黒猫夫婦のモンハン日記~Black cat Duo~

「人見知りなのに寂しがり」というどうしようもないおっさんのどうしようもない日常です。 Black cat Duo

モンハン日記といいながら・・・
「人見知りなのに寂しがり」というどうしようもないおっさんのどうしようもない日常
Black cat Duo

息子の大学がほぼ決まりました。
指定校推薦ですが学校での成績が良いらしくて志望校の基準を大幅に上回ったとのことです。
家業を継ぐためにある大学に行くことになりましたが、そうでなければもっといい大学に行けたみたいで、親としてはうれしい反面ちょっと申し訳ないような気持ちもあります。でも家業の修行をしながら学校に通う感じですので、この道を選んだ以上は頑張ってほしい。
中一になった娘に関しては何も心配がないっていうか・・・すでにどこに出しても恥ずかしくない感じです。
勉強はできるし音楽的なセンスがいい。なんていうか俺よりも良い。

二人ともしっかりそれぞれの道へ進んでいて、うれしい反面、少しずつ手を離れていく寂しさもあります。


では
DSC_0050
ハイエースの換気扇として使うつもりでフィアマ ターボキットを買いました。
風量がある割に脱着がすぐにできるのが購入の決め手です。
ただ、この換気扇はコネクター部分の極性を入れ替えることで換気も吸気もできるとのことなので
それなら
DSC_0049
6Pスイッチを買ってきて極性反転スイッチを作りました。
ハンダ付けに関しては日本で。いや、世界で嫁に次いで2番目にうまいのでこんなのは冶具なくても作れます。
昔、会社をやってた頃、仕事をもらうため親会社に研修に行ったりしたのですがうちの嫁さんより技術のあるハンダ付けの職人はどこに行ってもいませんでした。嫁は機械でやるようなチップのハンダ付けも手ハンダでやれました。普通は機械でやるので需要はないんだけどね・・・そしてその嫁に私はスピードで勝っていたので。
なので、私はハンダ付けも世界(ある意味)2位という事になります(笑)
で、下のカバーを100円ショップで買ってきてスイッチのケースにしようと思いましたが・・・
DSC_0051
埋めこみゃいいじゃん!ってことで私の大好きな工具の一つ「ステップドリル」を使って穴あけ。
DSC_0052
ここもハンダ付けでソケットに割り込ませます。
メイドインチャイナですが「中国にも良いハンダ職人いるじゃん」と。少しあまいですがねw
DSC_0053
で完成。
スイッチ一つで吸気も排気もできるようになりました。
って、これぐらい標準で装備しろっていうね(笑)

バモスホビオでもそうですが、その「サブバッテリー・・・必要?」っという問いについて。
では、「今の自分の生活に必要かどうか?」でいいますと、「全く必要がない」と言っても過言ではないでしょう。

ところが、「全く必要のない性能を持つ」という、この「男のロマン」について。
女性には全く理解されない(実際されてない)かもしれませんが、特にこの自分で組んだサブバッテリーシステムには、ハイエースの購入前から計画してて、「絶対にこうでなければならない」というこだわりがあるわけです。

まず、ハイエースのディーゼルを選んだ理由についてですがDSC_0028
運転席の後ろが寒冷地仕様のバッテリーが乗るスペースがあって、寒冷地仕様じゃなければここがデッドスペースになっているからです。もちろんほんとの寒冷地仕様とは構造が少し違うのでパーツ交換が必要です。
私は木の板をちょうどハマるように加工してバッテリーを安定させるようにして積荷ベルトを車体下から通しました。

バッテリーの充電システムはホビオのように「ソーラーパネルからの充電」が理想ですがガレージ置きの車なので充電できません。ホビオに使われてるチャージコントローラーは自己放電も結構してるみたいなのでソーラーシステムは却下。
そうなると車についてるオルタネーターからの充電という事になります。
ただ、昔からよくあるような「2台のバッテリーの並列接続」ではメインバッテリーの保護はできません。

