数検や英検などで3級以上を既に取得している生徒は、
中学校の範囲は一通り学習できている。
今は検定への意欲も高く、3級以上を持っている生徒も多い。

そんな中で社会や理科などの勉強が
お座成りになっている生徒は多いのではないだろうか?

志望校に合格するには、教科ごとの点数を見るわけではない。
あくまで5教科の合計点数だ。

社会、理科が苦手だという生徒が多いが、
社会、理科の成績をあげるのは、さほど難しくない。

速攻で成績アップが可能である。
30点くらいならすぐに上がるだろう。
理社
やり方は簡単だ。
学校のワークや一門一答のような問題集で十分である。
答えを自力で調べて解答を書いていくなどの作業は必要ない。
(理科は暗記項目について)

①使用する問題集、学校のワークなどをコピーする。
②コピーした用紙に、解答を見ながらすべて答えを書いてしまおう。
③答えを書いた用紙を何回も声を出して読み返す。
 この時、答えを無理に覚えようとしなくてもいいが、声を出した方が断然有効だ。
④5~7回程読んだら、答えが書いていない問題集を見ながら
 答えをノートなどに書いていく。
 わからない問題はさっさと飛ばす。
⑤終わったら、答え合わせをする。
 間違えた問題、わからなかった問題を確認してもう一度テストをする。
 そこでまた出来なかった問題を確認。また、テストをする。

1ページずつ①~⑤、これの繰り返しで、
ここでは、割愛するがもうひと作業行うとびっくりするほど社会と理科の点数は上がる。
慣れてくると、スピードも速くなる。


社会と理科の点数が上がると、なんだかやる気も上がってくる。
他の教科も頑張ろうとするだろう。


これは、英単語や漢字を覚えるのにも有効である。

開成ラボでは、この方法で定期テストの範囲などの英単語を覚えてもらっている。

今回の定期テストでは、この方法で学習した生徒が単語の問題は、
全問正解という結果も出している。


ちゃんと結果が出ることをやらないのは損。
全て覚えられたら、当塾大人気栗饅頭もついてくる!