゃって、採算とれるのかな?」
と、純な疑問を思うわけですが、どうもそんな心配は無用に終わりそう。

なにしろ、この期間中に自動販売機で購入した5本の『Coca-Cola zero』の内、応募シールが貼ってあったのは僅か1本だけ

そうやってシール狙いの消費者をターゲットにして、着実に販売本数を増やしていこうとする狙いなのか?
はたまた、ただ単に貼るのが面倒なだけなのか!?

その辺の真相は知る由もありませんが、ある意味、消費者心理をくすぐる手堅い経営戦略といえなくもないですが、それに踊らされている消費者代表としては、何か騙されたような感じもするし…

とはいえ、今のところ5曲分のダウンロードクーポンをゲットできたので申し分なし。
それに、春に行われたキャンペーンの際に獲得した7曲分も未使用のまま。
よって、合計12曲分をダウンロードできる訳ですが、春のキャンペーンで当選したクーポンの使用期限は今月末まで。
これを使ってダウンロードしようと思っていた元スキッド・ロウのセバスチャン・バック「エンジェル・ダウン」は、ボーナストラック付きという言葉にひかれちゃって結局CDを買っちゃったしな。

「それでは別のを」

といっても、何だか、これといって聴きたい曲が浮かばないのだが…
さてさて、どうしましょう
mixiチェック

コカ・コーラの『iTunesミュージックダウンロードキャンペーン』が、また始まりましたね

でも今回のキャンペーンは“zero”限定のよう。
「正直、zeroを扱っている自販機って少ないんだよね〜

と、嘆きぼやいている舌の根も渇かぬうちに、普通の赤ボトルコーラにキャンペーンシールが貼り付けてあるのを目撃。
早速購入してみたのですが、前もって買ってあったzeroのボトルに貼ってあるシールとはデザインがちょっと違うぞ
ZERO


そんな疑いを持ちつつも、シール裏面に記載された数字をzeroのキャンペーンHPに打ち込んでみると…

案の定駄目でした

調べてみると普通のコーラに貼り付けてあるシールは、6月16日から始まる北京五輪キャンペーン用の応募シールのようで『オリンピックデザインTシャツ』が当たるんですって。
それも、zeroの『iTunesミュージックダウンロードキャンペーン』と同じ“10秒に1人”の確率でTシャツが当たるんだそうです
※zeroのシールは、Tシャツ応募にも使用可

一曲が精々¥150か¥200のiTunesクーポンと比べると、こちらの方が随分豪勢ような気がしないでもないですが、その考えをポジティブな方向に転換すると、Tシャツに人気が集中すればそれに反比例してiTunesのキャンペーンが人気薄になり、結果的に当選しやすくなる…

なんて、したたかな計算をしているのですが、果たして今回は何曲分ゲットできるのか?

因みに、写真に映っているシールを使って先程挑戦したところ、春のキャンペーンと同じく一発目から見事当選

でも、毎回毎回このような大盤振る舞いをしてくれるコカ・コーラって会社。
経営の方は大丈夫なんでしょうかね
mixiチェック

↑このページのトップヘ