そこで選択肢に上がるのはサブバッテリーチャージャー「SBC001B」です。
おそらくこの回路は単純で、オルタネーターからの電力を基本的に並列接続させて充電し、メインバッテリーの電圧を監視し、電圧が一定以上下がった時にメインとサブの接続をカット。メインのみの充電をするというものです。
さらにアクセサリー電源による駆動もできます。
つまり、エンジン駆動時(オルタネーター電力供給時)は並列接続し、エンジンが止まってるときはメインとサブのバッテリーを切り離します。
このアクセサリー電源により駆動するようにできるとエンジンオフ時にサブの電源をどれだけ使ってもメインのバッテリーが上がってエンジンかからないなんてことがなくなるので私はACC電源をつないで駆動させます。ちなみにこの場合SBC001Bのメインスイッチはオフでなければ正常に動作しません(ACC駆動にならない)

バッテリーはホビオのソーラーシステムを組んだ時から気にはなっていたけど手が出せなかった「OPTIMAイエロートップ」をおごってしまいました。
このバッテリーほんとですか?ってほど高性能で通常放電状態からの充電が350回以上。
すごいのは深放電からの充電。
つまり、普通のバッテリーなら一発でアウトな電源0状態からの充電が50回もできるんですよ?!50回もですよ!
まさにこれこそ興味のない人には全く理解のできない「男のロマン」といえるでしょうw
DSC_0029
ほんとに何度も何度もこのデッドスペースを採寸しギリギリのサイズでYT925SLにしました。3.7Lですが、この分だと4.2Lも入りそうですがどうしてもサブバッテリーチャージャーSBC001Bもこの中に収めたかったのでこれで良かったと思います。
なによりいかにもって感じなごちゃごちゃした配線を外に出したくなかったので
DSC_0030
全部デッドスペースに収めてサブバッテリーシステムがどこにあるのかわからないようにしました。

実はここからが電気に少し知識がないと説明しても理解がむつかしいと思いますが、かいつまんで書きます。
ナビ&モニター(中古のアルパイン)はモニター裏ののスイッチでサブに切り替えられるようにしました。ナビの常時電源はサブから、acc電源はスイッチを入れたときのみ割り込み配線でサブからにしました。整流ダイオードをうまく使えばメインの電力を使わずに済みます。(逆流を防ぐ)
室内のライトはLEDセットに変更しヒューズを切ってサブからの電源供給(ヒューズに割り込ませる)に。これだけだとエンジンオフ時に使っていると保護システムが働いて20分で切れてしまうのでサブから直接天井裏に配線を通してランプにつないで保護システムをキャンセルしました。これだとヒューズ切って天井裏の配線のみの施工でいいかと思われるかもしれないけどそれだとドアの開閉でランプが付かなくなります。
あとはサブから常時接続できるUSB電源をモニター付近とDSC_0032
リアパネル付近から使えるようにしました。
「ナビの電源 サブバッテリー」などで検索していると必ず出てくるのが「リレーの使用」です。これは間違いではありませんが本来は大電流(電圧じゃなく)を切り替える時に手動ではなく電磁的に切り替えるものなのでスイッチの定格電流が満たせば大丈夫なはずです。さらに言うとリレーでも切り替え時に火花も出ますしスイッチの寿命は手動よりも早いはずです。スイッチ切り替え時に冷蔵庫や電気毛布でも使ってない限りこれぐらいしか使い道がないです。
ただ「それも男のロマン」ということなら結構なスペースを使って回路を組む事は必要です。
ナビは駆動電流でも5A満たないので15Aもある手動スイッチなら十分です。
私はそのリレーを
DSC_0014
ACC電源供給時(エンジン駆動時)にサブからの電源をシガーソケットに供給というような使い方で使っています。
説明すると長くなるので省きますがエーモンのリレーのパッケージの説明を見れば電気に少しでも知識があれば閃くと思います。
所々でヒューズを使って間違っても車内火災が起きないように気を使っていますが暇な日にもう一度確認するようにします。
見た目はごちゃごちゃしてない感じにして大体理想のカタチにできました。

で、時々理由もなくクルマに乗ってテレビを見るという、まさにこれこそが「男のロマン」と言えるでしょう。
その「ロマン的な部分」のサブバッテリーは高かった(2万ちょっと)ですがそれ以外は安く済ませることができたと思います。
でも、この性能をメーカーオプションでディーラーから買ったら結構な値段になると思いますよw




シビックタイプRを売って1ヶ月ほどたったある日。
どうしても嫁と娘を乗せて高速になる必要があったので嫁のN-BOXで東名へ。



(なぜ!?100㌔ちょっとしか出してないのになぜこんなに怖い?)

