シルバーイヤホンの魅力が、
音の良さにあるのは勿論だが、
それとは別の魅力を持っている。

そう! 装着感の良さ! である。

P1100212

快適さと使い勝手は特筆レベル。
それら試聴体験者の声は、
音の良さとほぼ同数に上る。

ピッタリフィットして外れ難いという面では、
カスタムイヤホンは優れているが、
必要以上に大き過ぎて耳への、
接触圧が気になるという声も少なくない。

また買取時の価格が低いのは、
カスタム故と諦めるしかない。


その点ユニバーサルタイプは、
響きの良い金属素材が使えるから、
音の面で有利であると共に、
リセールバリューも高い。

ハウジングキャビネットの、
左右の形状と容積が同じ故に、
真のステレオ再現が可能となる。







2015/06/18 に公開

Celebrating the 13 Gold Disc and 1 Gold Cassette awards Klaus received during his 40 year recording career.

We would like to thank klauswunderlich.com for the sales figures provided regarding the Gold Disc Awards for the making of this video.

Please note: Since the making of this video, it seems the 1974 Box set Portrait In Gold, released by Teldec, was re-printed later in 1976. If you own the earlier publication the inside accompanying booklet will state 11 Gold Discs and 1 Gold MusiCasette. The later re-printed, updated edition of 76 states 12 Gold Discs 1 Musicasette, as Klaus received a Gold Disc award early 1976 from Holland. The updated box set however still carries the original year of release, 1974 which tends to cause confusion and debate with people having the earlier or later editions.





↑このページのトップヘ