北志賀高原のY氏から、
大きなぶどうが届いた。
IMG_7382

種なしだから皮丸ごと食べる。
一粒で口の中が一杯になる。
皮の部分が特に味が濃厚で美味しい。
IMG_7387


緑のぶどうはメロン系の爽やかな味。
こちらも種なしだから丸ごと頬張る。
有難き幸せの瞬間である。
IMG_7380






今日と明日は北志賀Auto Rosenだ。
ここ一週間は昼夜逆転するほど、
音楽を聴きまくっていた。

昨晩は八時に床に就き、
三時に早起き。
朝風呂に入ってサッパリ。

秋の訪れを感じ始めた最高の季節。
現地で何が起こるか・・・
楽しみな二日間である。





 
あるイヤーチップを装着した瞬間、
雷のような衝撃が全身に走った。

BA型シルバーイヤホンに奇跡が・・・
骨伝導という未知なる現象を引き起こしてしまった。

P1110554

高い方にも低い方にも、
雷鳴の如く音が轟くのだ。

名機ハーツフィールドが完ぺきに、
鳴った時の音と瓜二つと言って良い。
全てがピタリとハマった。

それはこの曲だ!
Rock'n RollとBoogie-Woogie の魅力は、
ご機嫌なリズムとグルーブ。
さすが偉大なる父を持つLukas。

  

頭蓋骨から背骨、胸骨、そして脚へと、
稲妻の如く抜けて行った。

鼓膜と脳が感じる音とは違って、
体幹ごと振動がさく裂しているのだ。

これはオーディオ屋としての・・・
私への最後のご褒美かな・・・
感無量である・・・

 


この感覚・衝撃は今回で2度目だ。
最初はカイザーゲージの元となった、
52.5ミリの長さの音に出会った時だ。

得体の知れない電気仕掛けの、
オーディオの正体を捕まえた瞬間である。

■電気の時間軸について
goo.gl/YrpnzZ

人生を賭けて本気で取り組んだ、
甲斐があったというものだ。
私は幸せ者である。


未だ打つ手を何手も残してあるから、
この先更に恐ろしい事になりそうだ・・・

「世界最高峰のイヤホンを創る!」
そう、豪語して挑んだ訳だが、
この瞬間にそれもあっけなく、
達成してしまった感がある。

シングルBA型シルバーイヤホンは、
世界のイヤホンファンの心を、
捕まえて離さないだろう・・・

先ずは大阪のポタフェスでお披露目したい。





↑このページのトップヘ