タイプRだったら170㌔出してもこんなに怖くないです。(高速では出したことない事にしといてください)

これ、ほんとに冗談じゃないです。
タイプRに乗ってなければそんなに気にならないかもしれませんがやっぱり普通の軽自動車は100㌔までで、それ以上はあまり出す気にならないです。そして何度もサーキットでタイムアタックしてた私でも怖くてちょっと苦痛です。

タイプRを売った当初は息子の大学入学資金の貯えにするつもりでしたが・・・嫁と話し合い「頑張ればなんとかなるでしょ?今までも首の皮一枚で何とかなってきた・・・」

というわけで。

荷物がたくさん乗る。

維持費が安い。

人が乗れる。

10年乗れる。

BlogPaint

ハイエース買っちゃいました!昔会社やってた頃に100系に乗ってたので人生2台目のハイエースです。
ナローボディのダークプライムディーゼルです。
そして現在ホビオとハイエースで2台とも4ナンバー貨物車になっちゃいましたw

荷物が載せれるってのはもちろんですが維持費を計算すると

車検にかかる費用(法定費用のみ)

    ・自賠責保険12ヶ月 17,350円
    ・重量税 12,300円~16,400円
    ・検査印紙代 1,800円

→→ 合計で 31,450~35,550円(1年間)
→→ 2年間で 62,900~71,100円となります。

 
自動車税

16,000円×2年=32,000円

車検費用+自動車税

2年間でかかるハイエースナローの法定費用はおよそ94,900~103,100円となります。

で、ホビオプロの法定費用を計算すると
軽貨物
重量税(2年) 8000円
自賠責2年  26370円
検査印紙代  1400円
自動車税2年  12000円

ホビオの2年間の合計  47770円

ハイエースとホビオを合わせると2年間で約147770円になります。
こうしてみると高く見えるかもしれませんが、
今まで乗ってたタイプRが一台で2年間全法定費用が132440円ですので普通車3ナンバー一台分の費用で2台分が乗れてしまうわけです。

ただハイエースは2回目の車検から1年車検になりますので軽いメンテナンスや車検が自分でできないと業者任せになりますので手数料や代行料などで高くついてしまうかもしれません。

ちなみに私が調べた法定費用を車種別に羅列(エコカー減税などはいれず)します。

レクサス2年
自動車税  176000円
重量税   41000円
自賠責   27840円
合計           244840円

アルファード、ヴェルファイア 2年
自動車税   90000円
重量税    40000円
自賠責    27840円
合計           157840円

となります。のでハイエースの2年間の法定費用の安さがお分かりいただけるかと思います。


デザインについてはあまり考慮してませんが持論として「機能を追求したカタチには結果、美しさ(カッコよさ)が伴う」と思っています。
例えば、速さを追求したデザインはやっぱりかっこいいです。
強さを追求した戦闘機もかっこいい。
究極のカタチはF1ですがデザインなんてまったく考えてないはずなのになんだかかっこいい。

今の日本車はデザイナー目線の車が多いと思います。そしてそんなデザイナー目線の日本車はダサく見えちゃって、機能を追求しさえすればデザイナーなんてそんなにする仕事はないのになーなんて思う。デザイナーが「これはどうだ」ってやればやるほど乗る人の気持ちから離れていくってのが持論。
つまり、「荷物と人を最大限に運ぶ」という機能を追求したこのカタチはカッコいいとまではいいませんが「俺はこれで良い」ってことです。

乗り心地は・・・ぜんぜん悪くないです。4型になってからリーフサスの構造が変更がされているようです。ダウンブロックを入れる時に目視で確認しましたが一番下のリーフとの間に隙間ができてたのでおそらく、それでしょう。


BlogPaint
納車までにどんな方向で行くかってのは決まってたので納車して三日以内に外観はこうなりましたw
車高はギリギリ車検の通る3.75cmダウンですがフェンダーでさらに2cm低く見せてます。
全部自分でやりましたので戻そうと思えばすぐに戻せます。車高を下げる作業は大きなセンタージャッキがいりますがそれさえ持ってれば難しい作業じゃないです。
アライメントも自分で測りましたがさすが1トン載せれるハイエースです。4cm下げてもフロント1ミリトーインという全く問題ないレベルでした。

