「音が良くなるケーブルアタッチメント!」

そんな謳い文句で、交換の効かない、
ケーブル直出しタイプのヘッドホンや
イヤホン向けに用意したアイテム。

名前は「音質改善ケーブル」
3.5ミリのオスメス端子からなる、
30センチほどの継ぎ足しケーブルである。
P1110371
■HP-ATG1/緑 ¥30,000 (税抜き)
3.5 st plug to 3.5 st jack
(緑は高音がきつく音が痩せ気味な時)


P1110324
■HP-ATR1/赤 ¥30,000 (税抜き) 
3.5 st plug to 3.5st jack
(赤は音が膨らんで締まりのない時)


ソニーの4.4ミリ端子が出た事によって、
2.5ミリリケーブルが4.4ミリで使える。
そんなアタッチメントの要望が多くなった。

ただの変換ケーブルだけでなく、
どうせなら音が良くなる変換ケーブルが欲しい。

P1110384
■HP-ATG2/緑  ¥35,000 (税抜き) 
2.5 4pole plug to 2.5 4pole jack


P1110356
■HP-ATR2/赤  ¥35,000 (税抜き) 
2.5 4pole plug to 2.5 4pole jack


余分な物を間に入れると、
音が劣化するというのがこの業界の常識。
そこに「継ぎ足すと音が良くなる!」

そんな馬鹿な事があるものか・・・
信じる者は皆無に等しい。

ところがである・・・
『嘘じゃない、本当に音が良くなった!』

そんな驚きの声が口コミで広がりかなり売れている。


音の良し悪しの要素となる、
周期の法則性を掴んでいるから出来るのだ。
「音のカラクリ」解明に半生を捧げて来た。
長さや角度での音の設計はお手の物である。

P1110396
■HP-ATG3/緑  ¥35,000 (税抜き) 
3.5 st plug to 2.5 4pole jack


P1110351
■HP-ATR3/赤  ¥35,000 (税抜き) 
3.5 st plug to 2.5 4pole jack



音楽のグルーブを生み出す、
このリズミカルな外皮カラーネットも、
既に15年前に開発している。

ローゼンクランツが如何に先を見据えていたか!
それを物語るオリジナリティーに溢れる、
オーディオ音楽理論の一つである。、

その内容をリンクのPDFでご覧頂きたい。
ローゼンクランツケーブルの新たな設計理念 - Rosenkranz

P1110404
■HP-ATG4/緑  ¥40,000 (税抜き) 
4.4 5pole plug to 2.5 4pole jack


P1110338
■HP-ATR4/赤  ¥40,000 (税抜き) 
4.4 5pole plug to 2.5 4pole jack


そこで今回開発したのが、
変換機能と音質改善の二つの機能を持たせた、
音質啓善・変換ケーブルアタッチメントだ。

緑、赤各々3機種ずつ増えて、
ラインナップが合計で8機種となった。

HP-ATG1/緑  ¥30,000 (税抜き) 3.5 st plug to 3.5 st jack
HP-ATG2/緑  ¥35,000 (税抜き) 2.5 4pole plug to 2.5 4pole jack
HP-ATG3/緑  ¥35,000 (税抜き) 3.5 st plug to 2.5 4pole jack
HP-ATG4/緑  ¥40,000 (税抜き) 4.4 5pole plug to 2.5 4pole jack

HP-ATR1/赤  ¥30,000 (税抜き) 3.5 st plug to 3.5st jack
HP-ATR2/赤  ¥35,000 (税抜き) 2.5 4pole plug to 2.5 4pole jack
HP-ATR3/赤  ¥35,000 (税抜き) 3.5 st plug to 2.5 4pole jack
HP-ATR4/赤  ¥40,000 (税抜き) 4.4 5pole plug to 2.5 4pole jack

近日発売!