外観はこれで決まりました。
車検に通らないようならさらに1cm下げて構造変更にするですが多分大丈夫でしょう。


ところで、ハイエースは・・・中身なんですよね。
これから進めていく計画はぱっと見はごちゃごちゃさせず、お金をかけずに必要な機能を追加する予定です。
ディーゼルを選んだ理由も実はその計画の一端だったりするので買う前から相当調べまくってましたw










クロスの頃から・・・いや、DSに移行したMH4の頃からそうなんですが眠爆のやり方を説明しますと、睡眠→爆弾起爆(モンスターに弾など当てない)→爆風のみをモンスターに当てる。
というのが基本で一撃で爆弾一発より重いのは大剣のタメぐらいです。
起爆するためのコタル爆弾や弾や矢をモンスターに当てちゃうと子タル爆弾の威力が3倍になっちゃうだけなので気を付けましょう。・・・8割ぐらいはこれやっちゃってると思います・・・というよりちゃんとした起爆を見たことがありませんw


さて、モンハンダブルクロスが発売してから随分経つわけなんですが私は解放までいった後に装備を作り始めました。
今回特にイイのは見た目が自由に選べる
DSC_0996
防具合成がイイですね~クエスト中のテンションも上がります。
と、43のオッサンが申しております。
それと、相当好きなスキルで防具を組める事も楽しいです。
DSC_0997
ほとんど二つ名ナルガのライトボウガンで作って挑戦者+2と弾導強化を軸に作っております。
DSC_0999
スキルは少ないように見えますがパーティー戦での手数の多さからほとんど↑の装備使います。
ヘヴィが強いのは当然ですがハマるような状況もほとんどなくガチの場面ではライトが火力的に高いと思われます。
ただ、速射ボウガンは他のプレーヤーに当てないってのが条件になります。
DSC_1000
最近ハマってるのは笛ですね。
クロス時代からやってる、旋律(攻撃大)も乗りも麻痺も罠もスタンも狙っていく忙しい装備です。
スキル「飛行酒場の心」は「KO術」と「笛吹名人」なので実質6スキル構成で攻撃以外必要スキル全部盛りと言っていいと思います。
剣士の防具はネセト以外作ってません。
双剣なんかもやってるけどやっぱり笛が楽しいですね。オンラインで見たことないしw

そんな感じでダブルクロスは相当楽しいです。

お久しぶりとなりますがシビックタイプRを個人売買にて譲ることになりました。
それに伴って、自分なりのマナーとして当ブログのFD2関係の画像の中でもクルマの全体が写っているような画像を見つけた範囲で削除しました。

大きな理由としては息子の大学進学が再来年ということもあって、乗らないクルマを持っている余裕が無いということと、あったとしても荷物をたくさん積めるような実用的な車が必要であるということ。

購入からわずか2年間。乗れたのは1万キロちょっとでした。

受け渡しの日は空っぽになったガレージをみて尋常じゃなく寂しい感じがして、「これはまた10円ハゲができるな」と。(カプチーノ売った時は500円ハゲができた)

おそらく自分の乗ったクルマの中ではもっとも高性能なクルマであると思います。
もっとも新車のようなクルマの状態の「維持」に気を使ったクルマであると思います。
そして「自分の一生の中でこのタイミングで乗るしかなかったんだな」という事も思いますので乗った事に後悔はまったくしていません。むしろ売ったことには今でもちょっとだけ心残りがありますが、「今はもう平気だぜ!」と心に言い聞かせています。

それにしても良いクルマだった。

釣り具屋とか高速のパーキングエリアとか、変なところで知らない人に「俺も昔タイプR乗ってたんだよ!」みたいに話しかけられたりと、乗ってるというだけで「クルマ好き」を意識しなきゃならないような感じもしてました。

クルマを曲がり角で消えるまで見送りましたがやっぱFD2、「カッコイイ!」と思いましたが、信用できる方の手に渡った事は良かったと思います。
実は個人売買自体が初めてですが価格が高い方に売るよりもビビっときたというか「この人に買ってもらえるなら売ろう」ということで、実は「この価格で買い手がつかないなら売らない」と思っていた価格より安くなりましたが本当に良い人の手に渡ったと思います。保管状態から見ても最高です。

と。いうわけで、

「ありがとう!FD2!ありがとう!タイプ!」
「そしてサヨウナラ!俺の中の魂!!」・・・(泣)


こんな貧乏人の俺にも18の頃に憧れていたようなクルマに乗れたという事は一生の思い出になるでしょう。


いつか自分にも余裕ができたらまた買ってしまうかもしれませんがね!




最近、息子のやつなんだけど・・・
DSC_0938
T80というプレステ用のレーシングステアリングコントローラーを借りてPS3でグランツーリスモ6を今更ながらやってるわけなんですが・・・

とにかくロード時間が遅い(泣)・・・たしかHDDは2.5インチだったような・・・

前回、メインPCをSSD化して速くなったので同じようなことできねーかなーと思って調べたら、ありました!
何をするにも色々調べてやってるだけなんで当然、受け売りですが。でも本来のゲームブログの役割を果たしたいと思うので覚えてる範囲で書いていくので実際にやる人は「PS3 SSD化」などで調べてやってください。

用意するもの
・SSD(ソリッドステートドライブ)私はサンディスクのSSDプラス240ギガを使いました。
・バックアップ用記録媒体・・・家にあった16ギガのusbメモリを使いましたがなんでもいいはずです。難しいこと言うとフォーマット方式がFAT16または32でないとプレステが認識してくれませんが、例えばパソコンで使ってたようなハードディスクとかだとNTSCになってる可能性があるだけで気にしなくても大丈夫だと思います。もし認識できないならパソコンにつないでFAT32でフォーマットすれば使えます。他サイトではHDDが必要とのことですがゲームがパンパンになるまで入ってるようなら容量に合ったHDDが必要になりますがそんな状態でバックアップするとものすごい時間がかかっちゃうので、できるだけ必要ないゲームは消去してからのほうが良いかと思います。
以上、2点。
DSC_0933
まずはUSBを刺してPS3のバックアップ。
DSC_0934
PS3のサイトからアップデートデータをダウンロード。軽い(確か150メガ未満だった)のでバックアップ用のUSBの中に「UPDATE」というフォルダを作ってそこに入れときます。
こんなんで準備完了。
DSC_0935
ネジ一本外すだけでHDDが外せます。
DSC_0937
SSDをマウントに取り付けて作業終了。
最初に立ち上げる時に注意画面が出てくるのでそれに従って立ち上げます。つまりプレステの環境ソフトが無い状態で立ち上がろうとしてるのでUSBに入ってる環境ソフト(アップデートデータ)をインストールしてから立ち上げるって事みたいです。

うまく立ち上がりました。
そしてリカバリーをして完成。

PCと違って速さが分からなかったので比較動画を作ってみました。

約30%のスピードアップ。1.3倍で思い出すのは赤い彗星を初めてみた連邦のオペレーターが
「このスピードで迫れるザクなんてありはしません。
 1機のザクは、通常の3倍のスピードで接近します!」
と言ったところの実際の出力は1.3倍だった・・・の、1.3倍ですね。

たしかに30%の恩恵はゲーム中に全くストレスを感じなくなったことから「3倍」に感じます。
・・・連邦のオペレーターはそんな大袈裟じゃなかったのね・・・あと嘘も言ってなかった。


ほんとの本命はPS4なんですが同じようにできるようです。
ただメモリが大きいのでゲームによってはPS3ほどの恩恵は受けられないそうですが今年の冬の「グランツーリスモ SPORTS」に間に合わせてもいいかなと思います。1テラのSSDが1万切ってくれないかな~

私がメインで使っているパソコンは6年前のハイエンドなんですが最近、動画編集もできない(ギリできる)もたつくし、DVDライターの読み込みの回転数も上がらなくなってきた。
かつて2コア後継CPUの第一世代I7 870もまだまだスペックとしては悪くはないと思うのですが最近のものはベンチマークで1.5倍以上の数値を叩き出す物ばかりという。

・・・そろそろ変え時なのかな・・・

PCでゲームをしなくなったとはいえ、動画編集はやりたいのと、とにかくスペックオタクなので現状のゲーミングスペックとなると、ほしいのは結局10万付近になるのですが、気になっていたのは最近仕事用に買ったノート(仕事で使ってない)の電源入れたときやソフト立ち上げる時の立ち上がりの速さ。
調べるとコアやメモリに起因するものではなく、記録媒体がSSDというものに起因しているらしい。
ただ、SSDはでかいメモリのようなものがHDD(ハードディスク)の代わりをしている関係上、書き込む回数が寿命に影響し、デフラグをやると調子が悪くなったり、今までのHDDと違い急に寿命を迎えたりするなど短所も多い。

半年ぐらい前からちょっと気になっていた事をやってみよう!

それはつまり、「起動ディスク(ウィンドウズやソフト)をSSDにして記録用ディスクをHDDにしたらすごいんじゃね?」
というわけで調べたら今売ってるゲームスペックは普通にそうなってるらしい。w
自分のPCを開けてみた。接続インターフェース(コネクタ)はSATAだった。確かちょうどIDEから切り替わりの時期だったので良かった。今はIDEのハードディスクなんて売ってもいないからねw
現状打破には十分イケそうな気がする。
DSC_0905
そんなわけで買ってきてしまった。
SSDは480GBにしました。グッドウィルで14000円ぐらい。相性保障がなければもっと安かったけどHDDが1TBだったので少し心配もあった。
DSC_0906
とりあえずパソコンの蓋を開けてみたら相当ホコリがたまってたので掃除。
そしてとりあえずSSDをセカンダリに刺してブラブラの状態のままCドライブを丸ごとSSDに移す。
ほんとはクリーンインストールの方が余計な贅肉が落ちる分速さが実感できるし確実らしいのだけど「やってみたかった」のでクローンにしました。
フリーソフトを使いましたがフリーとは思えないほど秀逸で分かりやすくできていました。ここでは紹介しませんが「HDDからSSDクローン」などで検索すれば出てきます。ただ相性や不具合等が出る可能性があるそうです。

HDDには270GBほどの使用領域があったのですが、USB経由ではなくこのセカンダリの方法だと20分ほどでクローン終了。USB2.0ぐらいでやると半日ぐらいかかるそうです。

不具合を減らす為に私の場合はクローンが終わったら一旦電源を落としてHDDが刺さってた接続コネクタにSSDのコネクタを刺し、HDDはどこにも刺さない状態で一旦電源を入れるという作戦を取りました。

私のあさはかな作戦は見事功をなし、SSDをCドライブとして立ち上がりました。

・・・なんだよこれ!はえー!!スマホかよ!・・・

スマホは大袈裟ですが相当早くなりました。
後は一度電源を落とし、今まで使ってたHDDをセカンダリドライブとして差し、新しく買ったDVDライターとメモリーカードライターも差して使えるようにしました。

予想通りですがソフトの立ち上がりも相当速くなってますね。何より動画編集ソフトがサクサク動くようになってるのがうれしい。

最後にいつの時代にPCを買うにしても「自分に必要な時が買い時」だと思う。
けどやっぱり「その時代のハイエンド付近の自作機」を買っといてよかったと思う。
6年前に買ったときはまさか6年後も同じPCをメインとして使っているとは想像してなかったですし、今回も接続インターフェースがSATAだったことや6年前のCPUのI7 870自体が今でもまあまあの性能だったこともその理由。
DSC_0909
このアクションカムが「展示品に限り1万円」で衝動買いしてしまったことも今回のその理由だったりしますが・・・
長らく動画をYOU TUBEなどにあげてませんが復活します!



すこしおっさんくさいか・・・なんて気にする事がおっさんなんだよ!と自分に言い聞かせながら今年も暮れていきます。
DSC_0006
釣りは全くダメでした。海ではタコしか釣れなかった。あとは渓流で少し釣れたかな。
クルマはタイプRでアルトバッチゲット。今はタイヤもコンフォートだしラグジュアリー方向に。でも現状でラップタイム無視でセッティング詰めるのもありかな~なんて沸々と。
仕事は、家業と4年という任期付きの職場で2年が経ち、順調というか休みでも仕事の日でもどっちでもいいぐらいかな~
家族は年末に少し心配な出来事もありましたが今はそれも解決。
そして子供の成長は今や我が家で一番しっかりしてるのは来年中学生の娘です。
色々ありましたが総じていうと、よい年でした。
ああ、モンハンクロスも良作でしたよ。斜めから見るクセがついてる私でもたまに野良してますってことは最終的に「やっぱ良作だよね」という感想です。来年のダブルクロスも楽しみです。

ついでに最近の事。
DSC_0015
母親がなぜかいきなり「寒ブリ」買ってきた!w
捌けるのは俺だけなんで
DSC_0016
養殖だけど脂が乗りまくってて美味い!
ただ・・・これだけの量を家族だけだと頑張らないと食べきれない!
DSC_0902
今日はユンボ借りてきてナンキンという木の根っこを掘り起こしてました。
ユンボの操作は子供の頃からやってみたかったことの一つで、子供の頃の俺は工事のおじさんを見ながら「当然大人になればそれぐらいはできて当たり前。手足のように使えるようになってる」なんて思ってたので近所の土木業者に頼むのではなく自分でやりました。
作業内容が少なくて、まだまだ考えながらの操作なんで「手足のように使えている」という想像からはかけ離れていますがねw

ポケモンの技のように
「ユンボの操作」を覚えた!
って感じです。娘とゲラゲラ笑いながら作業しました。
楽しかった。


来年も私の家族。友達。知ってる人。
笑って過ごせるいい年でありますように。

お久しぶりです。
最近はウォッチドックス2などをやっておりましたがオンラインレースがない?アップデートであるのか?知らないけどシナリオクリアーまでは楽しみましたけどシナリオも1のほうが良かったかな~

そしてクリスマスの前日に

俺「あのさー俺、ポケモン買ってこよっかなぁ久しぶりにやりたい」
娘「え!?私もほしい!ポケットモンスタームーン買ってきて!」
俺「あのさ。俺さ。ムーン俺がほしいんだけど」
娘「えー?お父さんはサンでいいじゃん!私のは絶対ムーン買ってきて!ぜったいに!!」

というわけで、娘の分と俺のは「ポケットモンスターサン」を買うことになりました。


約6年前の記事でも書いた通り気になるのは捕獲専用のポケモン。
それにしても6年前も今もやってることはたいして変わらないのね 泣
しかし昔の記事を読み返すと結構苦労してましたね。
ほしいスキルの構成は

体力・・・とどめを刺しても体力を1だけ残す。
状態異常・・・眠らせることで捕獲確率アップ。
逃がさない・・・すぐ逃げるポケモンもいます。

ところが今回のサン・ムーンに関しては
DSC_0901
初回特典でダウンロードできるゴンベをカビゴンにすることで素早さが足りないこと以外、ほぼ完ぺきな捕獲ポケモンが作れます。
素早さも体力の多さでカバーできます。

みねうちの代わりに「てかげん」。・・・最初から覚えます。おそらくダウンロードしたゴンベしか覚えないから意図しての「捕獲専用ポケモン」だと思われますのでこの技は大事に取っておきましょう。消しちゃっても思い出せます。
ねむり系は「あくび」で次のターンに100%決まる(特性で却下されなければ)・・・なつき度をマックスにしてカビゴンに進化させた瞬間に覚えました。lv20
「とおせんぼ」はlv41で覚えます。

って、知ってますよねw

つまりわたしは今、誰得情報を盛大に発表していることになりますね!w

そんなわけで今年も年末のご挨拶に続きます!




少し前、ある人から
「このシビックってタイプR?ですかね?」
なんて尋ねられたことがあり、
「そうです。タイプRです。」
なんて答えました。
この反応は自分の目指していたところでもあるのですが・・・

微妙にR感が主張していて中途半端なんですよね~
それとリアスポイラーを変更後、なんとなくシルエットに納得がいかない感じがする。
やはり、あの特大のリアスポイラーは必要か・・・
ってことで結局
DSC_0876
もとに戻す。

やっぱりシルエットは純正。
この車を作った頃のホンダは伊達じゃないです。

ただ、デカい。
でも、純正。

「庶民のスーパーカー」なんて言われますが峠(ミニサーキット)、見た目(主観)、搭乗人数、燃費、乗り心地、積載量、ドアの枚数・・・
馬力と値段以外は全部私の車が勝ちますがねっ!

現在コンピューターを入れるかどうか検討中。

このページのトップヘ